田村多津夫

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

田村 多津夫(たむら たつお、本名:田村 稔(たむら みのる)、1932年1月31日 - 2019年11月13日)は、大阪府大阪市出身の脚本家構成作家

人物[edit]

早稲田大学卒業後大学院に進み、飯島正に師事。日本のテレビ放送黎明期に、外国テレビ映画の翻訳のアルバイトなどを務めたのち、脚本家デビュー[1]

1960年代半ばから特撮・テレビアニメ・テレビドラマ・時代劇など多くの作品を執筆し活躍した。またそれと共に戯曲も多く手掛け、弟子に富田祐弘がいる。

2019年11月13日、肺がんにより東京都内の自邸にて死去[2]。87歳没。

主な参加作品[edit]

テレビアニメ[edit]

テレビドラマ[edit]

特撮[edit]

脚注[edit]

  1. ^ 『ピー・プロ'70sヒーロー列伝 (2) 快傑・風雲ライオン丸』(ソニー・マガジンズ・2000年) p.41、43
  2. ^ "脚本家の田村多津夫氏が死去". 徳島新聞電子版. 徳島新聞社. 2019-11-14. 2019-11-14閲覧
  3. ^ エースをねらえ!”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  4. ^ ゲッターロボ”. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  5. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  6. ^ SF西遊記スタージンガー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。