橋場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 台東区 > 橋場
橋場
—  町丁  —
橋場寺不動院
橋場の位置(東京23区内)
橋場
橋場
橋場の位置
座標: 北緯35度43分33.79秒 東経139度48分24.27秒 / 北緯35.7260528度 東経139.8067417度 / 35.7260528; 139.8067417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Taito, Tokyo.svg 台東区
地域 浅草地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 5,768人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 111-0023[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
名所江戸百景 墨田河橋場の渡かわら竈。歌川広重
江戸自慢三十六興 橋場雪中。歌川国貞
江戸高名会亭尽 隅田川橋場渡之図。歌川広重

橋場(はしば)は、東京都台東区町名。現行行政地名は橋場一丁目及び橋場二丁目。郵便番号は111-0023[2]

地理[編集]

台東区の北東部に位置する。北辺は隅田川になり、これを境に墨田区堤通に接する。町域南部は今吉柳通りに接し、これを境に台東区今戸に接する。西部は台東区清川に接する。町域北部は、明治通りに接しこれを境に荒川区南千住に接する。商業地住宅地とが混在した区域である。

歴史[編集]

橋場は『義経記』『源平盛衰記』に浮き橋を架けたと記載があり、それが地名の由来とされる[4]1913年大正2年)まで隅田川には、最も古い渡しとして橋場の渡し(現在の橋場2丁目から隅田区堤通りを結ぶ)があった。1964年昭和39年)の住居表示変更でそれ以前の浅草石浜町1丁目から3丁目の一部東側と浅草橋場町1丁目から3丁目全域から新町名として橋場と命名された。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
橋場一丁目 1,886世帯 3,753人
橋場二丁目 1,127世帯 2,015人
3,013世帯 5,768人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
橋場一丁目 全域 台東区立石浜小学校 台東区立桜橋中学校
橋場二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

町域内に鉄道駅はない。北方の南千住駅が利用できる。

バス[編集]

  • 台東区コミュニティバスめぐりん
    • 北めぐりん:(7)橋場老人福祉館西(産業研修センター)・(8)橋場一丁目
    • ぐるーりめぐりん:(11)橋場二丁目・(12)橋場二丁目アパート前・(13)橋場一丁目
  • 都営バス
    • 日暮里駅前行き・南千住車庫前
    • 亀戸駅前

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁名別世帯・人口数”. 台東区 (2017年12月5日). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ 橋場・今戸国立国会図書館
  5. ^ 区立小学校・中学校の通学区域”. 台東区 (2016年9月5日). 2017年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]