山谷 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度43分42.673秒 東経139度48分5.053秒 / 北緯35.72852028度 東経139.80140361度 / 35.72852028; 139.80140361

清川二丁目のドヤ街

山谷(さんや)とは、東京都台東区北東部にあった地名。現在の清川日本堤東浅草付近を指した[1]。一時期、遊郭が置かれたことから、吉原遊郭を指す場合もあった[1]。安宿が多かったことから労働者が集まるようになり、東京都台東区・荒川区にある寄せ場(日雇い労働者の滞在する場所、俗に言うドヤ街)の通称(旧地名)として使われる様になった。交通の便がよく、格安ホテルがあることから、2000年代以降は、バックパッカーを含む訪日外国人の宿泊地としても人気を集めている。

後述のとおり、荒川区にも関係するもので、本項目は「山谷 (東京都)」というが、東京都には、他にも「山谷」という旧地名が多くある。それらについては、山谷を参照。

概要[編集]

泪橋交差点
玉姫公園
玉姫公園の公衆便所
山谷日雇労働組合の看板

奥州街道(奥州道中)・日光街道(日光道中)に沿った地域であり、江戸時代から木賃宿[2]が集まる場所であった。現在も簡易宿泊所の施設が多く、日雇い労働者が集まっていた地域である。

1966年昭和41年)以前は行政上の正式な地名として台東区浅草山谷1 - 4丁目が存在したが、住居表示の実施により、「山谷」という地名はなくなった。現在は、台東区清川・日本堤・橋場と荒川区南千住にまたがる地域である。

泪橋(台東区・荒川区境)はかつて江戸の境界で、近くに小塚原刑場遊女投込み寺浄閑寺)があった。また、山谷地域西南部の近隣には、ソープランド街である吉原がある[3]

簡易宿泊施設[編集]

この町の簡易宿泊施設の殆どは素泊まり専門(食事などのサービスを提供せず、就寝できる場所のみを提供する宿の形態)である。内部の設備の差もあり、8人部屋などの多人数でのドミトリーを提供している所もある。

また、この町の簡易宿泊施設は軒先に「全室カラーテレビ完備」「全室冷暖房完備」という謳い文句を掲げる店が多い。細かい形式は異なっていても、新しい簡易宿泊施設以外は必ずと言ってよいほど、この2つが提示されている。

2002年FIFAワールドカップ日韓大会の頃から、外国人旅行者が山谷地区の宿泊施設を利用するケースが見られるようになった。その後も料金が安いことや(諸外国の安宿街に比べて)治安が良いこと、最寄り駅である地下鉄南千住駅からは日比谷線一本で上野秋葉原銀座六本木といった観光スポットと行き来できることから更に外国人利用者が増加した。それに伴い施設側の外国人への対応も進んだことから「外国人向けの安宿のある町」として定着し、往年のイメージから変貌している。

一方で、ドヤ街としての日常光景に戸惑う外国人も多い。このため山谷について理解してもらったり、生活が苦しい元日雇い労働者へコーヒー代の寄付を募ったりするカフェが2018年3月末に開設された[4]

歴史[編集]

元々は日光街道の江戸方面の最初の宿場であった。明治初期から政府の意向で市街地の外れの街道入口に木賃宿街が形成され、吉原遊郭の客を送迎する人力車の車夫等、戦前より既に多くの貧困層や労働者が居住していた。太平洋戦争戦後、東京都によって被災者のための仮の宿泊施設(テント村)が用意され、これらが本建築の簡易宿泊施設へと変わっていった。東京大空襲などで破壊された東京の復興を経て高度経済成長期が到来すると労働需要が高まり、日本有数の寄せ場として発展した。

1960年代以降、この地域に新設された山谷地区交番(通称「マンモス交番」、移転した後現在は「日本堤交番」に改名)の警察官との間で数千人規模の暴動(山谷騒動)が複数回発生した。騒動の直接の原因については様々な理由が挙げられているが、犯罪者や過激派などの煽動を指摘する説もある。

1969年、フォーク歌手の岡林信康が日雇労働者の悲哀を歌った『山谷ブルース』を発表した。

1984年1986年には、この地区で暗躍する暴力団(金町一家。金竜組とも呼ぶ)と労働者の闘争を描いたドキュメンタリー映画『山谷(やま) - やられたらやりかえせ』を製作した映画監督2名が暴力団(日本国粋会)の組員によって相次いで暗殺される事件が起こった。

