京都市民映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都市民映画祭
受賞対象 俳優映画監督脚本家スタッフ
日本の旗 日本
最新回 1977年

京都市民映画祭』(きょうとしみんえいがさい)は、日本映画映画祭テレビドラマも表彰され、京都市で開催されていた。

概要[編集]

松竹大映東映東宝日活がしのぎを削っていた京都で製作された映画から[1]、毎年11月に部門毎に優秀賞を贈呈。京都の映画産業が大きかった時代には、全国的な賞として取り上げられていた[1]1978年4月6日日本アカデミー賞が催されると、同映画祭は1977年を最後に1978年以降は開催されなくなる。東映太秦映画村はこの事業を継承し、1999年以降は京都映画祭に引き継がれ、隔年で表彰してきた[2]2014年京都国際映画祭とリニューアルされた[3]

主な表彰[編集]

映画[編集]

1954年
1955年
1956年
1958年
1962年
1963年
1964年
1966年
1968年
1969年
1972年
1975年
1976年
1977年

テレビドラマ[編集]

1966年
1967年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「久々の映画」中村玉緒さん 「戻ろ」主人と話も”. 京の人 07年を駆けたスターたち ☆4☆ - マイタウン京都. asahi.com (2007年12月26日). 2012年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月17日閲覧。
  2. ^ コラム”. 第20回 京都映画関連イベント. 京都映画文化と歴史 - 京都市フィルムオフィス. 2012年8月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月17日閲覧。
  3. ^ 京都国際映画祭、吉本興業参画し若手交流の場に”. 映画ニュース. 映画.com (2013年11月25日). 2016年7月6日閲覧。

関連項目[編集]