226 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
226
監督 五社英雄
脚本 笠原和夫
製作 奥山和由
出演者 萩原健一
三浦友和
竹中直人
加藤昌也
鶴見辰吾
南果歩
名取裕子
本木雅弘
有森也実
隆大介
八千草薫
加藤武
川谷拓三
金子信雄
田村高廣
渡瀬恒彦
松方弘樹
鈴木瑞穂
高峰三枝子
藤谷美和子
丹波哲郎
芦田伸介
仲代達矢
音楽 千住明
撮影 森田富士郎
編集 市田勇
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1989年6月17日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
テンプレートを表示

226』(ににろく、にいにいろく)は、1989年に公開された日本映画。題字には副題として「THE FOUR DAYS OF SNOW AND BLOOD」という英文が付されている。

概要[編集]

二・二六事件の経過を主に陸軍将校の側から描いた作品であり、決起した青年将校達をはじめとして豪華キャストを揃えた大作映画となっている[2]。また、青年将校らの妻子との関係にも多くの描写が割かれており、事件に参加した河野壽の実兄・河野司が監修に当たった[3]

制作会社はフィーチャーフィルムエンタープライズであった[4]映画ファンド(投資家から資金調達し、映画の興行成績により分配する制度)で日本で初めて制作された作品である。

総製作費20億円[4]


あらすじ[編集]

昭和恐慌により拡大する貧富の差に皇道派の野中、河野、磯辺、栗原、中橋は財閥大臣官僚を抹殺し天皇を中心とした皇道派による独裁政権を作ろうと2月26日、雪の降りしきる夜にクーデターを実行。多くの大臣、官僚、当時の総理をも暗殺。軍部は彼らの行動に理解を示し、クーデターは成功したかに見えた。しかし、それは事態を収拾しようと画策した政府と宮内省による必至の時間稼ぎで、首相が生き延びていた事がわかると事態は一変、政府は天皇の勅命により原隊に戻るよう呼びかけ軍に戻ろうとする中、当初から消極的でやるからには逆賊になる覚悟だった安藤輝三だけは天皇の意思一つに手の平返しで軍に戻ろうとする彼らに怒りを爆発させる。

キャスト[編集]

決起将校たち[編集]

決起部隊の下士官・兵たち[編集]

決起将校の関係者[編集]

被害者とその関係者[編集]

陸軍関係者[編集]

皇道派[編集]

統制派[編集]

中道派・その他陸軍関係者[編集]

宮城関係者[編集]

その他[編集]

製作[編集]

企画[編集]

昭和の時代が終わると予測した企画[3]。事件から半世紀が過ぎ、ようやく事件に関わった人々の実名が許され、映画化に至った[3]。特筆すべきは青年将校の一人・河野寿(演:本木雅弘)の実兄・河野司(演:根津甚八)が監修した事である[3]

撮影[編集]

1988年春から製作特報を流し[4]、1988年8月29日、脚本決定稿による本読み開始[3]。1988年10月19日にクランクインした[3][4]。しかし撮影中に昭和天皇のご病気、崩御があり、映画の題材が昭和天皇と関係が深いため、大喪の礼が終わるまで、撮影取材他、宣伝活動を一切自粛した[4]。1989年1月30日、雪化粧の宮城外堀に見立てた会津鶴岡城ロケを最後にクランクアップ[3]。大喪の礼が明けると松竹は宣伝費に5億円を計上し、公開までの3ヵ月間に大宣伝作戦を行った[4]

当作品の撮影にあたっては銃器、軍服を始めとした日本陸軍装備多数が新規に製作された。作中に登場する戦車は当作のために建設機械を改造して製作されたものである[注 1]

ロケ地[編集]

琵琶湖畔の滋賀県草津市(湖岸道路:現湖岸下笠交差点付近)の3千坪に総工費3億円をかけ、四階建ての山王ホテル、陸相官邸、首相官邸警視庁赤坂見附の街路等、大規模なオープンセットが建設された[3][4]。ここに戦車なども持ち込まれていた。

作品の評価[編集]

