西田税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしだ みつぎ
西田 税
Nishida Mitugi1.JPG
生誕 1901年10月3日
日本の旗 日本鳥取県米子市博労町
死没 (1937-08-19) 1937年8月19日(35歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 陸軍予備役思想家

西田 税(にしだ みつぎ、明治34年(1901年10月3日 - 昭和12年(1937年8月19日)は、日本陸軍軍人思想家

日本改造法案大綱を著し国家改造論者として知られる北一輝と親交を持つようになったことから、国家革新の志をさらに大きくするようになったという。西田の思想は革新的な青年将校から絶大に信奉されたが、昭和11年(1936年)の二・二六事件で国家転覆を図った首謀者の一人として逮捕され、翌昭和12年(1937年)、北とともに刑死した。

経歴[編集]

明治34年(1901年)10月3日、鳥取県西伯郡米子町大字博労町(現在の米子市博労町)に仏具店を営む父・西田久米造、母・つねの次男として生まれた。

大正3年(1914年)3月啓成尋常小学校卒業。

同年4月米子中学校(現在の米子東高校)入学[注釈 1]

大正4年(1915年)9月広島陸軍地方幼年学校入学。

大正7年(1918年)7月広島陸軍地方幼年学校を首席で卒業[1]。9月陸軍中央幼年学校入学[1]

同年10月福永憲を知る[1]

大正8年(1919年)4月武断党と闘う[1]。10月宮本進三好達治片山茂生平野勣を知る[1]

宮本を通じ、西岡元三郎を知り、西岡から黒竜会の機関誌『亜細亜時論』の編集者長崎武を紹介される[1]黒龍会本部を訪れる[1]玄洋社の総帥頭山満の門をたたく[1]大正9年(1920年

陸軍中央幼年学校卒業
(西田税18歳)

3月陸軍中央幼年学校を卒業(成績250名中12番)[1]

福永、三好と共に朝鮮行きを志願[1]。4月士官候補生として朝鮮羅南騎兵第二十七連隊付[1]日蓮立正安国論を愛誦す[1]

同年10月陸軍士官学校入学[2]。急進派の同志宮本進、三好達治片山茂生、福永憲等と新たな結束を誓う[2]。帝大教授鹿子木員信の紹介で、印度独立の志士ラス・ビハリ・ボースと交遊[2]


大正10年(1921年)9月青年亜細亜同盟を結成、長崎武に援助を乞う[2]

大正11年(1922年)4月宮本、片山に付き添われ猶存社北一輝と会見[2]

同年5月帰郷中、山陰日日新聞に「純正日本の建設」を発表[2]

同年6月北一輝著「日本改造法案大綱」及び朝日平吾手記「斬奸状」を校内で印刷配布[3]秩父宮改称の奉祝宴に於いて、宮より杯を賜る[3]

同年7月陸軍士官学校卒業(第34期、騎兵科30名中12番)[3]。猶存社に北一輝を訪ねる[3]

同年10月陸軍騎兵少尉正八位に叙せらる[3]

大正13年(1924年)2月父親が死去[4]

同年3月西田家の家督相続届出[4]。6月広島転任の命を拝す[4]大川周明安岡正篤との交遊始まる[4]

大正14年(1925年)3月秩父宮来陰[5]。夜、松江の御旅舎に伺候[5]。宮の特別列車に乗車[5]。侍官随員を退けて進言する[5][注釈 2]

同年5月病気(肋膜炎)を理由として、依願予備役となる[5]

同年9月米子町議会議員選挙が行われた。この選挙に際し、税は野田雪哉を片腕として町政革新総同盟を結成。選挙の結果、同志八名が当選した。

大正15年(1926年)2月代々木山谷に一戸を構える[6]。8月未決監入り[6]

昭和2年(1927年)2月保釈出所[6]。7月天剣党運動を開始[6]

昭和3年(1928年)民間右翼と接触を深める[6]

昭和4年(1929年)3月、不戦条約御托准秦請反対同盟に参加[6]。国民戦線社に参加[6]。5月信州国民党結成[6]。同年11月、信州国民党解散、日本国民党結成、統制委員長となる[6]

昭和7年(1932年)1月、衆院選挙で鳥取市出身の由谷義治代議士を応援[6]

同年2月に血盟団事件[6]

同年5月15日、西田は血盟団川崎長光から裏切り者として銃撃され[6]、出血多量で瀕死の重傷を負う[注釈 3]

