釜ヶ崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

釜ヶ崎(かまがさき)は、かつて摂津国大阪府西成郡今宮村に存在した、および現在においてその一帯を指す地域通称。現在では西日本旅客鉄道関西本線以南の西成区萩之茶屋一丁目・萩之茶屋二丁目の各一部を主に指すが、当初は同線以北の浪速区恵美須西三丁目・恵美須東三丁目・戎本町二丁目の各一部も含んでいた[1]

いわゆるあいりん地区を含んでおり、同地区の通称としても使われる。

※本項では、釜ヶ崎の歴史について記述する。同地域の現状については、あいりん地区を参照。

概要[編集]

釜ヶ崎という字は1922年大正11年)に今宮村がそれまでの今宮・木津の2大字を新町名となる37大字に改編したことにより消滅したが、現在でも地域の通称として釜ヶ崎もしくは「釜」という略称で呼ばれることも多い。あいりん(愛隣)地区という呼称は、1966年昭和41年)5月に行政機関と報道機関における統一名称として誕生したもので、概ね釜ヶ崎の別称と言ってよい。

当地は、江戸時代に低湿地を干拓して誕生した。釜ヶ崎という名称の由来には、

  • 「津江の庄」次いで「今宮庄」と呼ばれた今宮村に面した「名呉の浜」・「那呉の浦」・「名呉の海」と呼ばれた入江が船の発着場になっており、その南側が釜ヶ崎と呼ばれたとするもの
    • 藻塩を焼く塩焼き釜があったと言う説
    • 岬の形がカマの形をしていたと言う説

といった説がある。

なお、ほかに「日雇労働者への配給食料を調理するために釜で炊き出しをすることから釜が崎と呼ばれた」とする説もあるが、これは俗説であり、釜ヶ崎の呼称は日雇労働者の寄り場がこの地区に形成される以前から存在する名称である。

歴史[編集]

江戸時代[編集]

萩之茶屋周辺は、西入船町や東入船町などの旧町名が示すとおり、旧淀川の分流である木津川の河口域隣岸にあり、古くは低湿地で江戸時代にかけて新開地として開拓された。

江戸時代には、紀州街道にあたる堺筋沿いに伸びる長町(ながまち。現在のでんでんタウン界隈)に旅籠木賃宿が立ち並んでいた。長町は都市流入人口の一時的な滞留地に加えて、失業者の滞留地の性格も次第に帯びるようになり、長町の東西に隣接する天王寺村難波村今宮村の各一部にあたる長町裏に大坂最大のスラム街が形成されるに至った。長町の東側、合邦ヶ辻(がっぽうがつじ。現在の浪速区下寺三丁目)などは無宿人であふれていたと言われ、1861年文久元年)には長町に救小屋が建てられている。長町界隈には1886年明治19年)の最盛期には、木賃宿2291戸が並び6873人が住んでいたとされる[2]

明治・大正時代[編集]

しかし、コレラが流行し、長町界隈に発病者が多く[3]、衛生面の他に治安・都市計画の面においても長町裏スラムは問題視されていた。

1897年明治30年)の大阪市第1次市域拡張の際に、難波村の全域と天王寺村・今宮村のそれぞれ大阪鉄道(現・JR西日本関西本線)以北が大阪市へ編入された。翌1898年(明治31年)の宿屋取締規則によって大阪市域における木賃宿の営業が禁止され、1903年(明治36年)の第5回内国勧業博覧会開催(現・天王寺公園新世界の一帯が会場となった)に先だって長町裏スラムは一掃された。このとき大阪市域を逃れて木賃宿と長町裏スラムが移住した先が、市境の南に隣接する今宮村の釜ヶ崎である。

釜ヶ崎の周辺では1912年(明治45年)に新世界1916年大正5年)に飛田遊廓が誕生するなど次第に市街化して行き、1917年(大正6年)には今宮村が町制を施行して今宮町となった。1922年(大正11年)に今宮町が従前の2大字を新町名となる37大字に改編したことによって字としての釜ヶ崎は消滅したが、以降も字釜ヶ崎であった範囲の通称として使用されている。そして、1925年(大正14年)の大阪市第2次市域拡張の際に大阪市へ編入された。

昭和〜現代[編集]

大正後期から昭和初期にかけて大大阪時代と呼ばれた隆盛期は昭和恐慌により一転し、第二次世界大戦で焼け野原となった。

戦後、大阪市は1947年昭和22年)から近藤-(中井)-中馬-大島と日本社会党系の市長を連続して輩出し、以降も自社相乗りの大阪市制を継承し浮浪者・貧困対策を重視した経緯から、西日本各地の貧困・浮浪者層が次第に大阪市に集積し、各地にドヤ街を形成したが、やがて釜ヶ崎一帯に集約されることで現在に至る。大阪万博開催の1970年(昭和45年)には現在のあいりん労働福祉センターが設置されている。

現在において釜ヶ崎の呼称は、上述のとおりあいりん地区の別称に残るほか、関連して「釜ヶ崎用語」などのような使われ方がされている。

施設・名所・旧跡[編集]

参考資料[編集]

  • 釜が崎変遷史(戦前編)(天平元一 夏の書房刊 昭和53年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧 西成区西入船町・東入船町、浪速区水崎町・宮津町・貝柄町などにあたる。
  2. ^ 『新修大阪市史』
  3. ^ 大阪最初のスラムクリアランスとその帰結加藤政洋、立命館大学人文科学研究所紀要 (83), 1-22, 2004-02

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

釜ヶ崎小史試論本間啓一郎、NPO法人 釜ヶ崎支援機構