高知東生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:人物の画像提供をお願いします。2016年6月
たかち のぼる
高知 東生
高知 東生
別名義 高知 東急
生年月日 1964年12月22日(51歳)
出生地 日本の旗 日本高知県高知市
身長 182 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1993年 - 2015年
配偶者 あいだもも1991年 - 1996年
高島礼子1999年 - 2016年

高知 東生(たかち のぼる、1964年12月22日 - )は、日本の元俳優。2015年秋頃芸能界を引退した[1]

高知県高知市出身。元妻は女優の高島礼子

来歴・人物[編集]

  • のちに高校野球の名門と呼ばれる明徳高等学校の野球部に所属していた。高3の春、同校にとって初の甲子園出場を決めたが、自身は甲子園球場のグラウンドに立つことはできず、スタンド応援組だった。
  • 小学校の時に高知市街でスカウトされ、四国電力のCMに出演したことがある。
  • 上京して間もない頃、ディスコで偶然出くわした嶋大輔と喧嘩をしたことがある。しかし、それをきっかけに打ち解け、以来、親友同士になった。
  • 中野英雄江原啓之と生年月日が同じで、高知と中野は誕生日になると毎年お互いに恋人のように祝福の電話をしているという[2]
  • 無名時代に、本名でアダルトビデオに出演。1990年のビデオ作品『極上ヴィーナス 快楽女王』で共演したAV女優あいだももと、翌1991年に結婚。1996年離婚
  • 1993年、28歳の時に「高知東急」の芸名で俳優デビュー。これは、「高知県出身で、デビュー年齢が遅かったため、急いで東(東京)にのぼれ」という意味を込めた芸名であったが、著名になった後の1996年に、東京急行電鉄東急グループ)が「『高知に東急が進出した』と誤解を受ける」と不正競争防止法を根拠にした芸名使用停止を求め、裁判になった。1998年3月13日に、東京地方裁判所一審で敗訴したが控訴せず、「東京で生きる」ということで、「急」を「生」に改め「高知東生」とした(読み方は変更せず)[3]。この問題はスポーツ紙のみならず一般紙でも大きく取り上げられ「高知東急に東急がかみついた」などの見出しが掲載された。
  • なお、東急がこの裁判に力を入れたのは、グループ外企業で「東急××」と名乗る企業の出現を抑止する効果があるからだとされている。また、TBS系列の情報番組『ブロードキャスター』では、東京急行電鉄はかつて五島昇を社長に頂いており、名前の読みが同じ「のぼる」だったことも影響したのでは、とコメンテーターが発言している。
  • 1999年2月に女優の高島礼子と再婚。あいだ、高島の両方との間に子供はいない。
  • 仲の良い俳優は、前述の嶋大輔や中野英雄、高橋克典小沢仁志など。
  • 2005年に出身地・高知のよさこい祭りに自らプロデュースしたチーム「飛龍〜灼と寂〜」で参加、地区競演場連合会奨励賞を受賞した。よさこい祭りは毎年多くの芸能人、有名人が参加しているが、芸能人がチームをプロデュースするのは珍しい。受賞したチームは翌年以降も参加することが多いが、飛龍はその後参加していない。
  • 2015年6月末をもって所属していたマジックカンパニーを退社[1]、同年秋頃に芸能界を引退した。引退理由はパーキンソン病を患う義父(当時。高島礼子の父)の介護に専念することとされた[4]。同年12月公開の映画『W〜二つの顔を持つ女たち〜』が最後の出演作となった。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

  • 隠蔽指令(2009年10月 - 11月) - 菊川礼次郎 役

バラエティ番組ほか[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • コシノものがたり(2005年)

CM[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]