村中孝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村中 孝次
むらなか たかじ
生誕 1903年10月3日
日本の旗 日本 北海道旭川市
死没 1937年8月19日
日本の旗 日本 東京府東京市
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1922年 - 1937年
最終階級 陸軍歩兵大尉
除隊後 二・二六事件首謀者
テンプレートを表示

村中 孝次(むらなか たかじ[1][注釈 1]1903年10月3日 - 1937年8月19日)は、日本陸軍軍人皇道派国家社会主義者。

経歴[編集]

1903年10月3日、北海道旭川市に生まれた。

札幌第一中学校仙台陸軍地方幼年学校を経て、陸軍士官学校37期。

歩兵第27連隊付・士官学校区隊長を経て、1932年歩兵第26連隊付。

同年陸軍大学校に進むが中退。この頃から皇道派青年将校グループの中心人物として知られるようになり、維新同志会西田税らと交遊。

1934年、陸軍大尉。同年磯部浅一らとともにクーデター未遂容疑で検挙され、休職となる(陸軍士官学校事件)。

1935年、磯部と「粛軍に関する意見書」を作成・配布し、免職となった。

また、真崎甚三郎教育総監の更迭は永田鉄山軍務局長を中心とした統制派の皇道派弾圧の陰謀であるとする「真崎教育統監更迭事情」を作成し、相沢三郎中佐に送付。同年の永田軍務局長殺害事件(相沢事件)の遠因を作った。

1936年二・二六事件の首謀者の一人となり、死刑を宣告される。

1937年8月19日に磯部や、西田と共に銃殺刑に処された。辞世の句を遺しており、

ただ祈り いのりつづけて 討たればや すめらみ国の いや栄えよと[2]

であった。享年35(満33歳没)。

登場する作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『国史大辞典』は「こうじ」とする。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本人名大辞典』による。
  2. ^ 『勇猛・悲壮 辞世の句150 戦国武将・維新志士・帝国軍人…日本男児が遺した最期の言葉!』166P

関連項目[編集]