田村太兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村太兵衛

田村 太兵衛(たむら たへえ、嘉永3年(1850年) - 1922年大正11年))は日本商人。初代大阪市長。孫は薬学博士田村太郎

生涯[編集]

大阪心斎橋に丸亀屋呉服店を開き、1889年明治22年)に市会議員、1891年(明治24年)に大阪商業会議所副会頭となった。

当時、東京市大阪市京都市には市長が置かれず、府知事が市長の職務を代行する市制特例があったが、1898年(明治31年)に市制特例は廃止され、「市会推薦市長」が置かれることになった。田村太兵衛は丸亀屋を「たかしまや飯田新七呉服店」に売却し、住友吉左衛門を抑えて初代大阪市長に就任した。在任中に市庁舎の建設、上下水道の拡張、大阪高等商業学校の創設を行った。

墓所は大阪市中央区中寺の雲雷寺にある。