帰って来た女必殺拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
帰って来た女必殺拳
監督 山口和彦
脚本 掛札昌裕金子武郎
出演者 志穂美悦子
音楽 菊池俊輔
撮影 飯村雅彦
編集 鈴木宏始
製作会社 東映
公開 日本の旗 1975年8月30日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
前作 女必殺拳 危機一発
次作 女必殺五段拳
テンプレートを表示

帰って来た女必殺拳』(かえってきたおんなひっさつけん)は、1975年8月30日に公開された日本の映画。監督は山口和彦、主演は志穂美悦子。女必殺拳シリーズ第3作目。

概要[編集]

暗黒街の魔の手によって麻薬患者にされた幼友達を救い出すために、麻薬組織に挑むアクション映画。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:吉峰甲子夫
  • 脚本:掛札昌裕、金子武郎
  • 音楽:菊池俊輔
  • 撮影:飯村雅彦
  • 助監督:梶間俊一
  • 監督補佐:深町秀煕
  • 擬斗:日尾孝司
  • 監督:山口和彦

同時上映[編集]