關一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
關一

關 一(せき はじめ、新字体:関一、1873年9月26日 - 1935年1月26日)は、日本社会政策学者都市計画学者及び政治家。母校東京高等商業学校(現一橋大学)教授職を辞し、20年間大阪市助役や大阪市長等を務めて大大阪時代の全盛を実現。「大阪の父」などと呼ばれた[1]。市長在職中に死去。

生涯[編集]

静岡県伊豆で長男として生まれる。父は、徳川家達駿府移封に伴い静岡に移った旧幕臣沼津兵学校第4期資業生・關近義(のちに小学校教員)。母よしは共立女子職業学校(現共立女子大学)教員。

1893年高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、大蔵省入省。在学中は矢野二郎校長の排斥運動首謀者として、退学処分を受けたが、のちに復学。

大蔵省監督局銀行課勤務を経て、1894年から1年後輩の福田徳三とともに神戸商業学校(現兵庫県立神戸商業高等学校)教諭を務めた。1896年から23歳の若さで新潟市立商業学校(現新潟県立新潟商業高等学校)校長兼教諭を務めたのち、1897年母校東京高等商業学校(上記「高等商業学校」を改称)教授となり、社会政策論及びその延長として都市計画論を専門とした。

1898年からベルギーに留学し、アントウェルペンの鉄道学校などで学ぶ。1900年からドイツに留学し、アドルフ・ワーグナーグスタフ・フォン・シュモラーの講義を受講するなどしたのを機に、本格的に経済学から社会政策学に転向した。1900年1月から2月まで、ベルリンで留学中の福田徳三と再会し、親密に交流する。その後同じく東京高等商業学校から留学に送り出されてきた神田乃武志田甲太郎らと交流したのち、1901年11月に帰国。1909年文部省による東京高等商業学校専攻部廃止計画への抗議として学生が総退学した申酉事件に連なり、抗議の依願退官をし、嘱託講師になる。1910年法学博士

1911年、同じく抗議の退官をしていた嘱託講師の佐野善作とともに教授に復職する。しかし、その後東京帝国大学による東京高等商業学校吸収合併計画が発覚し、教授職あることに嫌気がさした關は、1914年から戸田海市京都帝国大学教授)及び小山健三(東京高等商業学校校長)の紹介・斡旋で池上四郎市長の補佐として大阪市助役に招かれる。この關の助役就任に関しては、「なぜ地位の高い東京高等商業学校教授職を辞し、格下の大阪市助役に就任するのか。」と騒がれ、文部省や、東京高商創設者の渋沢栄一からも教授職にとどまるよう説得を受けたものの、關の意志は変わらなかった[2]

1923年に第7代大阪市長となる。市長としての關は、社会政策学や都市計画学の知見を活かし、大阪都市協会設置、第二次市域拡張、市営公園公営住宅の整備、受益者負担金制度による御堂筋の拡幅、大阪市営バス事業の開始、大阪港の建設、地下鉄の建設(現大阪市営地下鉄御堂筋線)、大阪市高速度交通機関計画(大阪市営地下鉄網建設計画)策定、淀屋橋大阪駅前の区画整理事業、大阪城公園の整備及び大阪城天守閣の再建、大阪市民病院の開設、日本初の市立大学大阪商科大学(現大阪市立大学)の開設、大阪市中央卸売市場の開設など様々な都市政策を実行した。關の政策に対しては、住民からの反対も多かったが、これらの実現によって人口が東京市をも上回った大大阪時代は關市政時代に全盛期を迎えることとなり、「これやこの 都市計画の権威者は 知るも知らぬも大阪の關」と詠まれたり、内務大臣後藤新平から「都市計画の範を大阪に求める」と評されるなどした[3][4]

政治活動に並行し学問研究活動にも邁進し[5]、「シティプランニング」という外来語に対して「都市計画」という訳をあて、最初にその用語を使ったとも言われる。また、いわゆる大阪アルカリ事件においては、科学的調査に基づいて、あえて行政側の責任を認めた。この事件は裁判となり、加害企業側が敗訴している。さらに、裁判に並行して積極的に被害者の救済策に乗り出すなど、環境政策の先駆者としての一面も持つ。 1934年7月3日から貴族院議員。その後、室戸台風による災害復旧を陣頭指揮する最中、1935年大阪市天王寺区の自宅でチフスのため死去。享年63。天王寺公園運動場で大阪市初の市葬が営まれた。のち、大阪市政への功績がたたえられ、没後20周年を記念して中之島にその銅像が建立された(現存)。

なお、孫の關淳一も大阪市助役を経て、2003年12月19日から2007年12月18日まで第17代大阪市長を務めた。ただし關一の死後半年経ってから生まれたため、面識はなく、興味も持っていなかったという。教授時代の教え子には、朝日放送社長や関西経済連合会会長を務めた経済学者の飯島幡司、小樽高商教授在任中に早世した経済学者の大西猪之介などがいる。

栄典[編集]

人物[編集]

学者から政治家に転身したのは、自身の研究を実行してみたいとの思いからだったと述べている。市長就任後も、質素な生活を続けており、遺産はわずか1万円足らずであった[7]。東京高等商業学校で同僚だった佐野善作からは「特徴のない特徴」「地味」などと評される。

家族は妻と三男、四女。1918年に長女に先立たれ、1928年には長男も結核で死去。1932年に妻が病没した際は、落ち込み、2ヶ月間職務を休んだ。その3年後の1935年1月14日には、自身も腸チフスで倒れ、同年、市長職のまま死去した[8]

著書[編集]

社会政策及び都市に関する多くの著書を残している。

  • 主著『労働者保護法論』(1910年

脚注[編集]

  1. ^ 「(14)御堂筋 偉大な“大阪の父”市長・関一、“未来都市”へ大改造」MSN産経ニュース2011.10.3 10:00
  2. ^ 思い出そう大阪 関一市長と企業家精神 論説委員長 芹川洋一2015/5/18付日本経済新聞 朝刊
  3. ^ 「関一氏の思想 現代に 」大阪日日新聞2015年3月18日
  4. ^ 「(14)御堂筋 偉大な“大阪の父”市長・関一、“未来都市”へ大改造」MSN産経ニュース2011.10.3 10:00
  5. ^ 芝村篤樹『関一:都市思想のパイオニア』(松籟社、1989年)
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  7. ^ 「(14)御堂筋 偉大な“大阪の父”市長・関一、“未来都市”へ大改造」MSN産経ニュース2011.10.3 10:00
  8. ^ 「(14)御堂筋 偉大な“大阪の父”市長・関一、“未来都市”へ大改造」MSN産経ニュース2011.10.3 10:00

関連文献[編集]

  • 芝村篤樹『関一-都市思想のパイオニア 』(松籟社1989年 ASIN 4879841021 )
  • 藤井秀登『交通論の祖型-関一研究』(八朔社2000年
  • ジェフリー・E・ヘインズ 宮本憲一監訳『主体としての都市-関一と近代大阪の再構築』(勁草書房2007年

外部リンク[編集]