安藤輝三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安藤 輝三
生誕 1905年2月25日
日本の旗 日本岐阜県
死没 (1936-07-12) 1936年7月12日(31歳没)
日本の旗 日本東京府
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1926 - 1936
最終階級 陸軍大尉
テンプレートを表示

安藤 輝三(あんどう てるぞう、1905年(明治38年)2月25日 - 1936年(昭和11年)7月12日)は、日本陸軍軍人

二・二六事件に関与した皇道派の人物の一人で、軍法会議で首謀者の一人とされ死刑となる。最終階級は陸軍大尉

略歴[ソースを編集]

岐阜県揖斐町生まれ。

宇都宮中学校を経て、1926年(大正15年)7月に陸軍士官学校38期生。同期に同じく皇道派で二・二六事件の首魁磯部浅一がいた。当時の陸軍士官学校校長は二・二六事件の黒幕とされる真崎甚三郎であった。

同10月陸軍少尉歩兵第3聯隊付。歩三においては秩父宮雍仁親王とともに勤務し親しく交わった。

1929年(昭和4年)10月陸軍中尉になる。

1934年(昭和9年)8月陸軍大尉になる。

1935年(昭和10年)歩兵第3聯隊第6中隊長。

中隊長となるにあたっては、部下、同僚からの信望が厚い一方で過激な青年将校たちと関係する安藤を危惧する連隊長井出宣時大佐に対して「誓って直接行動は致しませぬ」との証文を提出した。秩父宮からの口添えもあった。

秩父宮は「安藤、第六中隊の伝統を守ってくれよ」と激励した。また、元連隊長の永田鉄山軍務局長は「ほう、第六中隊長か。早いものだな。お前もとうとう中隊長か。歩三を立派な連隊にしてくれ、頼んだぞ」と喜んだ。

安藤は歩三の下士官と将校の教育を計画し、相談に乗った青木常盤が永田に申し入れると、永田は快諾して7000円の予算をさき、「安藤ならば大丈夫だ。教育構想、講師の人選、運営などは一切安藤に任せて、決して干渉はするな」と言った。統制派の筆頭だった永田からも信頼される安藤の人柄が伺われる。

決起に対しては慎重な態度を取り続け、あくまで合法的闘争の道を主張したため、磯部らは一時安藤抜きでの計画を検討した。

しかし安藤は最終的に、成功の見込みが薄いとは知りながらも、同志を見殺しにすることをよしとせず、直前の23日になって参加を決断した。だが反乱に巻き込まれた部下達は後に忌避され前線に送られ死ぬ者が多かった。

決断後は積極的に同志を集め、叛軍中最大勢力である歩三を統率して見せた。歩三からは全反乱部隊の総兵力の60%が参加した。

二・二六事件[ソースを編集]

事件以前1933年に、安藤は日本青年協会の富永半次郎青木常磐と共に鈴木貫太郎邸を訪問し、時局について話を聞いた事があり面識があった。

鈴木は安藤に親しく歴史観や国家観を説き諭し、安藤は大きな感銘を受けた。面会後、安藤は鈴木について「噂を聞いているのと実際に会ってみるのでは全く違った。あの人(鈴木)は西郷隆盛のような人で懐の深い大人物だ」と語っている。

後に鈴木は座右の銘にしたいという安藤の要望に応えて書を送っている。事件に際して安藤は鈴木を一時的に監禁することで済ませることはできないかと考えていた。

鈴木貫太郎襲撃[ソースを編集]

午前5時頃に鈴木貫太郎を襲撃した。はじめ安藤の姿はなく、下士官が兵士たちに発砲を命じた。鈴木は三発を左脚付根、左胸、左頭部に被弾し倒れ伏した。

血の海の中となった八畳間に安藤が入ると、「中隊長殿、とどめを」と下士官の一人が促した。安藤が軍刀を抜くと、部屋の隅で兵士に押さえ込まれていた鈴木の妻・たかが「お待ちください!」と大声で叫び、「老人ですからとどめは止めてください。どうしても必要というならわたくしが致します」と気丈に言い放った。