1996年に東京都と東京23区は互いの了解のもと路上生活者に各区が生活保護を行い、自区内で住居が決まるまで山谷に預ける規則(山谷ルール)を作った。一時的に預けるという措置だったが保証人などの問題もあり、その後も各区が再度引き取ってアパートなどを探すことはあまりなく、山谷に連れて行かれた後そのまま放っておかれるなど、長期にわたって住所不定のままになっている人が少なくない。

東京オリンピック前年の1963年には、222軒の簡易宿泊所に約1万5000人が寝泊まりしていた。2018年時点、山谷に暮らす元日雇い労働者らは約4200人で、うち9割が生活保護を受給している。

こうした住人の減少・変化に伴い、簡易宿泊施設には従来の労働者に代わって、各国から日本に旅行にやって来る外国人達(バックパッカーなど)による格安ホテルとしての利用が増加している。外国人宿泊者数は年10万人との推計もある[5]

英語表記の案内を施設内に充実させるなど、簡易宿泊施設の経営者にも外国人利用者の利用を促進したいという動きがみられる他、真新しい新築の簡易宿泊施設も次々と登場している。さらに近年では都内に旅行やイベントに来る日本国内の若者が簡易宿泊施設を利用するケースも見られるようになっている。古い建造物等を撮影するアマチュアカメラマンでも賑わっている。

泪橋は漫画『あしたのジョー』の舞台の一つでもある。2011年の映画公開に前後して、地元のいろは商店街街おこし、所謂聖地巡礼ビジネスに乗り出している。[6]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

  • 都バス上46東42乙の「清川二丁目」
  • 都バス草64の「日本堤」
  • 台東区コミュニティバスめぐりん
    • 北めぐりん:(7)橋場老人福祉館西(産業研修センター)・(8)橋場一丁目・(9)清川一丁目
    • ぐるーりめぐりん:(9)清川一丁目・(10)清川清掃車庫・(11)橋場二丁目・(12)橋場二丁目アパート前・(13)橋場一丁目
  • 都バス里22の「泪橋」バス停からもアクセス可能。

山谷を舞台にした作品[編集]

アフロヘアにアーミージャケット、撮影対象として日雇い労働者の街「山谷」に対峙し続けた20代のフリーのフォトグラファー南條直子は、山谷夏祭り、越年越冬闘争、暴動、警察の弾圧、デモ、集会、争議、手配師やヤクザに追われ自らの命を狙われたりしながらも、多くの労働者・活動家の魅力あふれる素顔を撮り続けた。1988年10月アフガニスタンで取材中に地雷を踏んで死亡。享年33。
  • 小説『夢みるレシピ ゲストハウスわすれな荘』有間カオル・作 角川春樹事務所 2014年
  • 小説『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』有間カオル・作 角川春樹事務所 2015年

参考資料[編集]

  • 書籍『山谷—都市反乱の原点』竹中労・著 全国自治研修協会 1969年
  • 書籍『山谷・泪橋—ドヤ街の自分史』宮下忠子・著 晩声社 1978年
  • ドキュメンタリー映画『山谷─やられたらやりかえせ』佐藤満夫・山岡強一共同監督 1985年
  • 書籍『現代棄民考—山谷はいかにして形成されたか』今川勲・著 田畑書店 1987年
  • 書籍『山谷 やられたらやりかえせ』山岡強一・著 現代企画室 1996年
  • 書籍『山谷ブルース—「寄せ場」の文化人類学』エドワード ファウラー・著 川島めぐみ・訳 洋泉社 1998年
  • 書籍『山谷崖っぷち日記』大山史朗・著 阪急コミュニケーションズ 2000年
  • 書籍『東京のドヤ街・山谷でホスピス始めました。』山本雅基 実業之日本社 2006年
  • 書籍『だから山谷はやめられねえ—「僕」が日雇い労働者だった180日』塚田努・著 幻冬舎 2008年
  • 書籍『大いなる看取り—山谷のホスピスで生きる人びと』中村智志・著 新潮社 2008年
  • 書籍『山谷でホスピスやってます』山本雅基 実業之日本社 2010年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山谷大辞林
  2. ^ 食事を提供しない素泊まり専門の旅館。
  3. ^ 1966年の住居表示の実施により、正式地名としての吉原は消滅。現在は台東区千束の一部である。
  4. ^ 外国人旅行者⇔元日雇い労働者/山谷が分かる交流カフェ/偏見・誤解防ぎ街の魅力発信東京新聞』夕刊2018年5月19日(1面)。
  5. ^ 「山谷地区」解説東京新聞』夕刊2018年5月19日(1面)。
  6. ^ 立つんだ!台東・山谷の商店街東京新聞2010年11月18日 13時54分

関連項目[編集]