山下重威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下重威

山下 重威(やました しげたけ、男性、弘化4年2月10日[1]1847年3月26日)- 大正8年(1919年10月18日[2])は、日本政治家衆議院議員大阪市長

経歴[編集]

土佐高知藩の出身。武市瑞山とは従兄弟。

1904年(明治37年)の第9回衆議院議員総選挙で大阪市選出の代議士に当選。

1905年(明治38年)7月20日鶴原定吉大阪市長が辞任し、次の市長候補が難航する中、11月に市長候補となり、12月11日に第三代目大阪市長に就任する。つまり、衆議院議員と市長を兼務することになった。

市長就任時は、日露戦争後の経済不況下の上、1909年(明治42年)には北の大火、それに関連する市吏員の汚職発覚、市制刷新運動などが続き、1909年(明治42年)12月20日、引責辞任する。

これにより、四代目大阪市長の選考も難航することとなる。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第二十回帝国議会衆議院議員名簿』〔1904年〕、3頁。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、681頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]