尾崎士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「尾﨑士郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
1955年

尾崎 士郎(おざき しろう、1898年(明治31年)2月5日 - 1964年(昭和39年)2月19日)は、日本小説家

愛知県幡豆郡横須賀村(現西尾市)生まれ。早稲田大学政治科を中退し、大逆事件真相解明の目的で売文社に拠る。同社を本拠に活動していた高畠素之を追って国家社会主義に身を投じる。1921年(大正10年)に時事新報の懸賞小説で、大逆事件を取材した『獄中より』が第二席で入選し、以後本格的に小説家として身を立てる様になる。1933年(昭和8年)から都新聞に『人生劇場』を連載し、文芸懇話会賞を受賞。これが大ベストセラーとなって以後20年以上も執筆し続ける大長編となる。その一方で戦前に雑誌『文芸日本』、戦後に『風報』を主宰した。

早くに右傾し、軍国主義鼓吹の小説や著作を多く書いたため、戦後公職追放となるが、以後は文壇から距離を置き、実業家などとのつきあいが多かった。川端康成とは関東大震災の翌年1923年(大正12年)に出会って以来からの変わらぬ親友であった[1][2][3]

また『石田三成』『真田幸村』『篝火』などの歴史小説も書いたほか、相撲にも詳しく、長編小説『雷電』など相撲関係の著作もあり、横綱審議委員を務めた。酒豪でもあった。大腸癌により66歳で亡くなったが、その直前に闘病記を遺した。文化功労者が追贈された。弔辞は川端康成が読み哀悼の意を表した[4]

人物[編集]

尾崎が『獄中より』で第二席を取った時事新報の懸賞小説で、第一席だったのが宇野千代の『脂粉の顔』である。受賞の翌年、中央公論社で偶然会った2人は、宇野のひと目惚れによってその日から同棲を始めた。宇野は後年のインタビューで、「尾崎は人に非常に好かれる人で、自分もまた好かれたがる人だった。それが彼の人生を駄目にした」と語っている[5]

川端康成を通じて伊豆湯ヶ島温泉で知り合った梶井基次郎とは、馬込文士村において、妻の宇野千代を巡って関係が険悪となり[1][2][6]、その後尾崎と千代は離婚となった[1][2][6]

一枝という娘があったが、尾崎一雄にも同年配の一枝という娘がおり、いずれも早稲田大学へ入ったためよく混同された。のち士郎の娘は中村汀女の息子と結婚、一雄の娘も結婚して古川と姓が変り、共著を出している[7]

著書[編集]

