栗原安秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗原 安秀
くりはら やすひで
Yasuhide Yurihara.jpg
生誕 (1908-11-17) 1908年11月17日
日本の旗 日本 島根県松江市
死没 (1936-07-12) 1936年7月12日(27歳没)
日本の旗 日本 東京府東京市
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
皇道派
軍歴 1929 - 1936
最終階級 陸軍歩兵中尉
テンプレートを表示

栗原 安秀(くりはら やすひで、明治41年(1908年11月17日 - 昭和11年(1936年7月12日)は、日本陸軍軍人国家社会主義者。1936年2月26日に勃発した二・二六事件に参加した。磯部浅一に並ぶ急進派として知られる。最終階級は陸軍歩兵中尉

略歴[編集]

1908年11月17日、島根県松江市に生まれる(東京在籍)。父は佐賀県出身の陸軍大佐・栗原勇。父の転勤に従い、北海道旭川で暮らしている。二・二六事件において処分された斎藤瀏とその娘で歌人の斎藤史とは家族ぐるみの付き合いをしていた。坂井直もこの頃の幼馴染である。大きくなっても、斎藤史からは「クリコ」と呼ばれていた。

東京に戻り、名教中学校(現・東海大学付属浦安高等学校・中等部)4年修了で、1925年(大正14年)4月、陸軍士官学校予科に入校。41期生で、同期には中橋基明対馬勝雄がいる。栗原は中学生当時から『国家改造』について雄弁に語っていたが、この頃は仲間を見つけて議論、または自身で歴史研究するだけで実行する気はまだなかったらしい。同年8月から約4ヶ月に栗原が陸士予科で所属した第3中隊第4区隊の区隊長は今井武夫中尉が務めていた。

1929年陸軍士官学校(本科、兵科は歩兵)卒業。卒業時の歩兵科席次は130名中24番(全兵科239人中で49番)。見習士官を経て陸軍歩兵少尉任官、歩兵第1連隊付の連隊旗手となる。

十月事件前に皇道派先輩方の薫陶を受け、自分以外にも革新思想をもった同期が多数いる事を知った栗原は1933年救国埼玉青年挺身隊事件に関連。主犯格にも似た立場であったが、自身に処分はなかった。しかし同期で盟友の中橋基明中尉は規律厳しい近衛師団近衛歩兵第3連隊に属していた為か満州に飛ばされた。

1935年(昭和10年)8月12日に統制派の永田鉄山軍務局長を皇道派の相沢三郎が殺害した相沢事件が発生した。さらに第1師団が満州に移されるとの憶測があり、栗原自身も救国埼玉青年挺身隊事件への関与を理由に処分されるのではとの噂があった。

常日頃から「ヤルヤル」と言っていた栗原は(あだ名は「ヤルヤル中尉」)、「老人」の相沢に先を越されたこともあり行動に移さざるを得なくなった。栗原は磯部に決起を持ちかけ磯部も同意した。栗原は、「部隊を掌握しており下士官も決起に参加させられる」と主張したため、当初は五・一五事件のように将校のみによる少人数で行う予定だった計画は、組織的に部隊を動かす大規模な計画へと移行した。実際には栗原の所属する歩兵第1連隊からは全反乱部隊の三割が参加したに過ぎず、参加人数の大半は部下の信望が厚かった安藤輝三歩兵第3連隊から出されることになった。

二・二六事件[編集]

1936年2月26日午前5時頃、岡田啓介総理がいる首相官邸の襲撃を指揮した。総理の義弟・松尾伝蔵を総理本人と誤認したため岡田の暗殺には失敗した。

午前9時頃、栗原の指揮する部隊が朝日新聞社を襲撃し、活字ケースをひっくり返し、その後は日本電通東京日日報知国民時事新報の各新聞社、および通信社をまわって、決起趣意書の掲載を要求する。その夜は、中橋隊と共に、首相官邸に宿営する。

西田はつ(西田税の妻)や斎藤瀏らと頻繁に電話で連絡を取る。その多くは戒厳司令部により録音されていた。

2月28日陸相官邸に集まり、山下奉文中将から宮中の雲ゆきがあやしい事を聞き悔しさや宸襟を悩ませたことに責任を感じ自刃を決意するも、29日奉勅命令が出されたが裁判での徹底抗戦を叫んだ。同日午後0時50分、反乱部隊将校が免官となる。午後1時前、安藤隊を除いて、栗原隊も帰順する。反乱将校として、陸相官邸に集められる。

3月2日午後3時25分、反乱部隊将校20名の地位・階級が返上されたことが発表される。4月28日、将校達に関する特設軍法会議の初公判が開かれる。陸軍刑務所では常に周りの将校を励まし、裁判の場においては部下の将校をかばっている。7月5日、特設軍法会議の判決(死刑)が下される。このとき栗原は一言、「多すぎたなあ」と呟いたという。その後悔しさ紛れに遺書を書いたが、みっともないのでこれは処分してくれと刑務官に頼んだものの結局残されて戦後公開された。この遺書は3通残されており、両親、妻に宛てたもの、そして裁判の不当を告発して「我らを虐殺せし」幕僚に報復を誓い、彼らが滅びぬなら「全国全土をことごとく荒地となさん」、という呪詛に満ちたものであった。死刑判決直後には看守を通じて同じ刑務所にいた斎藤瀏にメモを送った。そこには、「おわかれです。おじさん最後のお礼を申します。史さん、おばさんによろしく クリコ」と書かれていたという。処刑前は仲間達と死んでもなお昭和維新を断行する意思を語り合った。

7月12日午前7時、代々木の陸軍刑務所にて銃殺刑に科せられ、刑死。

人物[編集]

斎藤瀏には、「時々駄法螺をふき、又豪傑ぶる癖」があったと評価されていた。また、周囲からも「大言壮語」が過ぎる、「いるも『やるやる』といい、かえって同志たちの嘲笑を買」っていたと証言されている。

辞世の句は次の通り。 『大君に 御國思ひて 斃れける 若き男乃子の 心捧げん』 また幼馴染の斎藤史はのちに、栗原について下記の歌を詠んでいる。

  • わが道やここに在りきとかへりみむ三十に足らぬ一生(よ)をあはれ
  • 天皇陛下萬歳と言ひしかるのちおのが額を正に狙はしむ
  • ひきがねを引かるるまでの時の間は音ぞ絶えたるそのときの間や

煙草はチェリーを好んでいた。

登場する作品[編集]

参考文献[編集]

  • 図説 2・26事件(太平洋戦争研究会編、平塚柾緒著)
  • 妻たちの二・二六事件(澤地久枝著)
  • 雪はよごれていた(澤地久枝著)
  • 二・二六事件裁判記録・決起将校公判廷(池田俊彦編)
  • 二・二六事件秘録1~3/別冊(林茂 他)
  • 昭和史発掘5~6(松本清張著)
  • 叛徒 2.26事件と北の青年将校たち(北海道新聞社)
  • 幻の日中和平工作 軍人今井武夫の生涯(高橋久志監修・今井貞夫著)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]