コンテンツにスキップ

長勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長 勇
Isamu Cho
生誕 1895年1月19日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1945-06-23) 1945年6月23日(50歳没)
日本の旗 日本 沖縄県
所属組織 大日本帝国陸軍
軍歴 1916 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

長 勇(ちょう いさむ、1895年明治28年〉1月19日 - 1945年昭和20年〉6月23日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴

[編集]

福岡県糟屋郡粕屋町出身。農業・長蒼生の長男として生まれる。中学修猷館熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1916年大正5年)5月、陸軍士官学校(28期)を卒業。陸士同期に白銀重二森赳中西良介近藤新八宮崎周一一木清直らがいる。同年12月、陸軍歩兵少尉に任官し歩兵第56連隊附となる。陸士予科生徒隊付などを経て、1928年昭和3年)12月、陸軍大学校(40期)を卒業。陸大40期には額田坦今井武夫片倉衷らがいる。

陸大卒業後の1929年(昭和4年)1月、歩兵第48連隊中隊長。次いで参謀本部附勤務(支那課)となる。1930年(昭和5年)に橋本欣五郎らと桜会を結成。同年12月、参謀本部部員。1931年(昭和6年)の三月事件十月事件を計画。橋本らと同様に処分を受けるが軽い処分で済んでいる。十月事件での長の役割は、首相官邸を襲撃し全閣僚を殺害するというもので、長は新内閣樹立の際は警視総監に就任する予定であったが保護検束されている[1]

1931年(昭和6年)8月、陸軍歩兵少佐に進級。1933年(昭和8年)8月、台湾歩兵第1連隊大隊長。第16師団留守参謀を経て、1935年(昭和10年)12月、陸軍歩兵中佐に昇進し参謀本部部員(支那課)となる。兼陸大教官、参謀本部附(漢口武官)を歴任する。

1937年(昭和12年)8月、第二次上海事変が勃発すると、上海派遣軍参謀として出征。中支那方面軍が編成されると同方面軍参謀を兼務する。同年12月、朝香宮鳩彦王指揮下の情報主任参謀として、南京攻略戦に参加。南京城外の長江の河港地域に難民約13万人が対岸に渡れず残っていると聞いて、「ヤッチマエ」と処刑するように命じ、それを知った中支派遣軍司令官の松井石根大将に窘められ、指示を取り消すような態度を取りながら、確認の電話に再度「ヤッチマエ」と命じた、という逸話がある[注釈 1]

1938年(昭和13年)3月、朝鮮軍隷下の歩兵第74連隊長となり、同年7月、陸軍歩兵大佐に進級。張鼓峰事件に参戦。1939年(昭和14年)3月、第26師団参謀長。台湾軍司令部付、印度支那派遣軍参謀長、第25軍参謀副長、陸軍省軍務局付などを経て、1941年(昭和16年)10月、陸軍少将に進級。同年11月、南方軍司令部附(仏印機関長)となり太平洋戦争大東亜戦争)に出征。

1942年(昭和17年)7月、兼軍務局附となり、第10歩兵団長、参謀本部附を歴任。1944年(昭和19年)3月、関東軍総司令部附。同3月1日より機動第一旅団長。同年6月に参謀本部附となり、同年7月、沖縄防衛を担当する第32軍の参謀長となる。1945年(昭和20年)3月、陸軍中将に進級。沖縄戦を戦うがアメリカ軍に追い詰められ、1945年6月23日(22日とする説もある)摩文仁丘の洞窟内の第32軍司令部で、第32軍司令官の牛島満大将とともに割腹自決。

最期について

[編集]

八原博通大佐の証言

[編集]

沖縄戦から生還した第32軍高級参謀の八原博通大佐は、自決しようとする長から「八原、後学のため余の最後を見よ」と言われ、自決の一部始終を見届けたと語っている。(但し他の目撃者の証言ではこのような発言は無かったとの証言もある。)

米国国立公文書館の記録

[編集]

長の最期については、元沖縄県知事大田昌秀が、米国国立公文書館で発見した米軍文書と長のものとされる遺骸が写された写真から、割腹自決では無く、青酸カリによる服毒自殺だったと主張している。しかし青酸カリは各将兵へ支給されていないため、自決は自刃か拳銃によるものが大半である。

6月25日、沖縄憲兵隊副官の萩之内中尉は米軍の要請により、摩文仁の軍司令部壕で牛島軍司令官と長参謀長の遺体を確認した[2]

遺体の一つは首がなかった。略章をつけた軍服に白い手袋。坂口中尉に介錯の作法を教えた萩之内さんは、それが故郷の先輩でもある牛島司令官と判断するのに時間はかからなかった。もう一方の遺体は敷布2枚をつなぎあわせた袋の中に入っていた。ズボンは軍服だが上着はなく白い肌着を着ているだけだった。その肌着には墨で「忠即尽命 尽忠報国 長勇」と書かれていた。そうした経験から萩之内さんは、米陸軍が撮影した両将軍の自決現場の写真を疑問視する。沖縄戦はまた多くの将兵たちが、自らの手で命を断った戦争でもあった。その写真の現場がどこであるのかを断定するには今となっては困難だ。[2]

墓所・家系

[編集]

