御船千鶴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みふね ちづこ
御船 千鶴子
Chizuko Mifune.jpg
生誕 1886年7月17日
日本の旗 日本熊本県宇土郡松合村(現・宇城市不知火町
死没 (1911-01-19) 1911年1月19日(満24歳没)
肩書き 超能力者
配偶者 河地可謙(後に離婚)
御船秀益(父)
御船ユキ(母)

御船 千鶴子(みふね ちづこ、1886年明治19年)7月17日 - 1911年(明治44年)1月19日)は、透視能力を持つ超能力者として福来友吉博士に紹介された女性。

生涯[編集]

熊本県宇土郡松合村(現・宇城市不知火町)にて、漢方医・御船秀益と、その妻・ユキの二女として生まれる。生まれつき進行性の難聴があり、成人するころには左耳が聴こえにくかったという。繊細な感受性と豊かな情緒性を持っていたと言われる。また、観音菩薩を篤く信仰していたが、悲観的な感情にとらわれる面もあったという。

22歳のとき、陸軍中佐河地可謙と結婚。ある日、夫の財布からなくなった50円がの使っていた仏壇の引き出しにあると言い当てたことで、姑は疑いをかけられたことを苦にして自殺未遂を起こした。それがもとでほどなく離婚することになり、実家に戻る[1]

実家では義兄(姉の夫)、中学校の舎監・体操教員であった清原猛雄に「お前は透視ができる人間だ」との催眠術をかけられた際に優れた結果が出たため、修練を続けることとなった。その後、日露戦争時に第六師団が撃沈された軍艦・常陸丸にたまたま乗っていなかったことを透視したり、三井合名会社の依頼で福岡県大牟田市にて透視を行い、万田炭鉱熊本県荒尾市)を発見して謝礼2万円(現在の価値で約2000万円)を得るなどした[2][出典無効]。また、樹皮の下にいる虫の存在や海で紛失した指輪の場所を言い当てたりしたという。中でも清原は千鶴子に人の人体を透視して病気を診断させたり、手かざしによる治療を試みた[1]

評判が広まった千鶴子を熊本県立中学済々黌の井芹経平校長が紹介すると、1909年(明治42年)から翌年の1910年(明治43年)にかけて京都帝国大学医科大学今村新吉教授医学)や、東京帝国大学文科大学福来友吉助教授心理学)などの当時の学者が研究を始めた[1]

1910年(明治43年)4月10日、熊本の清原の自宅で福来と今村は清原の立ち会いのもと、透視実験を行う。人々に背を向け、対象物を手に持って行う千鶴子の透視が不審を招くことに配慮した福来は、背を向けても対象物を手に取らないで透視するようにさせたが、この方法では不的中に終わった。今度は清原が用意した名刺茶壺に入れ、それに触れることを許可して透視させると、名刺の文字を言い当てたという[1]

千鶴子の透視能力を確信した福来は、この実験結果を心理学会で発表した[1]。これにより、「透視」という言葉が新聞で大きく取り上げられ、真贋論争を含め大きな話題となった。千鶴子のもとには透視の依頼が殺到したほか、長尾郁子をはじめとした「千里眼」の持ち主を名乗る人々が続々と現れた。

1910年(明治43年)9月15日物理学の権威で東京帝国大学の元総長の山川健次郎が立ち会いのもと、透視実験を行った[1]。千鶴子は鉛管の中の文字の透視を「成功」させたものの、それは山川の用意したものではなく、福来が練習用に千鶴子に与えたものであったことが発覚する。この不審な経緯に、新聞は千鶴子の透視能力について否定的な論調を強めて行った。

そんな中、長尾郁子の念写を非難する記事を見て失望と怒りを感じた千鶴子は、清原に「どこまで研究しても駄目です」と言い放ったそうで[1]1911年(明治44年)1月18日には重クロム酸カリで服毒自殺を図り、翌日未明に24歳で死亡した。一般には、新聞や世間からの激しい攻撃に耐えられず自殺したといわれるが、地元では自殺の原因は父親との金銭的なトラブルによるものだと見られていた[3]

