浜松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浜松(はままつ)は、天竜川の西、浜名湖の東に位置する都市。また、その市街地を中心とする地域。もともと濱津に由来し、中世には濱松と呼ばれるようになった。

この地域以外にも東京都港区をはじめ、日本各地に浜松という地名や人名が存在する(後述)。

概要[ソースを編集]

古くは、中遠磐田市)が代表的な町であったが、中世から遠州の代表的な町であり、室町時代後期(戦国時代)には浜松城城下町浜松藩として江戸時代には東海道宿場町として栄えた。廃藩置県となった明治時代には浜松県県庁所在地であった。

浜松市街地[ソースを編集]

浜松城の城下町を中心とした、浜松市市街地浜松駅から北西は、企業や商業施設が密集する古くからの繁華街である。浜松駅に隣接した北東には、浜松のランドマークである超高層ビルのアクトタワーがある。

浜松市[ソースを編集]

静岡県西部に位置する。100万人規模の浜松都市圏の中心市であり、静岡県で2番目の政令指定都市である。嘗ては、繊維生産や楽器生産及びオートバイ生産等が、代表的な工業が存在した。2013年現在では、これらの工業が縮小の一途になり、他地域への工場の移転や統廃合が行われ、上記生産品の一部を生産する程度に至った。少量の繊維生産の製品を除き、市内で生産した完成品での出荷は、行われていない。

その他の「浜松」[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

「浜松」で始まる項目は、特別:Prefixindex/浜松を参照