林八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 八郎(はやし はちろう、1914年大正3年)9月5日 - 1936年昭和11年)7月12日)は、日本陸軍軍人皇道派最終階級歩兵少尉二・二六事件首相官邸を襲撃。

林 八郎
生誕 (1914-09-05) 1914年9月5日
日本の旗 日本 東京市
死没 (1936-07-12) 1936年7月12日(21歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 日本陸軍
軍歴 1935 - 1936(陸軍)
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少尉.svg 歩兵少尉(陸軍)
テンプレートを表示

経歴[編集]

1914年(大正3年)9月、参謀本部林大八歩兵大尉陸士16期、のち少将)の次男として東京市に生まれる。本籍地山形県鶴岡市

1928年(昭和3年)4月、東京府立第四中学校から難関の東京陸軍幼年学校(定員50名)を受験し、見事合格する。地方幼年学校は当初、東京、仙台名古屋大阪広島熊本の6校(各50名)が存在したが、大正末の宇垣軍縮により、林が受験した頃には東京1校のみとなっていた。教育総監部編集の手引きによると、応募者は2,437名に及んだという。

このとき、東京府立第六中学校から合格した小林友一(終戦時は少佐47期首席)と親友となっている。戦後に小林は、林との思い出をその著書『同期の雪』に記している。1931年(昭和6年)4月には陸軍士官学校予科へ進み、幼年学校から46名、中学校等から予科に合格した301名、計347名が入校している(「追憶」陸士第47期生追悼録、p.1)。この年秋には満州事変が勃発し、三月事件十月事件血盟団事件が起き、1932年(昭和7年)3月、金沢衛戍する歩兵第7聯隊長歩兵大佐)だった父・大八が上海攻略の鉤を握る江湾鎮西にて戦死した(第一次上海事変)。同年9月に兵科が発表され歩兵科に、1933年(昭和8年)3月に任地が発表され、同期の伊藤常男池田俊彦とともに歩兵第1聯隊となっている。同年4月、林たちは陸軍士官学校本科へ進んでいる。この間にも総理大臣犬養毅暗殺された五・一五事件陸軍士官学校事件がおきている。『同期の雪』の中で同期生・山口立(終戦時、少佐)の次のような回想がある。「林の思想動向について顕著な変化を感じたのは、陸士の本科に入ってからである。彼が二・二六事件に参加する芽があったと感ずるのであるが、私(山口)は当時とてもそこまで彼が考え詰めているとは思わなかったのである。」

1935年(昭和10年)6月に士官学校本科を卒業、成績は91番/330名と上位クラスだった。8月には陸軍省軍務局永田鉄山少将16期首席)が執務中に相沢三郎歩兵中佐22期)に斬殺された相沢事件がおきている。9月、歩兵少尉に任官し歩兵第1聯隊第1中隊に配属。12月には栗原安秀歩兵中尉(41期)のいる機関銃隊附に異動している。

1933年(昭和8年)の救国埼玉青年挺身隊事件に関与した戦車第2聯隊附の栗原が、1935年(昭和10年)3月に歩兵第1聯隊に戻ってくることになった経緯については、二・二六事件で、栗原とともに首相官邸を襲撃した池田俊彦歩兵少尉(47期)の証言がある。「小藤(恵)聯隊長がかつて私(池田)に、栗原中尉を歩一に帰したいきさつに話してくれたことがある。小藤聯隊長は、歩一に来る前は陸軍省の補任課長をしていた。その時、札つきの栗原中尉を受け入れてくれる聯隊がどこにもないことを知った。自分がその出身の歩一の聯隊長でゆくことが内定していたので、それでは栗原中尉は自分が引き受けようと、同じ出身の歩一に帰したのである。小藤聯隊長は、おそらく栗原さんの『抑え役』として、林を機関銃隊へもっていったのだと思う。その林が栗原さんに共鳴してしまったのだ。」(『同期の雪』p.211,212)

松本清張著『昭和史発掘7』によれば、栗原中尉が兵約300名に非常呼集を行なったのは1936年(昭和11年)2月26日午前3:30頃。午前4:30頃に兵営を出発、襲撃目標の首相官邸に向かった。栗原部隊の編制は、小銃第1小隊(栗原中尉兼任)、小銃第2小隊(池田少尉)、小銃第3小隊(林少尉)、機関銃小隊(尾島健次郎歩兵曹長)。首相官邸への到着は、午前5:00少し前であった。栗原の調書によると、襲撃状況は「先ヅ私ガ命ジテ首相官邸ノ通用門ヨリハ銃隊ノ粟田伍長ノ率ユル約二十名、裏門ヨリハ林少尉ノ率ユル一小隊約六十名、部隊ノ主力ハ私ガ指揮シ表門ヨリ這入リマシタガ、表玄関ハ戸締厳重ナ為這入レナイノデ、林少尉ノ這入ツタ裏門ノ方ニ廻ツテ裏玄関日本間ノ窓ヲ破壊シテ這入リマシタ」というものだった。その後、林の調書によると「林ハ首相官邸西方入口附近ニアル交番所ノ巡査ヲ逮捕セシムベク兵五名ヲ上等兵ニ附シヤリマシタ。処ガ正門ノ処ニ居タ巡査ガ邸内ニ逃ゲ込ミマシタノデ、私ノ部隊ハ其ノ後ヲ追ツテ正門入口ヨリ邸内ニ侵入シテ了ヒマシタ。ソコデ池田小隊ノ一部ヲ引率シテ西方入口ヨリ邸内ニ突入致シマシタ。其ノ時交番所ニ向ヒマシタ上等兵ノ一隊ハ、激シク抵抗シ乍ラ西方入口ノ傍マデ逃レタ巡査ヲ射殺シマシタ」と供述している。

