重藤千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
重藤 千秋
生誕 1885年1月31日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1942-07-26) 1942年7月26日(57歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1906 - 1938
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

重藤 千秋(しげとう ちあき、1885年(明治18年)1月31日[1][2] - 1942年(昭和17年)7月26日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将満州事変における工作者の1人[要出典]

生涯[編集]

福岡県生まれ[1][2][3]豊津中学校卒を経て、1905年(明治38年)11月、陸軍士官学校(18期)を卒業[1][4]1906年(明治39年)6月、歩兵少尉に任官し歩兵第19連隊付となる[1][4]1918年(大正7年)11月、陸軍大学校(30期)を卒業し歩兵第53連隊中隊長に就任[1][3]

1919年(大正8年)4月、参謀本部付勤務となり、同年7月から9月まで外蒙古旅行を実施[1]。同年12月、参謀本部員に異動し、1922年(大正11年)2月、歩兵少佐に昇進[1]1923年(大正12年)4月、支那公使館付武官補佐官に就任し、参謀本部付仰付(広東)を経て、1925年(大正14年)8月、歩兵中佐に進級し歩兵第33連隊付となる[1]。以後、参謀本部員、参謀本部付仰付(上海駐在)を務め、1930年(昭和5年)8月、歩兵大佐に昇進し参謀本部支那課長に着任[1][3]。満州事変前後、政商として知られた藤田勇から資金を出させ、関東軍を直接操作したといわれている[要出典]

1932年(昭和7年)1月、歩兵第76連隊長に転じ、第11師団参謀長を経て、1935年(昭和10年)3月、陸軍少将に進級し歩兵第11旅団長に就任[1][2][3]1937年(昭和12年)8月に台湾守備隊司令官に就任し[3]、翌月、重藤支隊長として中国に出征[1][2]1938年(昭和13年)1月、第10師団司令部付となり、同年3月、陸軍中将に進み、同月、予備役に編入[1][2][3]1939年(昭和14年)3月から1940年(昭和15年)10月まで満州労工協会理事長を務めた[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、78頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本陸軍将官辞典』363頁。
  3. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』228頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』225、228頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。