実際のところ、千鶴子の「能力」の存在は極めて疑わしい。医院で接する患者には正面から向き合っていたにもかかわらず、上記の通り実験時の千鶴子は常に観察者に背を向けて10分以上時間をかけており、成功したのは封筒の透視である。これだけ時間をかければ、背後からは分からないよう手の先だけを動かしてつばで封をはがし、体温で乾かして元に戻すことは可能であろうとの指摘は当時から出ていた[4]。いずれの実験も条件としては不十分で、中には千鶴子を別室に入れて行ったものまである。さらに、福来の著書「透視と念写」においてでも、最初の実験で送った19通の封印つき封筒のうち、「透視」が成功して帰って来たのは7通のみで、3通はうっかり火鉢に落として燃えた、残りは疲れてできないということであった。福来は単純に結果に驚愕したと書いているが、燃えたものはともかく、疲れてできない分は返送されていない。

フィクション作品[編集]

  • 鈴木光司の小説『リング』に登場する超能力者、山村貞子の母親のモデルであると言われた[5]。作中では貞子の母「山村志津子」が、1950年代に大学教授に才能を見出されてマスコミを賑わすものの、衆目の前で鉛の容器に入れられたサイコロの目を当てる実験に失敗し、世間からのバッシングに耐え切れず自殺したという設定が語られている[6]
  • テレビドラマ『トリック』では、第1シーズン第8話「千里眼の男」及び第3シーズン第5話「念で物を生みだす女」にて千鶴子の生涯が紹介されたほか、劇場版第3作では彼女をモチーフとした人物が登場している。同じ堤幸彦作品のドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』では主人公当麻が最初に召喚したスペックホルダー(超能力者)として登場した。
  • 京極夏彦の小説『魍魎の匣』の作中においても福来の千里眼実験に関して、事の経緯を紹介している。
  • えのきづの漫画『琴浦さん』では登場人物のひとりである御舟百合子の母親・御舟千鶴が千鶴子をモデルとした経緯で登場し、インチキ呼ばわりされて最後は自殺に追い込まれるという展開である。
  • 松岡圭祐の「千里眼シリーズ」では友里佐知子が千鶴子の孫という設定になっているが、他のフィクションと異なるのは、千鶴子の能力を超常現象もしくは故意のトリックのいずれともせず、義兄の催眠誘導によりトランス状態に入ることを覚えた千鶴子が、心理学でいう選択的注意という本能的な才覚を発揮しやすくなっただけという、新解釈が加わっていることにある。ここでは「千里眼の女」の評は超能力でなく、直観力に秀でていただけという意味になる。
  • 野田サトルの漫画『ゴールデンカムイ』では、「万田炭鉱を透視で見つけたことにより現在の金額にして2000万円の謝礼を受け取った」と紹介される「三船千鶴子」という架空の人物が登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 別冊宝島1199号 『日本「霊能者」列伝』(宝島社 2005年10月)ISBN 978-4796648066[要ページ番号]
  2. ^ テレビ東京系『新説!?日本ミステリー2008年4月22日放送
  3. ^ 一柳廣孝『<こっくりさん>と<千里眼>日本近代と心霊学』(講談社 1994年ISBN 978-4062580250[要ページ番号]
  4. ^ 『東洋学芸雑誌』第二十巻[要ページ番号]
  5. ^ "実録『リング』・御船千鶴子の謎". 知ってるつもり?!. 日本テレビ放送網. 2000年5月14日放送. 2011年7月1日閲覧。
  6. ^ 鈴木光司リング角川書店角川ホラー文庫〉、1993年4月24日(原著1991年6月)、第27版、222-225頁。ISBN 4-04-188001-7

関連項目[編集]