林八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 八郎(はやし はちろう、1914年(大正3年)9月5日 - 1936年(昭和11年)7月12日)は、日本陸軍軍人皇道派最終階級は陸軍少尉二・二六事件で反乱部隊の首相官邸襲撃指揮官

経歴[編集]

家族親族[編集]

  • 曾祖父 : 林源太兵衛 - 庄内藩
  • 祖父 : 林秀芳 - 陸軍少佐
  • 父 : 林大八 - 陸軍少将

脚注[編集]

  1. ^ 湯浅博『二・二六事件を阻んだ男』、産経新聞2015年9月8日号6面

参考文献[編集]