伊藤整一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 整一
Ito Seiichi.jpg
生誕 1890年7月26日
日本の旗 日本 福岡県三池郡高田町
死没 1945年4月7日
日本の旗 日本 鹿児島県坊ノ岬沖
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1911年 - 1945年
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
テンプレートを表示

伊藤 整一(いとう せいいち、1890年(明治23年)7月26日 - 1945年(昭和20年)4月7日)は、日本海軍軍人福岡県三池郡高田町(現・みやま市)出身。海軍兵学校39期。最終階級は海軍大将

生涯[編集]

1890年明治23年)7月26日、福岡県三池郡高田町(現・みやま市)に生まれる。1911年(明治44年)7月海軍兵学校39期を卒業。海軍兵学校同期に遠藤喜一高木武雄山県正郷岡敬純角田覚治原忠一などがいる。

1927年昭和2年)5月、少佐でアメリカに派遣。アメリカに滞在していた時、レイモンド・スプルーアンスと深い親交を結んだ。伊藤が戦死した坊ノ岬沖海戦の際、米指揮官として攻撃命令を下したのはスプルーアンスであった。

太平洋戦争開戦直前の1941年(昭和16年)8月11日に軍令部次長に就任し、開戦前の国策会議に参画。開戦後、日米交換船で帰国した海軍の駐米大使館武官・横山一郎に対してアメリカの最新動向に関する質問を伊藤自身が行ったというエピソードが残る。最初、アメリカの太平洋方面の日本への反攻経路を横山に質問し、横山はサイパン・硫黄島等と回答した。そして、伊藤は、この戦争がどのように終結するかを検討するように、横山に依頼した。横山は、じっくり検討した末、どのようにしても日本の敗戦は避けられず、うまくいっても日清戦争以前に日本の状況は戻ると、伊藤に報告した。その報告の結果を聞いても伊藤は何も怒らなかったので、横山は伊藤の人格に感心した[1]

1944年(昭和19年)6月、マリアナ沖海戦の敗北後、第三四一海軍航空隊岡村基春大佐から航空特攻決行の意見具申を受けた第二航空艦隊司令長官・福留繁中将は上京して、岡村の上申を伊藤に伝えるとともに中央における研究を進言した。伊藤は総長への本件報告と中央における研究を約束したが、まだ体当たり攻撃を命ずる時期ではないという考えを述べた[2]

12月23日、第二艦隊司令長官に補される。1945年(昭和20年)4月5日、伊藤は戦艦「大和」による海上特攻である天一号作戦参加を命令される。伊藤は無謀な作戦になかなか納得しなかったが、連合艦隊参謀長・草鹿龍之介中将から「一億総特攻の魁となって頂きたい」と言われると「そうか、それならわかった」と即座に納得した[3]。配属したばかりの士官を降ろしたのち、4月7日坊ノ岬沖海戦において大和はアメリカ航空艦隊の艦載機による総攻撃により撃沈、作戦中止の具申と駆逐艦による大和生存者救助を命じた後、伊藤は大和の長官室に残り、戦死した。4月7日付で海軍大将に特進。戦没者殊勲として勲一等旭日大綬章を受章。

天一号作戦の際、鹿屋基地司令官であった宇垣纏中将は、出撃中の第二艦隊に対して途中まで護衛戦闘機隊を出撃させたが、その護衛戦闘機隊の中に伊藤の長男である伊藤叡(あきら)中尉搭乗の零式艦上戦闘機も含まれており、父親の最期を空から見送った(伊藤叡中尉は4月28日の沖縄海域における特攻で戦死)[4] 。伊藤は愛妻家であり、残される妻や子供に「親愛なるお前様に後事を託して何事の憂いなきは此の上もなき仕合せと衷心より感謝致候 いとしき最愛のちとせ殿」という遺書を残していた。

年譜[編集]

演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『提督 伊藤整一の生涯』吉田満 文芸春秋社(1977年)
  2. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 p333
  3. ^ 戦史叢書93大本営海軍部・聯合艦隊(7)戦争最終期p274-275
  4. ^ 宝島社刊『僕たちの好きな戦艦大和』2006年より

関連文献[編集]

  • 星亮一『伊藤整一―戦艦「大和」に殉じた至誠の提督』
  • 吉田満『提督伊藤整一の生涯』
  • 今野敏『提督たちの大和 小説伊藤整一』

関連項目[編集]


先代:
栗田健男
第二艦隊司令長官
第34代:1944年12月13日 - 1945年4月7日
次代:
(解隊)