大谷元秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大谷元秀[1]
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文23年(1554年
死没 元和8年5月19日1622年6月27日
別名 彦十郎(元服)、与兵衛(通称)、元和(諱)
主君 丹羽長秀長重
父母 父:大谷吉秀
母:今川氏親
兄弟 元秀、元勝
関口親永の娘、杉生坊某(比叡山僧侶)の娘
秀成、信澄、直信、吉治、重門、丹羽長俊室、上田重道室
テンプレートを表示

大谷 元秀(おおや もとひで)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将丹羽氏の家臣。本姓は藤原朝臣

生涯[編集]

丹羽家臣・大谷吉秀(弥兵衛)の子(嫡男)。丹羽家の伝承によれば、母は今川義元の妹であったという(『世臣伝』)。大谷氏は、二階堂氏二階堂行通の子・行信(大谷志摩守)が尾張国丹羽郡大谷(大屋敷村)を領したことに由来すると伝わり、斯波氏今川氏などに属したのち、父・吉秀の代に丹羽長秀に仕えた。

元秀は永禄11年(1568年)の観音寺城の戦いで初陣。以来、父と共に多くの戦に従軍し、「鬼弥兵衛と呼ばれた父に劣らず」と武勇を称された。天正12年(1584年)10月20日に父・吉秀が没すると家督を継ぎ、越前国で5千石を賜った。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、丹羽家は西軍に与し、東軍の前田利長加賀国能美郡南浅井[2]において激突する(浅井畷の戦い)。元秀は坂井直政と共に北浅井方面に出陣し、長連龍、太田長知ら前田軍の殿軍と交戦した。その後は、江口正吉、坂井直政、丹羽秀重と共に金沢城へ行き、和睦交渉を行った。

関ヶ原の戦い後、丹羽家は改易されるが、元秀は以後も長重に付き従い、その身を守った。後に長重が常陸国古渡1万石で大名に復帰すると、元秀には千石を与えた。

元和8年(1622年)5月19日、江戸藩邸で病没。享年69。家督は嫡男・秀成が継いだ。

逸話[編集]

  • 初陣となった「観音寺の戦い」において、六角家の松野山三郎なる勇士を討ち取った元秀は、その功を喜んだ信長より「先祖の中に、武があって長命だった者がいるだろう。その先祖にあやかって名に改めよ」と命じられ、「大谷与兵衛信治」という先祖にちなみ、彦十郎から与兵衛に通称を改めた。(『世臣伝』)
  • 富山の役では、敵将・佐々隼人を討ち取る功を上げており、戦闘中に佐々から奪った槍を「笹切」と名づけて愛用した。この槍の名の由来については2説あり、「佐々の槍で佐々を討ったため(佐々斬り→笹切)」とも「舞い散る笹の葉が槍穂に触れ、真っ二つに切れた」からだともいう。この槍は元秀の死後、丹羽長重に献上され、丹羽家代々の持槍となった。(『世臣伝』)
  • 大坂夏の陣、天王寺の戦いの前夜、大谷元秀、その子・秀成、直信、成田重忠(正成)、長屋元吉は、「明日の戦でもし高名を遂げられなければ、我ら五人、必ず討ち死にすべし」と誓い合い、水筒の酒を呑み交わした。翌日、五人はそれぞれ功名を挙げ、元秀は長重の愛刀(和泉守兼定)を与えられた(『世臣伝』)
  • 元和5年、長重は新たに常陸江戸崎を加増されて2万石となった際に、元秀にさらに1千石の加増をしようとしたところ、元秀は「私はもう年老いて役に立ちません。この所領で良き士を招いて下さい」と言って固辞した。(『世臣伝』)
  • 古渡のころ、領民たちが「丹羽家の年貢が重すぎる」と江戸へ押しかけて直訴した。証言は幕閣に取り上げられ、本多正信酒井忠世土井利勝が裁定に乗り出す大事となったが、このとき、丹羽家から派遣された元秀は「不正あってのことではなく、大坂の陣の出兵によって家中が困窮したため、やむを得ず領民より軍役分の夫金を取り立てただけのこと。このことは以前、土井・本多両君にもお許しを頂いたはず」と答えた。幕閣たちは「もっともである」とその理を認めて領民たちを古渡へ引き渡し、元秀は直訴の中心となった十名の首をことごとく刎ね、事態を収束させた。(『世臣伝』)
  • 子孫は丹羽家(陸奥二本松藩)に重臣として仕え、代々藩政を支えた。また、幕末には大谷元清(与兵衛)、元善(志摩)、信古(鳴海)、二階堂衛守などを輩出し、それぞれ戊辰戦争で活躍している。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 二本松市史. 第5巻 (資料編 3 近世 2) 、著者 二本松市 編集・発行、出版者 二本松市、出版年 昭和 54.2 1979-2002 第二編 25 世臣伝 一之上/604〜616頁より引用
  2. ^ 通称、浅井畷。

出典[編集]

  • 『丹羽歴代年譜 家臣伝』
  • 二本松市史. 第5巻 (資料編 3 近世 2) 、著者 二本松市 編集・発行、出版者 二本松市、出版年 昭和 54.2 1979-2002 第二編 25 世臣伝 一之上/604〜616頁
  • 『雄藩雑話』
  • 『小松軍記』