付き馬屋おえん事件帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
付き馬屋おえん事件帳
ジャンル 時代劇
原作 南原幹雄
脚本 吉田剛
鴨井達比古
和久田正明
加瀬高之
高山由紀子
南部英夫
田坂啓
下飯坂菊馬
田村多津夫
松平繁子
保利吉紀
上條逸雄
渡辺善則
古田求
鈴木生朗
藤原緋沙子
山城新伍
監督 貞永方久
大州斉
高瀬昌弘
原田雄一
南部英夫
吉田啓一郎
岡屋龍一
杉村六郎
津島勝
山城新伍
出演者 山本陽子
山城新伍
製作
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1シリーズ
放送期間 1990年1月12日 - 3月30日
放送時間 金曜21:00 - 21:54
放送枠 テレビ東京金曜夜9時枠時代劇
各話の長さ 54分
回数 12
スペシャル
放送期間 1992年4月3日
放送時間 金曜19:03 - 21:48
各話の長さ 165分
回数 1
第2シリーズ
放送期間 1993年1月8日 - 3月26日
放送時間 金曜21:00 - 21:54
放送枠 テレビ東京金曜夜9時枠時代劇
各話の長さ 54分
回数 12
スペシャル
放送期間 1993年10月5日
放送時間 月曜19:03 - 21:48
各話の長さ 165分
回数 1
第3シリーズ
プロデューサー 網野英夫
放送期間 1995年4月10日 - 6月26日
放送時間 月曜21:00 - 21:54
放送枠 テレビ東京月曜9時枠の連続ドラマ
各話の長さ 54分
回数 12

付き馬屋おえん事件帳』(つきうまやおえんじけんちょう)は、1990年代前半にテレビ東京系で放送された連続テレビ時代劇である。テレビ東京松竹の共同製作。主演は山本陽子。原作は南原幹雄の『付き馬屋おえん』シリーズ。テレビシリーズ3作のほか舞台版も上演された。

作品概要[編集]

普段は吉原の仕出し料理屋のおかみ。裏の顔は吉原の遊廓でのツケを取り立てる「付き馬屋」。しかし、吉原の弱き女たちを救うべく闇に隠れた悪を倒すというさらなる裏の顔があった。

の借金を払わない客に対しておえんたちは最終的に殺害するとの結論に至るが、借金を払わないという理由だけで殺すのでは、視聴者へ道義的正当性を主張しにくいため、債務者の側が殺されるに値する悪逆非道な行為を行ったというエピソードを(場合においては多少強引な形で)ストーリーに組み込むことで、最終場面で必ず行われるおえんとその配下による殺人行為の正当性が視聴者に承認されるようにストーリーが展開する演出が採られている。

本作と同じ松竹が手がけた『必殺シリーズ』のスタッフが多数参加しており、本作劇中で使われているBGMにも同シリーズの物が流用され、また特に第1シリーズにおいては主題歌をアップテンポにアレンジしたいわゆる「殺しのテーマ」も作られ、毎回のようにクライマックスの立ち回りのシーンで使用された。

キャスト[編集]

喜の字屋[編集]

おえん
演 - 山本陽子
吉原の仕出し屋[1]「喜の字屋」の女将を表看板に、裏では未払いの遊興費を取り立てる「付き馬屋」を営む。
同業だった父親[2]の急死に伴い、やむなくそのあとを継ぐ。
その父親が得意としていた鍵縄を使った縄術を会得していて、第1部では鍵縄を投げつけて相手を絞殺、第2部では鍵縄で相手の首を絞めて身動きを封じてから針を仕込んだ扇による刺殺、第3部では鍵縄使用の後に帯枕に隠し持った懐剣を殺しに用いる。
又之助
演 - 宅麻伸(第1部)、阿部寛(スペシャル)、小西博之(第2部)、尾美としのり(第3部)
喜の字屋の若い衆の一人で、表の顔は揚屋に料理を運ぶ配達担当。
怪力の持ち主で、立ち回りのときはその力で相手の頸椎をへし折る[3]こともある。
劇中で越後(あるいは佐渡)の漁師の生まれであることが語られている。
浜蔵
演 - 黒田隆哉(第1部、スペシャル)、丹野由之(第2 ・3部)
喜の字屋の若い衆の一人で又之助の後輩。立ち回りの際は棒術を用いて戦う。
新五郎
演 - 山城新伍
表の顔は喜の字屋の花板。おえんの父親である先代の右腕でもあり、今の喜の字屋では番頭格といった役回りである。おえんに惚れているが、主従の関係をわきまえ、表には出さない[4]。立ち回りのときは長ドスを引っさげて相手を斬り殺す。包丁を持つときは左利きだが、長ドスは右手で扱う。

