比良おろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

比良おろし比良颪、ひらおろし)は、滋賀県比良山地東麓に吹く局地風。特に毎年3月26日に行われる天台宗の行事「比良八講」の前後に吹くものを比良八講・荒れじまいまたは比良八荒(ひらはっこう)と呼び、本格的な春の訪れを告げる風とされている。

特徴[編集]

丹波高地から琵琶湖に向かって、比良山地南東側の急斜面を駆け降りるように吹く北西の風である。

気圧配置とは明瞭な関係があり、等圧線が北東から南西に走る気圧配置のときに発生することが多い[1]

強い比良おろしが吹くときには、比良山地の尾根の上に風枕というが見られる。

影響[編集]

比良山麓を走るJR西日本湖西線は、全線高架となっているうえ、真横から風を受けるため、比良おろしの影響を非常に強く受ける。1997年6月29日には、比良駅に停車中の貨物列車が横転する事故が起こった。鉄道総合研究所による調査の結果、このときの風速最大瞬間風速57メートル以上と推定されている[2]

この事故以後、強風による規制値が引き下げられたこともあり、JR湖西線は比良おろしのためしばしば運休となる。2006年度には運休は28回、延べ50時間にのぼった。

そのため、JR西日本は2007年10月に比良 - 近江舞子駅間の沿線山側に防風柵を設置し、運転規制を行う基準となる風速を従来の秒速25メートルから30メートルまで引き上げることを発表した。

防風柵は2008年12月1日から運用が開始され、これによって年間の運転見合わせ時間が、防風柵設置前の半分以下になる見込みである[3]

水難事故の原因にもたびたびなっており、以下の例が挙げられる。

脚注[編集]

  1. ^ 松井一幸・武田栄夫「ビワコダスから見た近江盆地の局地風 - その1 比良オロシ」『琵琶湖の風と文化 ビワコダス研究短報』別冊、琵琶湖地域環境教育研究会
  2. ^ 鈴木康弘「台風の強風のため湖西線で貨物列車が脱線」『日本の鉄道貨物輸送
  3. ^ JR西日本 「湖西線 比良 - 近江舞子駅間における防風柵の完成について」(2008年11月19日のプレスリリース)
  4. ^ 松井一幸「2003年9月15日(月)に起きた蓬莱沖ヨット転覆事故と風

外部リンク[編集]