  • 『近世社會主義發逹史論』三田書房 1920
  • 『逃避行 低迷期の人々』改造社 1921
  • 『懐疑者の群 低迷期の人々 第二部』改造社 1922
  • 『世紀の夜』近代生活社 1930
  • 『霧と銀貨』アトラス社 1930
  • 『悲劇を探す男』新潮社 1930
  • 『惡太郎』黎明社 1935
  • 『人生劇場』正 続 続々 竹村書房 1935-37 のち新潮文庫、角川文庫、旺文社文庫  
  • 『情熱の伝説』有光社 1936
  • 『情欲』巣林書房 1936
  • 『牛刀 隨筆集』竹村書房 1936
  • 空想部落』新潮社 1936 のち角川文庫 
  • 『河鹿』竹村書房 1936
  • 『続々人生劇場 残侠篇』竹村書店 1936-1937
  • 『人生讀本』學藝社 1937
  • 『悲風千里』中央公論社 1937
  • 『風雲文章』雄風館書房 1937
  • 『相撲随筆』野田書房 1938
  • 『八達嶺』春陽堂 1938
  • 石田三成』中央公論社 1938 のち角川文庫、光文社文庫  
  • 『去る日来る日』大日本雄弁会講談社 1938
  • 『文學部隊』新潮社 1939
  • 『鶺鴒の巣』新潮社 1939
  • 『悪の序章』新潮社 1939
  • 『新篇坊ちゃん』新潮社 1939
  • 『裸 新選随筆感想叢書』金星堂 1939
  • 『古城夢ふかく』大日本雄辯會講談社 1940
  • 成吉思汗』新潮社 1940
  • 『関ケ原 随筆集』高山書院 1940
  • 『猫』三笠書房 1940
  • 『後雁』河出書房 1940
  • 『戦場の月に題す』萬里閣 1940
  • 『洋車の大将』高山書院 1940
  • 『永遠の女性』三笠書房 1940
  • 『昭和時代の大相撲』國民體力協會 1941
  • 『尾崎士郎選集』全12巻 平凡社 1941-42
  • 『篝火』櫻井書店 1941 のち角川文庫 光文社文庫 
  • 『雲になる男』協力出版社 1941
  • 『青春紀聞』小学館 1941
  • 『文學論』平凡社 1941
  • 『流幻』有光社 1941
  • 高野長英』小学館 1941
  • 日蓮』小学館 1942
  • 『春の原始林』平凡社 1942
  • 『殘燈』錦城出版社 1942
  • 『蒼穹』日本文林社 1942
  • 高杉晋作』黎明篇 亂雲篇 新潮社 1943-
  • 『戰影日記』小学館 1943
  • 『烽煙』生活社 1943
  • 『積乱雲』小學館 1944
  • 『芋月夜 随筆』扶桑書房 1946
  • 『謫居隨筆』酣燈社 1947
  • 『惜春夜話』去來書洞 1947
  • 『耳太郎』世界社 1948
  • 『夜あけの門』新潮社 1948
  • 『黒林の劍侠 少年少女小説』東光出版社 1948
  • 『狸風俗 滑稽小説』三潮社 1949
  • 『ホーデン侍従』暁書房 1949
  • 『新日本笑府』東京文庫 1950
  • 『天皇機關説』文藝春秋新社 1951 のち角川文庫
  • 『春雁』酣灯社 1951
  • 『舊将軍』小説朝日社 1952
  • 『吉良ノ仁吉』小説朝日社 1952、「吉良の仁吉」春陽堂文庫
  • 『青春傳書』池田書店 1953
  • 『東西英雄論』小説朝日社 1953
  • 『早稲田大学』文藝春秋新社 1953 のち角川文庫、岩波現代文庫 2015(大隈重信を描いて、佐伯清によって映画化された)  
  • 『風霜』新潮社 1954
  • 『伊勢宗瑞|伊勢新九郎』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『明治墮落女學生』新潮社 1955
  • 『偽徒然草』実業之世界社 1955
  • 『春や昔大阪城』河出書房 1955
  • 雷電』全5巻 新潮社 1955-56
  • 『瓢さんの初恋』河出書房 1955
  • 『戰國臆病風』同光社 1955
  • 『酔中一家言』大日本雄弁会講談社 1956
  • 真田幸村』鱒書房 1956 のち春陽堂文庫、廣済堂出版、河出文庫 2015
  • 中村遊廓』文藝春秋新社 1956
  • 塙団右衛門』東方社 1956
  • 『私学校潰滅』筑摩書房 1956、『私学校蜂起 小説・西南戦争』河出文庫 1989
  • 『人間随筆』六興出版部 1957
  • 『厭世立志伝』中央公論社 1957
  • 『京濱國道』朝日新聞社 1957
  • 『看板大関 随筆集』宝文館 1957
  • 『青雲譚』六興出版部 1957
  • 『相撲を見る眼』創元社 1957、のちベースボール・マガジン社
  • 『時は夢なり』雲井書店 1957
  • 『うそ八万騎』角川書店 1957、のち講談社文庫大衆文学館
  • 『生き馬の眼』大日本雄弁会講談社 1957
  • 『戰國兵談』正・続 東京創元社 1958
  • 大逆事件』雪華社 1959
  • 『花やかな男』東方社 1960
  • 『醉中放談』河出書房新社 1960
  • 『現代人の日本史 織田信長』河出書房新社 1960
  • 『聖妖女』文藝春秋新社 1960
  • 『小説國技館』雪華社 1960、『国技館』河出文庫 2015
  • 『箱入り女房』光風社 1960
  • 『吉良の男』中央公論社 1961
  • 『現代人の日本史 豊臣秀吉』河出書房新社 1961
  • 『新人生劇場』集英社 1961
  • 『戦記バタアン半島』圭文館 1962
  • 『青春記』創思社 1963
  • 『雲と殘月』光風社 1963
  • 『わが青春の町』河出書房新社 1963
  • 『遠き跫音』中央公論社 1964
  • 『小説四十六年』講談社 1964、中公文庫 2015
  • 『一文士の告白』新潮社 1964
  • 尾崎士郎全集』全12巻 講談社 1965-1966
  • 『文学の零点』永田書房 1967

