ダイビル本館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイビル本館
Daibiru Honkan Building
Daibiru Honkan Building 20130503-001.jpg
全景(2013年5月)
Daibiru Honkan Building 20130503-002.jpg
低層部(2013年5月)
施設情報
所在地

〒533-0005
大阪府大阪市北区中之島三丁目6番32号

座標 北緯34度41分35.4秒 東経135度29分33.53秒 / 北緯34.693167度 東経135.4926472度 / 34.693167; 135.4926472座標: 北緯34度41分35.4秒 東経135度29分33.53秒 / 北緯34.693167度 東経135.4926472度 / 34.693167; 135.4926472
状態 開業準備中
着工 2010年平成22年)10月
竣工 2013年平成25年)2月
開業 2013年平成25年)7月
用途 事務所店舗駐車場
地上高
最頂部 108.19m
各種諸元
階数 地上22階地下2階 塔屋2階
敷地面積 8,579.32
建築面積 4,559.81
延床面積 52,978.81
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 乗用10基、荷物・非常用2基
駐車台数 140台
関連企業
設計 日建設計
施工 大林組鹿島JV
デベロッパー ダイビル関西電力関電不動産
旧ダイビル(大阪ビルヂング) 2007年10月

ダイビル本館(ダイビルほんかん)は、大阪市北区中之島3丁目にある高層ビルである。ダイビル関西電力関電不動産の3社が進めている中之島3丁目共同開発の第三期工事として2010年10月に着工[1]2013年2月28日に竣工(完成)した[2]

着工時の報道発表では、当ビルの名称を「中之島ダイビル・ウエスト(仮称)」としていたが[1]2011年4月には正式名称を「ダイビル本館」にすることが発表された[3]

概要[編集]

当ビルを建設するにあたって解体される旧ダイビルは、1926年渡辺節の設計で建てられた、ネオ・ロマネスク様式の大規模なビルディングである。同じ渡辺の設計である神戸の商船三井ビルディングと並び、大正期の大規模オフィスビルとして現存する最後のものである。 しかし、ダイビル、ダイビルの大株主の商船三井、関西電力は老朽化および土地利用の見地から旧ビルの解体と高層ビルへの建て替えを計画を発表し、歴史的に重要な建築物の保存の見地から論議となった。

旧ビルに入居しているテナント中之島ダイビルへ移転した後、第三期工事として旧ビルを解体して跡地に建設された。低層部には旧ビルの外装に使っているレンガの約8割、石材の装飾品を可能な限り再利用し、近代建築として評価の高い外観やエントランスホールを再現するよう配慮したものとしている。

低層階には商業施設やカフェテリア、貸会議室が設けられている。一方、上層階はオフィスとなっており、メインテナントとして大林組大阪本店が入居している[2]

また、当ビルの西側には、関電不動産と共同で広場(中之島四季の丘)が整備された。

2015年には中之島四季の丘とともに、日本建設業連合会主催の第56回BCS賞を受賞している[4]

中之島3丁目共同開発[編集]

ダイビル、関西電力、関電不動産の3社が中之島3丁目において、超高層ビル建設による地域再開発プロジェクトを進めている。

  • 第一期(2004年完成):関西電力中之島変電所を移設した跡地に関電ビルディングを建設。関西電力の本店が旧・関電ビルディングからここに移転した。
  • 第二期(2009年3月完成):旧・関電ビルディング跡地に中之島ダイビルを建設。ダイビル本社をはじめ、旧ダイビルのテナントの一部がここに移転。
  • 第三期(2013年3月完成):2009年末より旧・ダイビルを解体、跡地に新・ダイビル本館を建設。

交通機関[編集]

近隣公共施設等[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]