その他[編集]

おしま
演 - 入江若葉
おけい
演 - 長谷川稀世(第1部)
おかつ
演 - 芦川よしみ(第2 ・3部)
おえんの友人。吉原の遊郭経営者の妻たち、いわゆる「有閑マダム」の様相のキャラクターである。
おさと
演 - 林美里(香奈美里)(第1・2部)
おえんの娘。本人も気づいているが、実はおえんとの血のつながりはない。
おさよ
演 - 中山玲(第3部)
第3部でのおえんの娘。第1・2部でのおさとと同様におえんとの血のつながりはなく、実の母親である女郎がおさよを産んですぐに死去したためおえんが引き取り育てている。
おたね
演 - 斉藤絵里(第3部)
おえんやおしまたちと知り合いで、普段は辻占売りをしている。
村木鉄平
演 - 中山仁
面番所[5]同心。おえんに惚れており、何かとモーションをかけてくる。おえんが付き馬屋をしていることを知っており、そのために殺生をしていることも薄々気付いている。

ゲスト[編集]

第1シリーズ(1990年)[編集]

第1話「女涙の初恋始末」
第2話「渦吉原恋模様身請け話に泣く女」
第3話「爪の代金五十両」
第4話「かまいたちの牙」
第5話「情が仇の暗闇始末」
第6話「江戸の黒い霧けじめつけさせて貰います」
第7話「女郎ぐもの罠」
第8話「恋飛脚走る」
第9話「吉原悲話 露の情け」
第10話「おけさは遥か恋の唄」
第11話「取り立て無用におじゃりまする」
最終話「過去から来た女」

スペシャル(1992年)[編集]

「美しき女郎蜘蛛の挑戦!」

第2シリーズ(1993年)[編集]

第1話「吉原御法度破り!」
第2話「雨に消えたおいらん」
第3話「吉原慕情」
第4話「枕さがしの罠」
第5話「裏茶屋の秘密」
第6話「もう一人の付き馬屋」
第7話「おいらん地獄」
第8話「母恋観音を抱く悪党」
第9話「女郎の夢」
第10話「火事場泥棒」
第11話「親指百両」
最終話「吉原を潰せ!」

スペシャル(1993年)[編集]

「女の園に散る花咲く花!吉原と大奥の光と影!」

第3シリーズ(1995年)[編集]

第1話「たった十日の花嫁」
第2話「乳房千両」
第3話「吉原水鏡・涙のおいらん道中」
第4話「女郎になった妻」
第5話「女の恨み取り立てます」
第6話「忘八地獄」
第7話「小蝶哀しや吉原夢見島」
第8話「悪党裁く吉原人形」
第9話「吉原色里忍び恋」
第10話「仇討取り立てます」
第11話「羅生門河岸の女」
最終話「悪女おえんが取り立てます」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

第1シリーズ[編集]

  • 1990年1月12日 - 3月30日、全12話。
  • 最終話は、本放送時に2時間番組として放送されたため再放送では2話に分けて放送される。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1990年1月12日 女涙の初恋始末 吉田剛 貞永方久
第2話 1月19日 渦吉原恋模様身請け話に泣く女 鴨井達比古 大州斉
第3話 1月26日 爪の代金五十両 和久田正明
第4話 2月02日 かまいたちの牙 加瀬高之 高瀬昌弘
第5話 2月09日 情が仇の暗闇始末 高山由紀子
第6話 2月16日 江戸の黒い霧けじめつけさせて貰います 南部英夫 原田雄一
第7話 2月23日 女郎ぐもの罠 田坂啓 高瀬昌弘
第8話 3月02日 恋飛脚走る 加瀬高之
第9話 3月09日 吉原悲話 露の情け 下飯坂菊馬 南部英夫
第10話 3月16日 おけさは遥か恋の唄 田村多津夫
第11話 3月23日 取り立て無用におじゃりまする 和久田正明 原田雄一
最終話 3月30日 過去から来た女 高瀬昌弘

