日本史サスペンス劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本史サスペンス劇場
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜19:58 - 20:54(56分)
放送期間 2008年4月16日 - 2009年3月11日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ放送網
演出 武田幹治
プロデューサー 岩間玄 ほか
出演者 船越英一郎
ビビる大木
鈴江奈々(日テレアナウンサー)
ほか
字幕 文字多重放送
外部リンク 番組公式サイト(日本テレビホームページ内)
テンプレートを表示

日本史サスペンス劇場』(にほんしサスペンスげきじょう)は、日本テレビ2008年4月16日から2009年3月11日まで毎週水曜19:58 - 20:54(JST)に放送されたバラエティ番組である。レギュラー放送終了後は不定期に世界史を含めた特別番組『衝撃!女たちは目撃者 歴史サスペンス劇場』として放送されている。

概要[編集]

本番組の前身であり、単発特番として2007年9月18日と同年12月26日に放送された『本当にあった日本史サスペンス劇場』が好評を博したことを受け、2008年4月16日から表記のタイトルで水曜20時台でレギュラー放送が開始された。レギュラー化初回は19:58 - 21:48まで2時間の拡大版で放送された。

視聴率面では、水曜日にナイター中継が集中することから安定しなかった。2009年春の改編で平日19時台に『サプライズ』を開始するのに伴い、直前の19時台の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』が本時間帯に移動するため、1年で放送を終了した。なお2009年3月11日放送の最終回では、出演者による挨拶は無かった。

2009年6月9日21:00 - 22:48に特別番組『衝撃!女たちは目撃者 歴史サスペンス劇場』として復活した。8月18日19:58 - 21:54には復活第2弾が放送された。

系列の西日本放送では2008年4月より毎週金曜16:00 - 17:00にて再放送を行っていたが、2008年10月5日からは日本テレビや一部の系列局でも、毎週日曜10:25 - 11:25にて出演者のトークをカットするなど若干の再編集を施した上で再放送が行われるようになった。

内容[編集]

主な内容は、歴史資料を元に脚色を加えて「定説だけでなく、あっと驚く歴史解釈や学説をサスペンスタッチの本格的時代劇ドラマで再現」(番組宣伝より)したものであるが、ほとんどは女の戦いといった所謂「ドロドロ系」な昼メロを取り上げることが多い。時々、史実とは異なる解説をする場合もある(織田信長信秀の三男だが、ここでは長男と紹介された等)。

単純な歴史再現ドラマではなく、ドラマ内ではワイドショー風に、登場人物への取材やインタビューを試みる演出が行われている(時代劇のケースでは、瓦版屋に扮したレポーターに竹製のマイクでインタビューさせるなどの趣向を凝らしていた)。スタジオコーナーでは解説やクイズの出題があり、時代背景や雑学的知識を紹介しつつ、歴史的事件を検証している。

通常は江戸時代か戦国時代を扱う率が高いが、2009年1月14日に放送された2時間スペシャルでは1969年に起きた東大闘争を扱った『東大落城・戦後最大の攻防36時間』を放送した。通常と違いほぼ再現ドラマと当事者のインタビューのみで構成され、司会進行の船越と大木も冒頭に内容を説明するのみで本編中は一切登場しない。またナレーターもレギュラー放送とは異なり渡辺篤史が担当した。

番組後期は、当時放送のNHK大河ドラマと関連した内容が多く見られ、大河ドラマとは異なる視点から、天璋院篤姫2008年)や直江兼続2009年)に関する内容が放送された。特に天璋院篤姫は当初、「大河では描けない篤姫」と題して様々な異説・珍説を取り上げたが、その後は篤姫を正統派の偉人として描く路線に変更し、複数回放送された。

復活特番ではタイトルから「日本史」が外され、世界史も取り上げるようになった。また「女たち……」と題しているように、主人公は全て女性である。

出演者[編集]

司会者

再現ドラマ出演歴史上人物[編集]

歴史上人物(戦国時代 - 江戸・幕末時代 )[編集]

実在の人物(明治時代~昭和時代)[編集]

悲劇の女2時間スペシャル 『天城山心中』 2008年11月12日放送[編集]

特別企画『東大落城』 2009年1月14日放送[編集]

衝撃!女たちは目撃者『歴史サスペンス劇場』 2009年8月18日放送[編集]

ナレーション[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:田中直人、沢口義明根本ノンジ、藤沢大介
  • リサーチ:金丸純也、大井佐智
  • TM:小椋敏宏
  • SW:北折雅人
  • CAM:山内剛
  • 音声:中山貴晴
  • 調整:中村一男
  • LD:名取孝昌
  • 美術:高津光一郎
  • デザイン:道勧英樹
  • TK:塚越倫子
  • デスク:北村佳子
  • 撮影:南野保彦
  • 助監督:前原康貴
  • 照明:豊浦清山
  • 録音:山本研二
  • 編集:小宮純一
  • MA:青木伸次
  • 音効:鈴木勉
  • 編成:田中秀雄
  • 広報:斉藤由美
  • 協力:日本テレビアート麻布プラザサウンド・バム、松竹衣装、高津商会、八木かつら、IMAGICA
  • AP:橋元眞理、鈴木絵美、岡村恭子、惣門美子
  • AD:福田昌彦、青木孝之、松本亜沙子、木元耕介、澤地圭介
  • VTR演出:武山聡志、大垣一穂、島田総一郎、前原康貴
  • 演出:武田幹治
  • プロデューサー・総合演出:近澤駿
  • プロデューサー:岩間玄、首藤由紀子、金佐智絵
  • チーフプロデューサー:鈴江秀樹(2008年6月までは企画・P)
  • 協力:リュウ・エンタープライズ
  • 制作協力:THE WORKS松竹京都映画株式会社
  • 制作著作:日本テレビ
過去のスタッフ

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
今田ハウジング
(2007年3月 - 2008年3月)
日本史サスペンス劇場
(2008年4月 - 2009年3月)
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(2009年4月 - )
【水曜19時台より移動】