共著[編集]

  • 『歐米社會運動者 評傳』茂木久平共著 南星堂書店 1920
  • 『チャツプリン』寺田鼎共著 啓明社 1930
  • 『近代浪漫派文庫31 尾崎士郎/中谷孝雄新学社 2004

現代語訳[編集]

  • 『世界名作全集 第39 平家物語』平凡社 1960。「現代語訳平家物語」岩波現代文庫(上下)2015 
  • 八犬伝 少年少女世界名作全集』講談社 1962

翻訳[編集]

記念館[編集]

尾崎士郎記念館(愛知県西尾市吉良町)
出身地の愛知県西尾市吉良町に2002年11月竣工。以前に吉良町立図書館内に尾崎士郎記念室としてあったものを尾崎士郎記念館として独立させた。展示品はほとんどが遺族や縁者から寄贈されたものばかりで、総資料数は4,000点以上にもなる。これらの中から直筆原稿、書簡、著書、愛用品等を順次展示している。また、晩年を過ごした東京都大田区にあった書斎も移築されている。
入館は有料(隣接の施設「旧糟谷邸」と共通)で、月曜(祝日の場合を除く)と年末年始は休館となる。
尾崎士郎記念館(東京都大田区山王1丁目)
尾崎士郎が、1954年から死去した1964年まで居住していた旧宅。すぐ近くには徳富蘇峰の旧邸だった大田区立山王草堂記念館(蘇峰公園)がある。尾崎は戦前に現在の大田区内に居を構えてより、馬込村中井(現:大田区南馬込4丁目)、大森字源蔵ヶ原(現:大田区山王1一丁目)など数回転居を繰り返し、家族とともに静岡県伊東市での疎開を経て、戦後東京に戻り、山王1丁目に居を構えた。大田区は2003年に尾崎の遺族より敷地を購入、建物は寄付を受けた。その後、客間兼書斎部分を改修し、別棟にあった平屋建ての書斎を設計図を基に復元工事を行ない、2008年5月に開館した。計画にあたっては、旧宅の書斎が移築された愛知県西尾市吉良町からも了解を得ている。[8]

関連書籍[編集]

  • 岡本功司『人生劇場主人・尾崎士郎』永田書房 1966
  • 都築久義『評伝尾崎士郎』ブラザー出版 1971
  • 同『実説人生劇場 尾崎士郎の生涯』白馬出版 1972
  • 同『尾崎士郎』三交社 1974
  • 同『若き日の尾崎士郎』笠間書院 1980
  • 尾崎一枝『父尾崎士郎』毎日新聞社 1973
  • 影山正治『尾崎士郎と僕たち』大東塾出版部 1974
  • 鈴木悦道『人生劇場のふるさと 尾崎士郎の生涯』エフエー出版事業部 1984

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 尾崎士郎『人間随筆』(六興出版部、1957年)
  2. ^ a b c 川端康成「人間随筆」(中央公論 1964年5月号に掲載)。独影自命 1970-10, pp. 345-347に所収。
  3. ^ 郡司勝義「解題」(補巻2・書簡 1984-05, pp. 618-619)
  4. ^ 川端康成「川端日本ペンクラブ会長の弔辞」(サンデー毎日 3月8日号に掲載)。「尾崎士郎弔辞」として雑纂1 1982-12に所収。
  5. ^ カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス 宇野千代 第三回「我が文学我が回想(1)」』(1986年10月26日放送にての本人談。2013年2月19日再放送)
  6. ^ a b 鈴木貞美「湯ヶ島の日々」(アルバム梶井 1985-07, pp. 65-83)
  7. ^ 中村一枝,・古川一枝『ふたりの一枝』(講談社、2003年9月)
  8. ^ 「大田区:尾崎士郎旧宅を改修、記念館に、5月開館目指し」『毎日新聞』(東京版)2008年1月11日付

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]