林茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 茂(はやし しげる、1912年5月4日 - 1987年7月3日)は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。専門は日本政治史。和歌山県生まれ。

略歴[編集]

  • 1932年 第一高等学校文科乙類卒業
  • 1936年 東京帝国大学法学部政治学科卒業、同大学院入学。
  • 1938年 東京帝国大学大学院退学。
  • 1942年 京城帝国大学法文学部助教授(-1946年)
  • 1943年 陸軍に臨時召集。
  • 1948年 東京大学社会科学研究所助教授(-1956年)
  • 1956年 東京大学社会科学研究所教授(-1973年)
  • 1973年 東京大学名誉教授、神奈川大学法学部教授(-1976年)
  • 1976年 津田塾大学学芸学部教授(-1981年)
  • 1981年 津田塾大学学芸学部準専任教授(-1986年)
1982年から84年までオックスフォード大学ニッサン・インスティテュート教授。
『日本の歴史(25)太平洋戦争』新装版の著者紹介文では、オックスフォード大学・聖アントーズカレッジ(英語: St Antony's College, Oxford)日本研究所教授という文がある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近代日本の思想家たち――中江兆民・幸徳秋水・吉野作造』(岩波書店[岩波新書], 1958年)
  • 『日本の歴史(25)太平洋戦争』(中央公論社, 1967年/中公パックス, 1971年/中公文庫, 1974年/改版, 中公文庫, 2006年)
林の単著とされているが、実際には大半が東京大学社会科学研究所周辺の中堅・若手研究者が分担執筆したものを林が監修したものと伝えられる(どの部分をどういった研究者が執筆したのかは書かれていない)[1]。なお、伊藤隆によれば、伊藤と坂野潤治古屋哲夫大島太郎大畑篤四郎鳥海靖らが分担して執筆し、「ご本人が一行も書かないまま、その名前で刊行され」た[2]
  • 『湯浅倉平』(湯浅倉平伝記刊行会, 1969年)
  • 『近代日本政党史研究』(みすず書房, 1996年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『人物・日本の歴史(14)戦争の時代』(読売新聞社, 1966年)
  • 『明治文学全集(13)中江兆民集』(筑摩書房, 1967年)
  • 『昭和初年』(平凡社, 1975年)

共編著[編集]

編纂史料[編集]

原奎一郎は原敬の養嗣子である。
  • 『二・二六事件秘録(全3巻・別巻)』(小学館, 1971-72年)

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木隆 「解説」(新装版・中公文庫 『日本の歴史25 太平洋戦争』 ISBN 978-4122047426 中央公論新社、2006年、p.543。
  2. ^ 伊藤隆『歴史と私 史料と歩んだ歴史家の回想』(中央公論新社、2015年)、51-53頁