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 監督
1992年4月3日 美しき女郎蜘蛛の挑戦! 松平繁子 貞永方久

第2シリーズ[編集]

  • 1993年1月8日 - 3月26日、全12話。
  • 第12話は、本放送時に2時間番組として放送されたため再放送では2話に分けて放送される。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1993年1月08日 吉原御法度破り! 田村多津夫 吉田啓一郎
第2話 1月15日 雨に消えたおいらん 保利吉紀
第3話 1月22日 吉原慕情 上條逸雄 高瀬昌弘
第4話 1月29日 枕さがしの罠 田坂啓
第5話 2月05日 裏茶屋の秘密 渡辺善則 原田雄一
第6話 2月12日 もう一人の付き馬屋 和久田正明 岡屋龍一
第7話 2月19日 おいらん地獄 高山由紀子 原田雄一
第8話 2月26日 母恋観音を抱く悪党 田村多津夫 岡屋龍一
第9話 3月05日 女郎の夢 古田求 吉田啓一郎
第10話 3月12日 火事場泥棒 鈴木生朗 杉村六郎
第11話 3月19日 親指百両 藤原緋沙子
最終話 3月26日 吉原を潰せ! 吉田剛 津島勝

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 監督
1993年10月5日 女の園に散る花咲く花!吉原と大奥の光と影! 高山由紀子 杉村六郎

第3シリーズ[編集]

  • 1995年4月10日 - 6月26日、全12話。
  • 再放送時、第1話は3話に分けて放送される。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1995年4月10日 たった十日の花嫁 吉田剛 吉田啓一郎
第2話 4月17日 乳房千両 渡辺善則 原田雄一
第3話 4月24日 吉原水鏡・涙のおいらん道中 田村多津夫 杉村六郎
第4話 5月01日 女郎になった妻 古田求 吉田啓一郎
第5話 5月08日 女の恨み取り立てます 鈴木生朗
第6話 5月15日 忘八地獄 山城新伍
第7話 5月22日 小蝶哀しや吉原夢見島 田村多津夫 杉村六郎
第8話 5月29日 悪党裁く吉原人形
第9話 6月05日 吉原色里忍び恋 鈴木生朗 吉田啓一郎
第10話 6月12日 仇討取り立てます 渡辺善則
第11話 6月19日 羅生門河岸の女 鈴木生朗 杉村六郎
最終話 6月26日 悪女おえんが取り立てます 渡辺善則 吉田啓一郎

脚注[編集]

  1. ^ 吉原の客が遊女や芸者・幇間等と饗宴を繰り広げる揚屋自体には厨房設備がなく、供される料理はこのような仕出し屋から取り寄せるのが慣わしであった。
  2. ^ 原作によると目明しも務めていた。
  3. ^ 主に幹部クラスの敵に用いる。
  4. ^ 村木だけがその思いをわかっていて、そのため何かと目の敵にしている。
  5. ^ 吉原大門の傍らにあり、吉原を訪れた客等の素性をあらためたりする番所。

外部リンク[編集]

テレビ東京系 金曜21時台
前番組 番組名 次番組
月影兵庫あばれ旅(第1シリーズ)
(1989.10.13 - 1989.12.29)
付き馬屋おえん事件帳(第1シリーズ)
(1990.1.12 - 1990.3.30)
あばれ八州御用旅(第1シリーズ)
(1990.4.13 - 1990.6.29)
喧嘩屋右近(第1シリーズ)
(1992.10.9 - 1992.12.25)
付き馬屋おえん事件帳(第2シリーズ)
(1993.1.8 - 1993.3.26)
お助け同心が行く!
(1993.4.9 - 1993.6.25)
テレビ東京系 月曜21時台
ニョキニョキ植物王国
(1994.10.17 - 1995.3.20)
付き馬屋おえん事件帳(第3シリーズ)
(1995.4.10 - 1995.6.26)
喧嘩屋右近(再放送)