その後、(官邸警備の土井清松巡査が)「玄関から脱れてきた村上(嘉茂左衛門巡査)部長と出会ったので、いっしょに洗面所入口に行った。松尾(伝蔵)大佐は日本間に引き返し、村上部長が入口を死守する間に首相(岡田啓介)を日本間の奥深く避難させておき、自分はすでに村上部長に迫ってきた一将校(林八郎少尉)に対し素手で後ろから組みついたところ、背後から鉞のような鈍器で一撃を受けた。それでも屈せずに立向かうところ、軍刀で左肩を斬りつけられ、長さ三十二センチ余、深さ二十センチに達する切創その他数カ所に傷をうけて仆れた。」…(省略)…「かなり時間が経ってのことだが、麹町憲兵分隊青柳利之軍曹が首相官邸に入ることができて林少尉に会った。林と青柳は顔見知りである。林は自分の軍刀を青柳に見せて、この刀は斬れたぞ、と自慢した。青柳も如才なく刀を受取ってふところ紙をとり出してふき「刃こぼれもありません。どんなふうに斬ったかひとつ見せていただきもんですね」というと、「見せてやろう」と林は青柳をつれて日本間の方に歩きながらその朝の討入りの模様を話した。(『昭和史発掘7』p.61~63)

2月29日には免官処分を受け、午前5:10に叛乱部隊の討伐命令が発せられ投降する。蹶起した47期の新品少尉(任官から半年程度)は、林を除いていずれも死一等を免じられている中、ただ一人死刑の断罪が下ったのは林の行動があまりに積極的だったからであろう。7月12日、東京陸軍軍法会議において叛乱罪で死刑判決を受けて、代々木練兵場にて処刑。享年21。林は死の間際まで、失敗の原因は同期生の近衛歩兵第3聯隊附の大高政楽歩兵少尉(終戦時、少佐)が、蹶起将校のひとりである同聯隊中橋基明歩兵中尉(41期)による宮城占拠計画を頓挫させたためと思い込んでいたという[1]

大高少尉の談話「(宮城守衛隊)控所にとびこんだ今泉(義道)は『とんでもないことをしてしまった』といって男泣きに泣いたものだ。なにをしてしまったのか、それだけでは分からなかったが、私は『やってしまったことは仕方がないではないか』といって慰めたように憶えている」今泉元少尉のほうはこの問答の記憶がないそうである。ところで、大高少尉の右の慰め「やってしまったことは仕方がないではないか」という言葉は、今泉は何をやったのかとは質問しないで、その内容を以心伝心的に察して発せられているおもむきがある。このときの大高少尉の心理を忖度すれば、今泉が第七中隊付で、救援隊を称して中橋と共にきた、その中橋は要注意の青年将校だから、今泉少尉が「とんでもないことをした」という男泣きの言葉で、いわゆる昭和維新の武力決行に連れ出されたのだと察した、それで深くは訊かなかった、かと思われる。

大高少尉がそう察するもう一つの要因は、その数日前に、やはり同期生で近歩三第一中隊付の木島隆一少尉から妙な電話があったことがある。「歩一の林八郎少尉(首相官邸襲撃参加)から木島に『実力では妨害してもいいが、筆ではやってくれるな』という意味の電話があった旨を木島から教えられた。事件の三日ほど前だったと思う」(『昭和史発掘7』p.176,177)

「中橋中尉が入ってきたときは、門間(健太郎、29期)司令官も中溝(猛、37期)司令もいなかった。いれば私は上官の指示に従えばよいから中橋とじかに対決することはない。中橋は目を血走らせ、ただならぬ様子だった。私は三日前に歩一の林少尉の言葉を伝えてきた一中隊の木島少尉の妙な電話を思い出し、またさきほどの今泉少尉の口走ったこと、それにひっきりなしに鳴る十本ほどの電話の音で、中橋中尉がたいへんなことをやり出したにちがいないと覚った。覚ったというより推察した。つまり、中橋中尉は宮城を占領しようとしているにちがいないと思ったのだ。中橋の日ごろの言動と、眼前の異様な態度から、かく判断した」(『昭和史発掘7』p.183,184)

中橋の軟禁を門間少佐から命じられたとは語られてないが、その命令はあったものと思われる。とにかく、大高が次にとった処置は適切であった。「私(大高)は、隣りの控所にいた兵五、六名に着剣させて連れてくると、中橋中尉を囲ませた。これには中橋中尉は意外だったらしいが、私を睨みつけ、どうしてこんなことをするのだ、と怒気を含んだ声で私を詰問した。私は、中橋が私のとった処置にだけ怒っていると分かったので、兵に銃から剣をはずさせて控所に引きあげさせた。…(省略)…中橋中尉と対い合って、私はなんとなく拳銃を取り出した。中橋は『おれも持っているんだ』と拳銃を出した。私のは中型のモーゼルで、中橋のは大型のブローニングだった。そのブローニングからプーンと硝煙の臭いがしてきた。発射してから間もないことが分かった。私はいよいよ中橋に疑惑を深めた。」(『昭和史発掘7』p.184,185)

両者の睨み合いがしばらく続き、その後、中橋は午砲台附近の石垣の土手へ行って、信号手旗を持ってすぐ真向いの警視庁歩兵第3聯隊第7中隊長野中四郎歩兵大尉率いる兵約500名が待機している)のほうへ信号を送ろうとしていたところを片岡栄特務曹長に阻止されている。引用が長くなったが、大高少尉の活躍は大きく、少なからず中橋の戦意をくじいた可能性があり、林の思い込みとも言い難い面もあると思う。

家族親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 湯浅博『二・二六事件を阻んだ男』、産経新聞2015年9月8日号6面

参考文献[編集]