林茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 茂(はやし しげる、1912年5月4日 - 1987年7月3日)は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。専門は日本政治史。和歌山県生まれ。

略歴[編集]

  • 1932年 第一高等学校文科乙類卒業
  • 1936年 東京帝国大学法学部政治学科卒業、同大学院入学。
  • 1938年 東京帝国大学大学院退学。
  • 1942年 京城帝国大学法文学部助教授(-1946年)
  • 1943年 陸軍に臨時召集。
  • 1948年 東京大学社会科学研究所助教授(-1956年)
  • 1956年 東京大学社会科学研究所教授(-1973年)
  • 1973年 東京大学名誉教授、神奈川大学法学部教授(-1976年)
  • 1976年 津田塾大学学芸学部教授(-1981年)
  • 1981年 津田塾大学学芸学部準専任教授(-1986年)
1982年から84年までオックスフォード大学ニッサン・インスティテュート教授。
『日本の歴史(25)太平洋戦争』新装版の著者紹介文では、オックスフォード大学・聖アントーズカレッジ英語: St Antony's College, Oxford日本研究所教授という文がある。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

編纂史料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木隆 (文庫新装版「解説」『日本の歴史25 太平洋戦争』、p.543 中央公論新社、2006年。ISBN 978-4122047426
  2. ^ 伊藤隆『歴史と私 史料と歩んだ歴史家の回想』(中公新書、2015年)、51-53頁