吉原炎上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉原炎上
監督 五社英雄
脚本 中島貞夫
出演者 名取裕子
かたせ梨乃
根津甚八
音楽 佐藤勝
撮影 森田富士郎
編集 市田勇
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1987年6月13日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

吉原炎上』(よしわらえんじょう)は、1987年公開の東映映画。監督は五社英雄。 また、1998年には新橋演舞場にて、映画と同じく名取裕子の主演で舞台化もされている。そして、2007年には観月ありさ主演でテレビドラマ化された。

吉原の5人の花魁の悲喜を描いている。テレビでも複数回放映され高視聴率を記録している(テレビ朝日日曜洋画劇場や深夜枠など)。

名取、かたせ、西川、藤ら今では考えられないような当時の有名女優の大胆なヌードシーン、特に名取と二宮のレズビアンシーンがあった事が大きな話題を呼んだ。

ストーリー[編集]

主人公の久乃は明治の終わり、1908年に吉原の中梅楼に遊女として売られた。そこでは借金に縛られた女たちが六年の年季が明けるまで、春をひさいでいた。

生まれては苦界、死しては投げ込み寺の世界を生き抜いた女郎と生き抜けなかった女郎の波乱万丈の世界を描いた作品である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 名取裕子(上田久乃→若汐→紫太夫)
  • 二宮さよ子(九重)※中梅楼の一番花魁(御職)、春の章ヒロイン
  • 藤真利子(吉里)※中梅楼の二番花魁、夏の章ヒロイン
  • 西川峰子(小花)※中梅楼の三番花魁、秋の章ヒロイン
  • かたせ梨乃(菊川)※久乃の先輩女郎、冬の章ヒロイン

中梅楼[編集]

馴染み客[編集]

  • 根津甚八(古島信輔)※古島財閥の若当主、若汐となった久乃の馴染み客
  • 小林稔侍(坪坂義一)※紫太夫となった久乃=若汐の馴染み客
  • 井上純一(宮田)※学生、九重の馴染み客
  • 益岡徹(野口)※株屋、吉里の馴染み客
  • 河原崎長一郎(越後屋善之助)※吉里の馴染み客
  • 成瀬正(亭主)※菊川の馴染み客

吉原の人々[編集]

テレビドラマ版[編集]

テレビ朝日系列で2007年12月29日に放送されたテレビ朝日東映制作の年末テレビドラマである。主演は観月ありさ

テレビ朝日では開局以来約50年間続いたレギュラー放送の時代劇を視聴率不振などを理由にこの年の9月で終了させ、今後は1年間で数本を特番として制作・放送する方針に切り替えており、本作品がその第1弾にあたる。

視聴率は16.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。関西は19.1%

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 監督・猪原達三、脚本・橋本綾とも、時代劇は「吉原炎上」が初めてである。
  • 田中芳之プロデューサーは、「映画はヌードシーンもあったが、そのような描き方はしない。悲しい境遇でも強く生きる女性の姿を描くことで、現代の女性にも共感してもらえるドラマにしたかった」と制作方針を話している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 宣伝用ポスターや予告編等では出演表記なし。緒形程のネームバリューのある現役の主役級俳優が本筋には直接関わらない端役で出演する場合、クレジットタイトルでは「特別出演」或いは「友情出演」等の但し書きが付くか、単独での表示またはタイトルの後半に少人数での表示で配慮されるか(今作でいう所の山村聰のような扱い)、もしくはノンクレジットのカメオ出演扱いとなるのが通例だが、今作では本編オープニングタイトルのキャストクレジットでも下位の「その他大勢の脇役の中の一人」扱いでクレジットされている。これは非常に稀なケースである。
  2. ^ 新鮮 普段と違う自分~テレビ朝日系ドラマ「吉原炎上」で時代劇初挑戦 観月(みづき)ありさ”. 読売新聞 (2007年12月3日). 2008年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]