安藤はうなずいて軍刀を収めると、「鈴木侍従長閣下に敬礼する。気をつけ、捧げ銃」と号令し、たかの前に進み出て「まことにお気の毒なことをいたしました。

我々は閣下に対しては何の恨みもありませんが、国家改造のためにやむを得ずこうした行動をとったのであります」と静かに語った。

たかの「あなたはどなたです」の問いに官職もなにも付けず「安藤輝三」とのみ答えたと伝えられる。この後、女中にも自分は後で自決をする意思を伝え、兵士を引き連れて官邸を引き上げた。

鈴木は安藤処刑後に「首魁のような立場にいたから、止むを得ずああいうことになってしまったのだろうが、思想という点では実に純真な、惜しい若者を死なせてしまったと思う」と記者に対して述べている。

また「安藤がとどめをあえて刺さなかったから自分は生きることができた。彼は私の命の恩人だ」とも語っている。

終焉[ソースを編集]

決起には消極的だったものの、ひとたび起った後には誰よりも強い意志を貫いた。

山下奉文に唆され、一同が自決を考えた際も徹底抗戦を訴えてそれを退け、敗色が濃厚となる中、山王ホテルを拠点に最後まで頑強な抵抗を続けた。

投降を決断した磯部の説得にも「僕は僕自身の意志を貫徹する」として応じなかった。

大勢が決したことを悟ると、一同の前でピストル自殺を試みる。磯部は慌てて羽交い絞めにして押し止めたが、彼の決意は翻らなかった。

説得に訪れた伊集院兼信大隊長は「安藤が死ぬなら俺も自決する」と号泣し、部下たちもこぞって「中隊長殿が自決なさるなら、中隊全員お供を致しましょう」と涙ながらに訴えた。安藤は宿願だった農村の救済が出来ないことを悔やみつつ、部下たちには自分の死後も、その目標を果たすよう遺言した。

磯部はこの光景に感涙しつつも、「部下にこんなに慕われている人間が死んではならない」と必死に説いた。その間にも上層部は何とか安藤と兵たちを引き離そうと計るが、第6中隊の結束は固く、全員が靖国神社で死ぬ覚悟であった。

しかし安藤は兵を投降させることを決断し、「最後の訓示」を与えた後、皆で「吾等の六中隊」の歌を合唱するよう命じた。曲が終わった瞬間、安藤はピストルを喉元に発射して昏倒したが、陸軍病院における手術の末一命を取り留めた[注釈 1]

刑死[ソースを編集]

二・二六事件後、軍法会議で叛乱罪が申し渡され処刑された。家族から受け取った松陰神社のお守りを身に帯びていた。

録音盤[ソースを編集]

二・二六事件発生前に『北一輝とされる人物』と安藤との会話を盗聴した録音盤(レコード)が、関東戒厳司令部に残されていた。その記録では、北とされる人物から電話をかけて、「マル(金)はいらんかね」(活動資金は十分か)と言い、安藤は「まだ大丈夫です」と返答している。

しかし、北の逮捕後の証言などから、電話をかけたのは北ではなく、安藤に対し、カマをかけようとした憲兵ではないかと言われていたが、後に、作家・中田整一の調査によって、この通話は、何者かが北の名を騙(かた)って、安藤にかけたものであることが検証されている。詳細は中田整一『盗聴 二・二六事件』ISBN 4163688609参照。

その後は報道番組などにおいても、このレコードの声を、『北の声とされる音声』と紹介するにとどめ、NHKは現在、特集の再放送などで「北を名乗る別人の声」と注釈を入れている[1]

人物[ソースを編集]

下士官たちは「安藤大尉は、服はいつもよれよれで、決して威張ることのない優しい人でした」(『盗聴 ニニ六事件』中田整一)と安藤を回想している。一方家庭では物静かで「輝三さんは話をしますか」といった挨拶が親戚内で交わされるほどであったという。家族には計画のことは一切知らせず、妻は満州にいる兄や親戚からの問い合わせで初めて事件のことを知ったほどだった。

演じた俳優 [2][ソースを編集]

映画[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この一連の光景は磯部浅一の獄中遺書である『行動記』、および部下の前島清上等兵の手記(松本清張昭和史発掘』「二・二六事件 五」収録)で克明に記載されている。

出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK特集『戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」二・二六事件秘録』1979年放送、2017年2月26日再放送
  2. ^ 配役宝典 第六版 あ その9