峰岸徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みねぎし とおる
峰岸 徹
本名 峰岸 知夫
別名義 峰 健二峰岸 隆之介
生年月日 1943年7月17日
没年月日 2008年10月11日(満65歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都京橋区銀座
死没地 日本の旗 日本・東京都江東区有明
身長 173cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1962年 - 2008年
配偶者 藍とも子1977年 - 1983年
事務所 アクトレインクラブ(? - 2008年)
公式サイト 峰岸徹 〜トライアスロンと〜 Toru Minegishi with Triathron アーカイブ
主な作品
テレビドラマ
若い季節
風と雲と虹と
高校教師
古畑任三郎』シリーズ
牡丹と薔薇
映画
ゴジラvsビオランテ
バラエティー番組など
ものまね王座決定戦

峰岸 徹(みねぎし とおる、1943年7月17日 - 2008年10月11日)は、日本の俳優である。本名は峰岸 知夫(みねぎし ともお)。東京市出身。暁星中・高卒業後、日本大学藝術学部演劇学科中退。元妻は藍とも子血液型はO型。

来歴・人物[ソースを編集]

東京市銀座生まれ、泰明小学校3年生時に日本橋浜町へ引っ越す。

銀座で料亭を営む母に育てられ、虚弱体質の少年だったが、ジェームズ・ディーン石原裕次郎に憧れて俳優を志す。

幼少期より落語にも魅せられ、よく母に人形町末広亭などの方々の寄席へ連れて行ってもらっていた。

1962年峰健二の芸名で東宝映画『高校生と女教師・非情の青春』でデビュー。当時、六本木野獣会渡辺プロダクション渡辺晋社長が当時話題を呼んだ六本木族にならって若手スターの話題作りのためにプロデュースした集団)に属し日本橋浜町の自宅には頻繁にメンバーの面々が集うほど慕われた存在であった。その風貌から、かつて「和製ジェームス・ディーン」と呼ばれた赤木圭一郎の生き写しと言われ、『若い季節』や東宝映画に出演。

しかし、端正な二枚目ぶりが目立つあまり、演技力についての評価は思ったほどなく、峰岸自身も悩んでいた。

俳優座養成所第16期生(同期には太地喜和子河原崎建三剣持伴紀)、文学座研究生を経て1968年田宮二郎に続く看板スターにと目論む大映と契約、芸名を峰岸隆之介に改める。同年、製作者協会新人賞を受賞。1975年より、芸名を峰岸徹とした。名前の読みは、主演作『哀愁のサーキット』を演出した映画監督の村川透に由来する。1977年には女優の藍とも子と結婚するがその後離婚。

渋みあふれる貴重なバイプレーヤーとして数多くの作品に出演。

テレビドラマでは『風と雲と虹と』における極悪非道な演技でも視聴者を魅了した。

高校教師』における実の娘と近親相姦を重ねる父親役も評判を呼んだ。

古畑任三郎』では頼りない古畑の上司・蟹丸義太夫役で準レギュラー出演した。

映画では大林宣彦監督作品の常連で、ロマンティックな容姿と演技が非日常的な、いわゆる「大林ワールド」に上手くマッチングした。特撮モノでは『ゴジラvsビオランテ』での権藤吾郎役は評価が高く、ゴジラ映画ファンのみならず、アメリカでも演技は絶賛された。

一方でバラエティー番組ではとぼけたキャラクターでオヤジギャグをとばし、共演者から突っ込まれることもあった。ダウンタウン浜田雅功が司会を務める番組にもよくゲスト出演し、『ものまね王座決定戦』では審査員としても長年出演した。

また、1986年4月8日に投身自殺をしたアイドル歌手の岡田有希子の交際相手だったとの報道があり、時の人となった。岡田の自殺当日夜、仕事先のTBSにて峰岸が記者に囲まれ急遽会見し「正直ものすごいショックです」「僕はアニキのつもりだったが、彼女にはそれ以上のプラスアルファがあったのかも知れない」とコメント。

近年の趣味はトライアスロンで、実際にレースにも参加していた。2001年には著書『トライアスロン200キロへの挑戦〜突然ですが、宮古島に行ってきます!』(株式会社ランナーズ刊)を出版、またその宮古島の美しい自然に魅せられたことから自然破壊などの環境問題にも関心を寄せていた。

晩年には幼少の頃より大好きだった落語へ興じ、新宿末広亭の舞台でそばの噺を披露した。

2008年4月、元々悩みの種であった椎間板ヘルニアから来る腰痛の症状が悪化した事を理由として6月に出演が決まっていた舞台公演からの降板を発表していた。実際には3月に腰痛の手術準備で検査入院した際に肺癌であることが判明、それが腰にまで転移しておりすでに切除手術が出来ない状態との告知を医師から受け入院、5月から6月に抗がん剤投与、放射線治療などの闘病をしていた事が真の降板理由であった事が7月に公表された。同年8月に仕事復帰したものの、10月11日23時32分、死去、65歳没。生前から公私共に親しかった映画監督大林宣彦が手掛けた映画には数多く出演し、2008年11月から公開された大林監督の作品『その日のまえに』が遺作となった。なお最後に公開されたのが「新宿インシデント」だが、撮影順では「その日のまえに」(2008年11月公開)が最後である。

また、逝去の際、既に公開されており、国内外で数々の賞を受賞した映画『おくりびと』でも象徴的な役柄(死者の役)を演じており、本木雅弘を始めとする共演者からもコメントが発表された。

最後の所属事務所はアクトレインクラブ

出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

  • 巨乳ハンター(1990年、東北新社
  • 傷だらけのライセンス(1991年、東映ビデオ
  • 悪徳の勲章(1992年、東映ビデオ)
  • 夜光虫の街(1992年、タキ・コーポレーション
  • 大激突(1993年、東映ビデオ)
  • 雀鬼伝説 蒼き狼たち(1994年、ビデオチャンプ)
  • XX 美しき標的(1995年、東映ビデオ)
  • 新・女刑事サシバ(1996年、GPミュージアム
  • プリズンホテル(1997年、ケイエスエス
  • ワル外伝(1998年、GPミュージアム)
  • 新・バブルと寝た女たち(1999年、徳間ジャパン
  • 続・バブルと寝た女たち(1999年、徳間ジャパン)
  • 縁切り闇稼業 戦慄のカルト教団(2000年、GPミュージアム)
  • 実録・日本やくざ列伝 義戦 昇華編(2001年、GPミュージアム)
  • 実録・柳川組 柳川次郎伝説 完結 (2003年、タキ・コーポレーション)
  • 岸和田少年愚連隊 ゴーイング・マイウェイ(2004年、松竹ホームビデオ) - ツトム
  • 首領への道23(2004年、GPミュージアム) - 木の倉泰三
  • V6スペシャルDVD / それぞれの空 -DARAMA STORY CLIP-(2007年、エイベックス・エンタテインメント

舞台[ソースを編集]

CD[ソースを編集]

  • 宮古島パラダイス
  • 雨よ降れ降れ(2.それでもいいから)

バラエティ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

出版物[ソースを編集]

  • 突然ですが、宮古島に行ってきます!トライアスロン200キロへの挑戦(2001年、ランナーズ)ISBN4-947537-55-8
  • ロードバイクライフ vol.2 表紙(2006年6月、枻出版)

受賞歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]