北川法夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北川 法夫
きたがわ のりお
生年月日 (1948-09-10) 1948年9月10日(70歳)
出生地 大阪府寝屋川市
出身校 関西大学商学部(1971年卒業)
関西大学経済学部(1973年卒業)
前職 大阪府議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
親族 父・北川石松衆議院議員
公式サイト 大阪府議会議員 北川法夫のホームページ

当選回数 1回
在任期間 2015年5月29日 - 現職

選挙区 寝屋川市選挙区
当選回数 7回
在任期間 1983年4月 - 1987年4月
1991年4月 - 2015年2月16日
テンプレートを表示

北川 法夫(きたがわ のりお、1948年9月10日[1] - )は、日本政治家大阪府寝屋川市長(1期)。元大阪府議会議員(7期)。

父親は、元衆議院議員、第24代環境庁長官北川石松。弟は、衆議院議員の北川知克

来歴[編集]

大阪府寝屋川市出身。市立西小学校、市立第二中学校、関西大学第一高等学校卒業。1971年(昭和46年)3月、関西大学商学部卒業。1973年(昭和48年)3月、同大学経済学部卒業。1976年、父親の北川石松衆議院議員の公設第一秘書となる[2]

1983年(昭和58年)4月、大阪府議会議員選挙に出馬し初当選。1987年(昭和62年)の府議選では落選するも、1991年(平成3年)の選挙で返り咲く。

2006年(平成18年)、大阪府議会議長に就任[2]

2015年(平成27年)2月16日、大阪府議を辞職[3]。同年4月26日に行われた寝屋川市長選挙に無所属自由民主党推薦・日本共産党支援[4])で出馬。元寝屋川市議の南部創、元寝屋川市議で大阪維新の会推薦の宮本正一らを僅差で破り、初当選を果たした[5]。5月29日、市長就任[6]

※当日有権者数:193,465人 最終投票率:49.54%(前回比:ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
北川法夫66無所属33,710票36.06%(推薦)自由民主党
南部創51無所属32,476票34.74%
宮本正一47無所属27,299票29.20%(推薦)大阪維新の会

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
馬場好弘
Flag of Neyagawa, Osaka.svg 大阪府寝屋川市長
2015年 -
次代:
(現職)