野中四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野中 四郎
のなか しろう
Shirou Nonaka.jpg
生誕 1903年明治36年)10月27日
日本の旗 日本 岡山県岡山市
死没 1936年昭和11年)2月29日
日本の旗 日本 東京府東京市
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1924 - 1936
最終階級 陸軍大尉
テンプレートを表示

野中 四郎(のなか しろう、1903年明治36年)10月27日 - 1936年昭和11年)2月29日)は、日本陸軍軍人

二・二六事件の中心人物の一人。最終階級は陸軍大尉

生涯[編集]

岡山県岡山市出身。陸軍軍人であった野中勝明の四男で、叔父・類三郎の養子となっている[1]東京府立第四中学校陸軍幼年学校卒業。1924年(大正13年)7月、陸軍士官学校卒業(36期)。1933年(昭和8年)、歩兵大尉となる。

野中自身は職務に熱心で、派閥抗争や革新運動にも名が上がらず、西田税の聴取書でも「面識がない」とされた[2]

1936年(昭和11年)2月26日、二・二六事件で約500名の下士官を率いて警視庁及び桜田門付近を占拠。29日、山下奉文少将自決を促され、叛乱の責任を取って陸相官邸拳銃自殺した。自殺に際しては、旧知の間柄であった井出宣時大佐-(当時)が立ち合い、遺書を預かっている[3]。原隊(歩兵第3連隊)での通夜の後、四谷の自宅に遺体が届けられた。戒名は直心院明光義剣居士。

3月2日、妻・美保子は新聞各社の取材攻勢に対し、夫の行動を世間に詫びる手記を発表した。これは事件に関与した将校の未亡人が発表した唯一の手記となっている[4]。美保子夫人は一人娘と共に実家に帰り、北陸地方で図書館に勤務した[5]

親族[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 澤地1975 p.87
  2. ^ 澤地1975 p.86
  3. ^ 澤地1975 p.87-88
  4. ^ 澤地1975 p.88-90
  5. ^ 澤地1975 p.95

関連項目[編集]