南海ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南海ビルディング
Namba Station.JPG
南海ビルディングの位置(大阪市内)
南海ビルディング
情報
用途 商業施設(百貨店、物販・飲食)、多目的ホール
旧用途 鉄道駅
設計者 久野節建築事務所
施工 大林組
建築主 南海電気鉄道
管理運営 高島屋南海都市創造
構造形式 SRC造
敷地面積 34,252 m²
延床面積 約40,707(竣工時)、約54,000(旧館部分) m²
階数 地上7階、地下2階
高さ 約31m(100
着工 1929年昭和4年)6月19日
竣工 1932年(昭和7年)7月9日
所在地 542-8510
大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号
座標 北緯34度39分53.55秒 東経135度30分3.44秒 / 北緯34.6648750度 東経135.5009556度 / 34.6648750; 135.5009556座標: 北緯34度39分53.55秒 東経135度30分3.44秒 / 北緯34.6648750度 東経135.5009556度 / 34.6648750; 135.5009556
文化財 大阪市都市景観資源登録有形文化財
指定・登録等日 2010年平成22年)7月23日(大阪市都市景観資源)
2011年(平成23年)1月26日(登録有形文化財)
テンプレートを表示

南海ビルディング(なんかいビルディング)は、大阪市中央区難波にあるターミナルビル

概要[編集]

大阪市街の南玄関である南海電気鉄道難波駅に併設されたターミナルビルで、御堂筋の南端に位置する。乳白色のテラコッタタイルによるコリント様式の近代建築。久野節(久野節建築事務所)の設計、大林組の施工で、1932年に竣工した[1]

主テナントの高島屋大阪店は同社の登記上の本店である。開業時は南海鉄道との提携で「南海タカシマヤ」と呼称し、日本の百貨店では初めて冷暖房を完備していた。1972年から1980年にかけて行われた改装工事により駅舎は南側に移動し、現在は百貨店のみとなっている。この改装時に伊藤継郎により描かれた「南海沿線のまつり」をモチーフとしたモザイク壁画が正面の庇の下にあしらわれている。

2010年7月23日に地域のシンボル的存在として大阪市都市景観資源に登録され、2011年1月26日には国の登録有形文化財に登録された[2]

美装化前の南海ビルディング
(2007年5月28日撮影)

再生計画[編集]

2007年5月14日に、南海電鉄は難波駅周辺の再生計画を発表し、10月から同駅の改良工事を実施してきた[3]。同時に、高島屋では既存ビルの東側、なんさん通りに面して建っている同社の事務施設5棟を取り壊し、TE館を増築し(約22,000m2)、既存の本館と一体となった「新本館」として再構築した(増床後78,000m2)。

当ビルにおいても、外装タイルの補修、高島屋・なんばCITYなんばパークスに接続する通路の新設・移設、耐震補強などの工事が行われ、2009年9月17日には外装リニューアルが完成した。工事中の仮囲いには南海の全駅名が書かれたユニークなものが用いられた[4]

当ビルと南海電鉄難波駅の間の空間には、1978年三菱重工業により製造されたN-Iロケットと同型の原寸大模型が置かれ、「ロケット広場」として長年親しまれていたが、2007年8月10日から23日にかけてロケットを撤去(「発射」と呼んでいる)して再整備を行い、室内吹抜空間全体を「なんばガレリア」、旧「ロケット広場」を「ガレリアコート」として、2009年10月16日にオープンした[5]。ビル上部の駅本屋側には、駅の開業(1885年)、南海ビルディングの竣工(1932年)、リニューアル工事(2009年)の記録が刻まれている。

2010年3月2日の高島屋増床第1期開業時には、隣接するなんばパークスもリニューアルを行った。同年9月1日に改装第2期部分が開業した[6]2011年3月3日に高島屋が全館グランドオープンし、4月下旬に高架下のなんばCITYもリニューアルオープンした[7]

歴史[編集]

フロアマップ[編集]

2010年7月現在

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実績の紹介-南海ビルディング(大林組)
  2. ^ 南海電気鉄道 『南海電鉄最近の10年 2005-2015』、2015年、73頁。 
  3. ^ 南海電気鉄道ニュースリリース - 2007年5月14日
  4. ^ 南海電気鉄道ニュースリリース - 2007年11月5日
  5. ^ 南海電気鉄道ニュースリリース - 2009年10月7日
  6. ^ 高島屋大阪店の第2期オープン 早朝から500人が列 - MSN産経ニュース、2010年9月1日
  7. ^ 高島屋プレスリリース - 2011年1月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]