倫子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倫子女王
続柄 閑院宮直仁親王第六王女

全名 倫子(ともこ)
称号 五十宮
身位 女王御台所
出生 元文3年1月20日1738年3月10日
死去 明和8年8月20日1771年9月28日)(享年34)
配偶者 徳川家治
子女 千代姫、万寿姫
父親 閑院宮直仁親王
母親 家女房 讃岐
テンプレートを表示

倫子女王(ともこ じょおう、元文3年1月20日1738年3月10日) - 明和8年8月20日1771年9月28日))は、江戸時代後期の皇族で、閑院宮直仁親王第六王女江戸幕府第10代将軍徳川家治正室御台所)。幼名は五十宮(いそのみや)。第113代東山天皇の孫、第119代光格天皇の叔母にあたる。

生涯[編集]

元文3年(1738年)1月20日、閑院宮直仁親王の第6王女として京都に誕生した。母は閑院宮家の女房の讃岐。

寛延元年(1748年)10月26日、京都所司代牧野貞通朝廷と交渉し、将軍家重の世子・家治との縁組が決定された[1]寛延2年(1749年)2月5日に京都を発ち、3月19日に江戸へ到着すると江戸城浜御殿へ入った[1]

宝暦3年(1753年)11月11日に縁組の披露が行われ「姫宮様」と称される。翌4年(1754年)12月1日に江戸城西の丸へ入り、婚礼の式を挙げた。以降は「御簾中様」と称された。宝暦6年(1756年)7月、家治との間に長女・千代姫を産んだが、姫はわずか2歳で夭折した。

宝暦10年(1760年)4月、江戸城本丸へ移り御台所となる。同年の8月に従三位に昇進し、9月には夫の家治が征夷大将軍を拝命した。翌11年(1761年)8月には次女の万寿姫を出産し[2]、また家治が側室出生の子も御台所の御養とした為、側室・お知保の方が生んだ世子徳川家基(幼名・竹千代)の養母となった。

明和8年(1771年)8月20日、34歳で薨去した。戒名は心観院殿従二位浄池蓮生大姉。江戸上野の春性院にて葬られた。同年8月23日には従二位を、さらに天明3年(1783年)8月には従一位を追贈された。

人物[編集]

  • 家治との夫婦関係は仲睦まじいものだった[3]。西の丸において家治が倫子に会う為に頻繁に大奥に訪れたところ、倫子付きの御年寄たちが拒んだ為、家治付きの女中たちが憤慨し、倫子付きの女中たちとの間で不和が生じた。そこで家治の乳母である岩瀬が登城して、両者を和解させたという[4]
  • 倫子は度々大奥から出て吹上御庭を散策し、木々や草花に触れて気分転換を楽しんでいたことが「徳川実紀」に記されている。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高柳金芳『徳川妻妾記』(雄山閣)P206
  2. ^ しかし倫子女王の死後、婚約していた尾張の徳川治休への輿入れを待たずに万寿姫は13歳で逝去した。
  3. ^ 歴史読本「徳川将軍家の正室」丹野顯 著『五十宮倫子』(新人物往来社)P137
  4. ^ 竹内誠『徳川「大奥」事典』(2015年東京堂出版)P212