中田整一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中田 整一
誕生 (1941-10-22) 1941年10月22日(78歳)
熊本県玉名市[1]
職業 ノンフィクション作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 九州大学法学部[1]
代表作 『満州国皇帝の秘録―ラストエンペラーと「厳秘会見録」の謎』
『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』
主な受賞歴 毎日出版文化賞
吉田茂賞
講談社ノンフィクション賞
配偶者 あり
テンプレートを表示

中田 整一(なかた せいいち、1941年10月22日[2] - )は、日本のノンフィクション作家

NHKプロデューサー、同局スペシャル番組部長、NHKエデュケーショナル常務、大正大学教授などを経て、現代史をテーマとする作家となる[3]

来歴[編集]

熊本県玉名市出身。九州大学法学部を卒業後、1966年NHKに入局。

『日本史探訪』や『歴史への招待』などの歴史教養番組の制作を担当した後、プロデューサーとして、NHK特集「ドキュメント昭和」やNHKスペシャルドキュメント太平洋戦争」など、特に昭和史を中心としたドキュメンタリー番組の制作に携る文化庁芸術祭優秀賞、日本新聞協会賞、放送文化基金本賞など受賞[3][4]

NHKで中田が手がけた二・二六事件に関する2作品では、裁判を担当した陸軍法務官・匂坂春平の遺族が保管していた裁判資料の公開にも貢献した。また、この2作品は放送・報道関係の賞を受賞した[3]

  • 「戒厳指令『交信ヲ傍受セヨ』二・二六事件秘録」 (1979年放送)、「放送文化基金本賞」を受賞。
  • 「二・二六事件 消された真実―陸軍軍法会議秘録」 (1988年放送)、「日本新聞協会賞」・「放送文化基金個人賞」を受賞。

退局後、作家となる。2005年『満州国皇帝の秘録 - ラストエンペラーと「厳秘会見録」の謎』で毎日出版文化賞吉田茂賞受賞。2010年『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』で講談社ノンフィクション賞受賞。

作風[編集]

ジャンルは主に昭和史で、ことに戦争時代に拘っている[1]。中田自身、開戦の年に生まれ、長崎に投下された原子爆弾キノコ雲を目にしている。また、「あの戦争は何だったのかということが総括されていない」という思いがあることから、「戦争の時代を生き、ジャーナリズムに身を置いた者として、過去未来の橋渡しが出来れば」と語っている[1]

仕事をする上で守り続けている事は「歴史は1次資料、1次証言者に語らせること」「複眼的な視点を持つこと」「実際に現場に立って考えること」の3つである[1]

私生活[編集]

2010年現在、東京都日野市に妻と暮らしている。2004年頃に山口市にも住居を構え、行ったり来たりの生活を楽しんでいる[1]

著書[編集]

編著・解説
  • 『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』講談社、2007年

主なドキュメンタリー作品[編集]

※プロデューサーとして関わったもの

NHK特集
  • 戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」〜二・二六事件秘録(1979年2月26日)
  • 二・二六事件 消された真実〜陸軍軍法会議秘録(1988年2月21日)
  • ドキュメント昭和(全10回・1986年4月7日 - 1987年4月27日)
NHKスペシャル
  • ドキュメント太平洋戦争(全6回・1992年12月6日 - 1993年8月15日)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 2010年9月5日号『熊本日日新聞』(熊本日日新聞社)、3面「人」より
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.459
  3. ^ a b c 『盗聴 二・二六事件』文藝春秋、2007年、ISBN 4167773430
  4. ^ NHKオンデマンド・サイト [1] の最後の写真入り紹介文より。

外部リンク[編集]