逸話

[編集]
  • 参謀経験が豊富でありながら豪快な性格の猪突猛進型の軍人で、戦時国際法非戦闘員の保護)を軽視した[5]
  • 上記南京での約13万人の難民処刑命令のことと思われるが、田中隆吉はその著書に、長勇自身が「日本軍が鎮江に至ったとき、約三十万の中国兵が投降してきたので処刑した」「これで通州事件の復讐が出来た」と語ったことを書いている[6]。(司令官の松井石根は南京城市包囲完了後、保養地として知られた湯水鎮に滞在し、長勇もそこにいた。湯水鎮は南京行政区の中だが南京城市より鎮江市に近い場所にある。長勇自身が鎮江に行ったとき、約13万人の兵・市民らを処刑したの田中の記憶違いか。)
  • 徳川義親の晩年の回想録に、南京攻略戦直後に長勇が藤田勇に語った話として「南京城の一方から揚子江沿い沿いに女・子どもを交えた市民の大軍が怒濤のように逃げていく」「そのなかに多数の中国兵が紛れこんでいる」「そこで機関銃をすえている兵士に撃てと命じたが、兵士は躊躇して撃たなかった」「そこで激怒して『人を殺すのはこうするんじゃ』と軍刀でその兵士を袈裟懸けに切り殺した」「驚いたほかの兵隊が、いっせいに機関銃を発射し、大殺戮となった」とあり、「長は自慢げにこの話を藤田にしたので、藤田は『長、その話だけはだれにもするなよ』と口どめしたという」との話が出て来る[7]
  • 沖縄戦において、第32軍高級参謀の八原博通大佐が立案し、軍司令官の決裁を得ていた持久戦に徹する方針を転換し、嘉手納および読谷飛行場を奪回するため散発的な突撃を繰り返し実行させ、第32軍の戦力を大きく削ぐ結果となった[注釈 2]
  • 寝言をいう癖があった。寝ながら「母ちゃん痛い!」と幼少時の実母に折檻されている夢をみて叫んだり、「突撃! 突撃!!」「この分らず屋が!」と大きな声で怒鳴る事もあり、参謀たちから「寝ても起きてもうるさい人」と陰口を叩かれていたといわれる(長のこの癖は映画『激動の昭和史 沖縄決戦』でも描写されている)。
  • 1944年、沖縄県に配備された兵による強姦事件が発生した際、県当局の抗議に対し、第32軍参謀長の長は「こうした騒ぎが起きるのは慰安所がないからである」として、慰安所の設置を提案した[8]。しかし沖縄県知事の泉守紀が「ここは満洲や南方ではない。少なくとも皇土の一部である。皇土の中にそのような施設を作ることはできない」と拒否したことが、軍への非協力的態度とみなされ泉が沖縄戦直前に転任させられる一因になったという[8]が、実際の沖縄戦直前の転任は泉自身の転任工作によるものである。泉は沖縄県知事の仕事に嫌気が差しており、在任中の約1年半超の内の約3分の1の期間を出張などの名目で沖縄を留守にしていた。また、大蔵省の幹部を務めていた実兄ら親族や近しい知人幹部らに密かに転任工作を依頼しており、沖縄戦が始まる2ヶ月前の1945年1月に香川県知事として異動した。このため、「命惜しさに県民を見捨てて逃亡した卑怯者」と蔑視されることもある。
  • 第32軍司令部・管理部付衛兵司令の濱川昌也軍曹(沖縄出身)の証言によると、6月21日、米軍迫る摩文仁の司令部壕で、隣にいる軍司令官牛島満に声をかけた長は、「なあー閣下、「沖縄の住民は実によくやってくれた。日本国のどこが戦場になっても、これほど住民が協力してくれなかっただろう。伊平屋島天の岩戸があるとの事だが、この沖縄こそ、まさに高天原の国だ。大和の国発祥の地で生涯を終えるとは幸せだ」と話していたという[9]

長勇を演じた人物

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 松井石根の専属副官だった角良晴少佐の証言より。(『偕行』シリーズ(14))
  2. ^ ただしこの作戦は長の独断ではなく、大本営の指示を軍参謀長として斟酌したものである。戸部良一等『失敗の本質』第一章6「沖縄戦」参照。

出典

[編集]
  1. ^ 『昭和史の軍人たち』「長勇」
  2. ^ a b [125 32軍司令部壕(10)]牛島中将の遺体確認”. 琉球新報 (2010年1月27日). 2016年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月23日閲覧。
  3. ^ NTT労働組合 西日本本部  » 長勇(ちょういさむ)の墓”. NTT労働組合西日本本部 (2017年3月7日). 2018年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月23日閲覧。
  4. ^ 本郷 2015, pp. 124–126, 第6章 前田はなぜ100万石なのか-「北陸の関ヶ原」
  5. ^ 読谷村史「日中戦争」
  6. ^ 『裁かれる歴史』新風社、1948年。 
  7. ^ 『最後の殿様 -徳川義親自伝』講談社、1973年、173頁。 
  8. ^ a b 野里洋『汚名 第二十六代沖縄県知事 泉守紀』1993年 講談社
  9. ^ 濱川昌也『私の沖縄戦記 第三十二軍司令部秘話』P204

参考文献

[編集]
  • 阿部牧郎『豪胆の人 - 帝国陸軍参謀長・長勇伝』祥伝社、1997年。
  • 秦郁彦 編著『日本陸海軍総合事典』(第2)東京大学出版会、2005年。 
  • 秦郁彦『昭和史の軍人たち』文藝春秋、1982年。
  • 本郷和人『戦国武将の明暗』新潮社新潮新書〉、2015年。 
  • 濱川昌也『第三十二軍司令部秘話 私の沖縄戦記』那覇出版、1990年