昭和10年(1935年)12月に相沢事件を起こした陸軍青年将校相沢三郎の公判を支援[6]。新聞「大眼目」を発行、国体明徴と粛軍と維新は三位一体であると強調し、相沢中佐の一挙は陸軍内部の毒虫を誅罰した快挙であると主張[7]。相沢事件の前日、相沢は西田の千駄ヶ谷の家に泊まっていた。

昭和11年(1936年)2月、二・二六事件[6]の直前に磯部浅一らによる決起の意思を妻を通して聞かされ、「今までは反対してきたが、もう止められない、黙認する。軍人だけにやらせる」と発言[8]

同年 3月角田猛男男爵邸で逮捕される[9][注釈 4]

昭和12年(1937年8月19日銃殺刑に処せられる。享年36。

墓は米子市法城寺

昭和61年(1986年)9月に西田を慰霊する五輪塔が法城寺に建立される。

家族 親族[編集]

前列左より母・つね、五男・正尚、祖母・しか、四男・博、父・久米造、長女・由喜世、三男・弼、後列左より二女・茂子、星野義人(長女の夫)、、長男・英文
大正3(1914)年、西田家の人々)

西田家[編集]

鳥取県米子市博労町
西田家は屋号を“ぶしや”といい、仏像位牌を彫り商うことを家業としていた[10]。家伝によると、西田家の祖・太平(は文周)は現在の鳥取県東伯郡北栄町(旧北条町)の出身[注釈 5]で、京都での修行後、米子に居を構えた[10]天保年間(1830年1844年)のことである[10]。爾来、西田家に男子なく、3代に亘り婿養子を迎えた[10]。父・久米造(旧姓小竹)もその1人で、当時、鳥取県巡査を拝命していたが、明治20年(1887年)、西田家に入籍し家業を継いだ[10]
税は西田家について、自伝の中で「我が家を古今一貫して流るるものは戦闘的精神である[11]。破邪顕正の赤い血であった[11]。もと我家が現を称て世に立てるは、今より程遠くもなき幕末の世にして、余を以て僅(わず)かに第五代とする[12]。始祖文周以前の事は明らかでない[12]。唯々“遠祖は伯耆羽衣石城主・南条虎熊の家臣穴谷平八郎なりし”と伝え聞くのみである[12]。」と書いている。
  • 曾祖母・しま[13]
  • 祖母・しか[13]
  • 父・久米造岩井郡岩戸村、小竹哲次郎四男[13]仏師・鳥取県巡査
  • 母・つね(米子町大字博労町、西田万次郎(旧姓岡本)の長女[13]
  • 兄・英文
兄・英文は西田より六歳の年長であったが、文字通り郷党の信望をあつめた俊秀であったという[14]大正4年(1915年)10月、角盤高等小学校教師であった英文は、耳疾のためわずか21歳の若さで他界した[14]。西田はその頃広島陸軍地方幼年学校に在校しており、葬儀がすんでから兄の訃報を知らされ、悲泣の思いに堪えなかったとその自伝にしるしている[14]。長姉星野由喜世によれば「英文が生きていたら税の人生は変っていたでしょう[15]。陸軍を退くことは許さなかったと思います[15]。まして革命運動に身を投ずるようなことは反対したと思います[15]。税が陸軍に志望するようになったのは、父の言動もありますが、英文の影響が大きいと思います[15]。国家の大事を双肩に荷なうのは軍人である[15]大西郷のような人物になれと励ましたのは英文でしたから[15]。それにしても英文は立派でしたね、弟ながら男の中の男という感じでした」という[15]
由喜世鳥取市湯所町、星野義人の妻[13]
茂子西伯郡東長田村、村田秀善の妻[13]
同妻・悦栄旧姓村田[13]
同妻・境港市中町、村上栄二長女[13]
正尚
同妻・綾子旧姓菊地[13]
1979年放送のNHK特集『戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」 二・二六事件秘録』に出演し、2・26事件当時を回想している(事件当時の栗原安秀との電話での会話の傍受録音も放送されている)。この内容は、番組のプロデューサーであった中田整一の著書『盗聴 二・二六事件』(2007年、文藝春秋)に収録されている。

                  

略系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太平(文周)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
万次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久米造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由喜世
 
英文
 
茂子
 
 
 
 
 
正尚
 

資料[編集]

