大島靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大島 靖
おおしま やすし
生年月日 (1915-01-30) 1915年1月30日
出生地 和歌山県田辺市
没年月日 (2010-08-07) 2010年8月7日(満95歳没)
出身校 東京帝国大学法学部卒業
前職 地方公務員大阪府
ジュネーブ領事
労働省労働基準局長
大阪市助役
大阪市市長
現職 財団法人大阪国際交流センター会長
所属政党 無所属(推薦)

Flag of Osaka, Osaka.svg 第14代 大阪市長
当選回数 4回
在任期間 1971年12月20日 - 1987年12月18日
テンプレートを表示

大島 靖(おおしま やすし、1915年1月30日 - 2010年8月7日)は、日本政治家官僚。第14代大阪市長。元労働省労働基準局長。大阪市長を1971年から1987年まで、4期16年務めた。

経歴[編集]

1915年1月30日和歌山県田辺市に生まれる。旧制和歌山県立田辺中学校(現・和歌山県立田辺高等学校第三高等学校を経て、東京帝国大学法学部を卒業、1939年内務省へ入省。

1949年から大阪府労働部長を務め、1954年に在ジュネーヴ領事へ転じた。1959年労働省審議官に就任し、1960年には労働省労働基準局長に着任。1963年5月31日から中馬馨大阪市長のもとで大阪市助役となった。

しかし、1971年11月8日に中馬市長が急逝し(3期目在職中に死去)、後任を選ぶ大阪市長選挙(1971年12月19日投票)に3党推薦で立候補。自民党が独自候補の擁立を断念し自主投票にまわる中、共産党推薦候補との一騎討ちを制して初当選を果たした。

1971年12月20日、第14代大阪市長に正式に就任。56歳での大阪市長就任は当時、戦後最年少であった[1]。2期目当選を目指した1975年11月30日の選挙以降は自民も推薦に加わり、以後3期目(1979年11月18日)・4期目(1983年11月20日)と自社公民相乗りで再選を果たす。

1987年12月18日に大阪市長を任期満了(5期目不出馬)で退任。最終的に1971年12月20日1987年12月18日まで4期16年市長職を務め、2013年11月現在で市長在任期間は歴代最長である。市長退任後は、財団法人大阪国際交流センター会長などを務めた。2010年8月7日急性脳梗塞のため東京都内の病院死去[2]。95歳没。

弟のは、東北財務局長を経て社会党衆議院議員1期を務めた。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ “橋下氏、知事から政令市長に転身は史上初”. 読売新聞. (2011年11月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20111127-OYT1T00572.htm 2011年11月27日閲覧。 なお、この記録は2011年に橋下徹(42歳)によって更新された。
  2. ^ 大島靖氏死去(元大阪市長) 時事通信 2010年8月9日閲覧