川崎あかね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かわさき あかね
川崎 あかね
生年月日 (1948-11-10) 1948年11月10日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル 女優
活動期間 1967年 -
活動内容 映画テレビドラマ
主な作品
映画
蜘蛛の湯女
女生きてます 盛り場渡り鳥
主婦の体験レポート おんなの四畳半
主婦の体験レポート 続おんなの四畳半

川崎 あかね(かわさき あかね、1948年11月10日[1] - )は、日本女優

京都府[1]京都市出身。洛陽女子高等学校卒業[1]。八重子プロに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

父は大映新興東映撮影技師を務めていた川崎新太郎。6歳より日本舞踊を学ぶ。1967年にフレッシュフェイス第5期生として大映に入社し、伊藤大輔に芸名をもらい、おもに時代劇に出演していた。

1971年11月20日封切りの映画『蜘蛛の湯女』に主演。セミヌードが話題になるも同月29日に大映が倒産したため、1972年1月、松竹へ移籍した。映画『女生きてます 盛り場渡り鳥』に主演、京都市民映画祭の新人賞を受賞し、1973年に退社してフリーとなる。

細身の肢体ながら豊満なバストの持ち主で、1973年の劇場版第1弾『必殺仕掛人』をはじめ1975年の主演映画『主婦の体験レポート おんなの四畳半』『主婦の体験レポート 続おんなの四畳半』や、1976年千葉真一主演映画『子連れ殺人拳』で艶やかなヌードを披露している。近年まで太秦東映京都撮影所の門前)で居酒屋を経営していた。

特技は、日舞[1]三味線[1]

受賞[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 陸軍中野学校 開戦前夜 (1968年、大映
  • 妖怪大戦争 (1968年、大映) - 千絵 ※実質デビュー
  • 笹笛お紋 (1969年、大映)
  • 秘録怪猫伝 (1969年、大映) - 早苗
  • 怪談累が渕 (1970年、大映) - お京
  • 十代の妊娠 (1970年、大映)
  • 喧嘩屋一代 どでかい奴 (1970年、大映) - ヒロミ
  • あゝ独身 (1970年、大映) - 弘子
  • ボクは五才 (1970年、大映) - バスガイド
  • 新女賭博師 壺ぐれ肌 (1971年、大映) - お蝶
  • 秘録 長崎おんな牢 (1971年、大映)
  • 穴場あらし (1971年、大映)
  • 若き日の講道館 (1971年、大映)
  • 蜘蛛の湯女 (1971年、大映)
  • 喜劇 怪談旅行 (1972年、松竹
  • 女生きてます 盛り場渡り鳥 (1972年、松竹) - 川上初子
  • 必殺仕掛人 (1973年、松竹) - お照
  • 帰って来た女必殺拳 (1975年、東映
  • 主婦の体験レポート おんなの四畳半 (1975年、日活
  • 主婦の体験レポート 続おんなの四畳半 (1975年、日活)
  • 金環蝕 (1975年、大映)
  • 子連れ殺人拳 (1976年、東映) - 志水銀子
  • 跋扈妖怪伝 牙吉 (2004年、牙吉製作委員会)

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、514頁。ISBN 978-4990124229

外部リンク[編集]