  • 因伯時報(昭和12年8月16日付)
    • 判決の知らせを聞いた実母つねの心境
『税が大変世間を騒がせて相すみませんでした。税は少年時代から全然変わった子供で絶対に無口で必要以上の口をきかず啓成校から米中に進み広島幼年学校に入り陸士に進んで騎兵少尉となりましたがどうしたものか突然兵籍を脱してしまひ大正十三年大正十四年四月三日の夜郷里を発って東京へ行ったのでした。
思へばこの時既に税の心中には大きな変革が起こってゐたのでせう。何故兵籍を脱したか本人以外は誰も知らずにゐたのでした。税が今日のやうになったのは長兄英文の感化によるものと思ひます。英文は米中卒業後病のため充分成績をあげることができなかったのを悲しみ税だけは自分の代わりに思ひ通りに教育させてくれといひ一切英文が独断で幼年学校にも入れたものでした。その英文は二十一で死亡したのですがその時の遺書に「自分は病気で斃れたが税はきっと天皇の御役に立つでせう」とありました。税には昨年十月面会したが委しいことは語ってくれずいかなることがあっても決して驚いてはならぬといったので私もお前の気持ちはよく知っている世間がいかに白眼視しても母は天寿を完すると申し渡しておきました』
『本人は兄の遺志を体して御国のためにやったでせうが税のしたことは果して国家のためだったでせうか。税の心中を思ふと私の心も乱れ勝ちです』と語り終わった。

参考文献[編集]

  • 『鳥取県大百科事典』(編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会)1984年 766頁
  • 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』 米子市教育委員会 1999年

関連項目[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中学校には二年生の一学期までの期間在学した。同級生たちの回想によると、啓成小学校でも、米子中学校でも、親友とよべる友人は一人もいなかったという。西田の少年時代は孤独であった(『西田税 二・二六への軌跡』36頁)。
  2. ^ この汽車には松江までお出迎えした鳥取県知事白上佑吉西伯郡真野庄太郎、米子町長西尾常彦らが同乗していた。西田と米子中学校(現在の米子東高校)で同期だった福島哲は「西田が秩父宮様と汽車で御同車して談笑していたことは出迎えの西尾町長がびっくりして帰って役場で話し町中の大評判になったものだ。今とちがって、天子さまの第二皇子といえば、それこそ雲の上の人、町長署長でも緊張してコチコチに固くなっていたものだ。それを町の名もない仏具屋の小倅(こせがれ)にすぎない西田が、殿下とさしで話していたというのだから、町の評判にならぬ筈がない。西田の奴、大したもんだ。陸軍大将間違いなしだというので同級生は、わが事のように喜んだのを記憶している。それが間もなく軍人を止めたという噂に、またまたびっくりしたものだ」と述べている(『西田税 二・二六への軌跡』113頁)。
  3. ^ 西田を看護する北一輝の献身ぶりは肉身以上のものであり、わが命に替えても西田の一命を救いたいとの思いが詰めかけている陸軍の青年将校に伝わり、それが一層西田派の連繋を強固なものにしていった(『米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵西田税資料 33頁』)。
  4. ^ 青年将校のクーデターに対して、昭和天皇がひどくお怒りの様子であることを知り「国民の天皇」を持論としていた西田は悲痛な絶望感にとらわれた。「俺は殺されるとき、天皇陛下万歳は言わないで、黙って死ぬるよ」という税の言葉が、面会に行った姉・茂子につたえられている。(『米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵西田税資料 36頁』)
  5. ^ 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵西田税資料』2頁によれば、「北条町で調査をしたが、ついに何らの手がかりも得られなかった。」という。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』15頁
  2. ^ a b c d e f 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』16頁
  3. ^ a b c d e 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』17頁
  4. ^ a b c d 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』18頁
  5. ^ a b c d e 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』19頁
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』29頁
  7. ^ 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵西田税資料 31頁』
  8. ^ 戒厳指令「通信ヲ傍受セヨ」 二・二六事件秘録』でのはつ夫人のインタビューより
  9. ^ 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』34頁
  10. ^ a b c d e 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』1頁
  11. ^ a b 『日本人の自伝11』297頁
  12. ^ a b c 『日本人の自伝11』298頁
  13. ^ a b c d e f g h i j 米子市文化財資料集 山陰歴史館所蔵 西田税資料』2頁
  14. ^ a b c 須山幸雄『西田税 二・二六への軌跡』34頁
  15. ^ a b c d e f g 須山幸雄『西田税 二・二六への軌跡』35頁

外部リンク[編集]