徳川の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳川の女〜家康の長女亀姫の闘い』(とくがわのおんな いえやすのちょうじょ かめひめのたたかい)は、1997年3月20日テレビ東京系列で放映された、日光江戸村製作の4時間スペシャル時代劇番組である。

概要[編集]

  • 徳川家康の長女である亀姫の波乱に富んだ一生を壮大なスケールで描いている。
  • バブル崩壊後にもかかわらず、TV時代劇のスケールを超えたシーンが連発された。長篠の戦いのシーンは大爆破や騎馬軍団大進攻も含めた凄まじいものである。


第1部[編集]

  • 親思いで、武門の腕にも長けている亀姫は隋風から、自身の出生について聞かされる。
    • 北斗七星の、100年に一度の妖しい輝きの下、この世に生を受けた。
    • 亀姫が生まれて以降家康の運勢は大きく変わり、上昇気流に乗っている。
    • まさに徳川の守り神であり、徳川を天下人に押し上げる強き星を持つ天女である。
  • やがて、奥平九八郎(奥平信昌)と政略結婚をさせられそうになる。乗り気でない縁組を断りに長篠城に出向くも、そこは武田勝頼軍の城攻めが始まろうとしていた。弱腰男な九八郎を助け、強気女の亀姫が決死の攻防戦に挑む。

第2部[編集]

  • 九八郎と結婚した亀姫であったが、兄・信康と母・築山殿が武田側内通の嫌疑をかけられ、両者切腹という事態になる。その裏にはまたら衆の陰謀が蠢いていた。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

関連項目[編集]