脚本の笠原和夫は映画の出来が不満で[6][7]、「松竹でやったから変なものになっちゃったね。後で東映岡田茂さんが『何で、お前ら、笠原に松竹で『226』をやらせてるんだ。何で東映でやらんのや?』(笠原は1976年東映を退社しフリー)[8]と怒ったらしい。僕はこれまで東映で『日本暗殺秘録』や『仁義なき戦い』、『二百三高地』、『大日本帝国』なんかをやってきましたけど、あれも岡田茂さんというプロデューサーが、単に当たればいいというんじゃなくて、ある種の活動屋精神っていうかな、『やりたいものやってみろ』という度胸があった人だから出来たんでね。そういう度胸を持たないプロデューサー―奥山和由はだらしがないよ。『ハチ公物語』が当たったものだから『笠原さん、野中大尉自慰シーンに小犬を出してくれ』なんてね(笑)。そんなことを考えているようなプロデューサーなんてダメなんだよ。岡田さんの方がはるかに立派!『日本暗殺秘録』の時にも自民党からいろいろあって、岡田さんも大川博社長にやり込められたらしいんだよ。けれども、結局、僕らを呼んで『好きなようにやってみろ』と。それは立派なんだよ。そういう信念を岡田さんが持っていたから、こっちも安心して書けたんですよ。だから、もし、岡田さんが『226』をプロデュースしていたら、もっとちゃんとしたものが出来たんだろうと思う」となどと話している[6][7]

日活の元監督で大株主だった藤浦敦は、2015年の映画誌のインタビューで「二・二六事件をちゃんと描いた映画は、佐分利信が監督をやった『叛乱』(1954年、新東宝)しかないんです。あれも天皇に対してだいぶお手柔らかに描いていますから」などと話している[9]

二・二六事件を扱った映画は多いが[3][7]、最初の映画化は、1951年の東映映画・佐分利信監督の『風雪二十年』[10]。これは尾崎士郎原作の『天王機関説』を猪俣勝人が脚色したもの[10]。次が先に挙げた『叛乱』[10]。以降も多くの映画がつくられた[10]。本作のようなオールスターキャストでは、1970年に『激動の昭和史 軍閥』を作った東宝が、1973年に同社オールスターキャスト、小林正樹監督、八住利雄のオリジナル脚本で『激動の昭和史 二・二六事件』というタイトルで'73年東宝ラインアップとして発表したこともあるが製作はされなかった[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この模造戦車は3両が製作されて使用され、当作の撮影後は売却先が探されたが成約せず、その後夕張市で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が開催された縁で同地に2両が寄贈され、石炭の歴史村に併設されている遊園地の一角に展示されていたが、2008年に同園が閉鎖されて解体・整地された際に処分された。もう1両(※3両目ではなく夕張市に展示されていたものであるとの説もあるが真偽は不明)は栃木県那須郡那須町に所在する私設博物館「那須戦争博物館」で2018年現在も展示されている[5]。なお、展示車両の解説では「90式改良戦車」となっており、諸元や開発経緯が記述されているが、日本陸軍の装備で“90式改良戦車”なる車両は存在しておらず、架空のものである。

出典[編集]

  1. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 226 – 松竹株式会社
  3. ^ a b c d e f g h i 森田富士郎「日本映画の時代劇作法 第21回 『226』」『映画撮影』No.190 2011年8月15日発行、日本映画撮影監督協会、 77-80頁。森田富士郎「日本映画の時代劇作法 第22回 『226』」『映画撮影』No.191 2011年11月15日発行、日本映画撮影監督協会、 68-70頁。
  4. ^ a b c d e f g 「極秘撮影3ヵ月・ベールを脱いだ『2.26』 総製作費20億円の超大作 6月17日、全国松竹洋画系公開」『映画時報』1989年3月号、映画時報社、 20–21。
  5. ^ 那須戦争博物館>博物館展示内容>屋外展示物
  6. ^ a b 昭和の劇 2002, p. 546.
  7. ^ a b c 近藤正高 (2019年9月16日). “二・二六事件は映画・ドラマでどう描かれてきたか。大河ドラマでは「いだてん」で35年ぶり2度目の登場”. エキサイトレビュー (エキサイト). オリジナルの2019年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2019-0916-2001-21/https://www.excite.co.jp:443/news/article/E1568605144145/?p=8 2020年10月7日閲覧。 
  8. ^ 桂千穂「クローズアップ・トーク〈ゲスト〉笠原和夫シナリオ・ゲームの悦楽」『シナリオ』1990年9月号、日本シナリオ作家協会、11頁
  9. ^ 藤木TDC連載 日活名物男 藤浦敦 日活不良監督伝 だんびら一代 最終回 映画界にだんびら一閃!」『映画秘宝』2015年2月号、洋泉社、 71頁。
  10. ^ a b c d 「MEMO 二・二六事件」『映画芸術』1989年秋号 No.358、編集プロダクション映芸、 75–79頁。
  11. ^ 「邦画新作情報」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、pp.178–180

参考文献[編集]

  • 笠原和夫荒井晴彦絓秀実『昭和の劇 映画脚本家 笠原和夫』太田出版、2002年。ISBN 487233695X

外部リンク[編集]