226 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
226
監督 五社英雄
脚本 笠原和夫
製作 奥山和由
出演者 萩原健一
三浦友和
竹中直人
加藤昌也
鶴見辰吾
南果歩
名取裕子
本木雅弘
有森也実
隆大介
八千草薫
加藤武
川谷拓三
金子信雄
田村高廣
渡瀬恒彦
松方弘樹
鈴木瑞穂
高峰三枝子
藤谷美和子
丹波哲郎
芦田伸介
仲代達矢
音楽 千住明
撮影 森田富士郎
編集 市田勇
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1989年6月17日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
テンプレートを表示

226』(ににろく)は、1989年に公開された日本映画。題字には副題として「THE FOUR DAYS OF SNOW AND BLOOD」という英文が付されている。

概要[編集]

二・二六事件の経過を主に陸軍将校の側から描いた作品であり、決起した青年将校達をはじめとして豪華キャストを揃えた大作映画となっている。また、青年将校らの妻子との関係にも多くの描写が割かれており、事件に参加した河野壽の実兄・河野司が監修に当たった。

制作会社はフィーチャーフィルムエンタープライズであった。映画ファンド(投資家から資金調達し、映画の興行成績により分配する制度)で日本で初めて制作された作品である。


あらすじ[編集]

昭和恐慌により拡大する貧富の差に皇道派の野中、河野、磯辺、栗原、中橋は財閥大臣官僚を抹殺し天皇を中心とした皇道派による独裁政権を作ろうと2月26日、雪の降りしきる夜にクーデターを実行。多くの大臣、官僚、当時の総理をも暗殺。軍部は彼らの行動に理解を示し、クーデターは成功したかに見えた。しかし、それは事態を収拾しようと画策した政府と宮内庁による必至の時間稼ぎで、総理大臣が生き延びていた事がわかると事態は一変、政府は天皇陛下の勅命により原隊に戻るよう呼びかけ軍に戻ろうとする中、当初から消極的でやるからには逆賊になる覚悟だった安藤輝三だけは陛下の御意思一つに手の平返しで軍に戻ろうとする彼らに怒りを爆発させる。

キャスト[編集]

決起将校たち[編集]

決起部隊の下士官・兵たち[編集]

決起将校の関係者[編集]

被害者とその関係者[編集]

陸軍関係者[編集]

皇道派[編集]

統制派[編集]

中道派・その他陸軍関係者[編集]

宮城関係者[編集]

その他[編集]

備考[編集]

当作品の撮影にあたっては銃器、軍服を始めとした日本陸軍装備多数が新規に製作された。作中に登場する戦車は当作のために建設機械を改造して製作されたものである。

笠原和夫は、圧力で内容を変更させられ、「活動屋精神を持たない奥山和由はだらしがない。松竹で撮ったから変な映画になった」などと話している[2]話を聞いた岡田茂は「笠原は何で松竹で『226』撮ってるんだ? 何で東映で撮らんのや?」と言っていたという。[要出典]笠原は「僕はこれまで東映で『日本暗殺秘録』や『仁義なき戦い』、『二百三高地』、『大日本帝国』なんかをやってきましたけど、あれも岡田さんがヒットするしないだけじゃなく、活動屋精神っていうかな、やりたいものやってみろっていう考え方を持っていたから、僕らも思い切りできたんで、岡田さんが『226』をプロデュースしていたら、もっとちゃんとしたものが出来たと思う」となどと話している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 笠原和夫・荒井晴彦絓秀実 『昭和の劇:映画脚本家笠原和夫』 太田出版2002年、546頁。ISBN 4-87233-695-X

外部リンク[編集]