スイスホテル南海大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スイスホテル南海大阪
Swissotel Nankai Osaka 20051210-001.jpg
ホテル概要
正式名称 スイスホテル南海大阪
運営 スイスホテル ホテルズ&リゾーツ
開業 2003年9月1日
最寄駅 南海電鉄難波駅
最寄IC 阪神高速道路道頓堀出口
所在地 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波五丁目1番60号
位置 北緯34度39分51.2秒
東経135度30分5.2秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

スイスホテル南海大阪(スイスホテルなんかいおおさか、Swissôtel Nankai Osaka)は、大阪市中央区難波五丁目の南海なんば駅上に建てられた「南海サウスタワービル(地上36階・高さ147メートル)」内に所在するシティホテルである。ビルの所有者は南海電気鉄道。

概要[編集]

スイートルーム、スイス エグゼクティブ ルームを含む全548室。8つのレストラン&バー、18の宴会場&会議室、スパ&フィットネス、ビジネスセンターなどがある。 高島屋大阪店とは5階で直結している。5階の車寄せ南西側に南海バスの高速バスターミナル(なんば高速バスターミナル)を併設している。

難波駅の屋上に超高層ホテルを建設する計画は、関西国際空港の開港を機に難波駅周辺の地域開発構想が掲げられ、その一環として南海電鉄により1988年2月に発表された[1]。これに基づき、同年4月に運営会社として「南海サウスタワーホテル株式会社」が設立(出資比率は南海電鉄40%、南海グループ4社で20%、金融機関10社と地元企業7社で40%)。1990年3月29日に南海グループによる「南海サウスタワーホテル大阪」として開業した[2]

2003年4月に南海電鉄はラッフルズ・インターナショナル・リミテッドとの間でホテルの賃貸借契約を締結、同年9月3日に日本初のスイスホテルとしてリファインオープン[3]

なお、スイスホテルは旧スイス航空グループのスイスホテル ホテルズ&リゾーツが運営していたが、2002年にスイス航空が経営破綻したことでラッフルズ・インターナショナルに買収され、スイスホテルの名称はその会社の一ブランドとなった。2006年にラッフルズはフェアモント・ホテルズと経営統合しフェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルとなった。スイスホテル南海大阪は同ホテルグループとしては、日本で唯一展開しているホテルである。これにより、会社名はスイスホテル大阪南海株式会社[4]となっている(南海サウスタワーホテル株式会社は2004年4月6日清算[5])。

また、2016年7月にフェアモント・ラッフルズ・ホテル・インターナショナルがアコーホテルズと経営統合した[6]。これにより、アコーホテルズが展開する上級ブランドホテルとしては国内唯一となる。

客室[編集]

  • 14階 - 34階 (32階 - 34階はスイス エグゼクティブ クラブフロア)
    • プレミアルーム
    • スイス アドバンテージ ルーム
    • スイス エグゼクティブ ルーム
    • ジュニア スイート
    • 和楽・和音
    • デラックス スイート
    • プレステージ スイート
    • インペリアル スイート

スイス エグゼクティブ ルーム及びスイート・和楽・和音の宿泊者は、33階のスイス エグゼクティブ クラブ ラウンジが利用可能。

料飲施設[編集]

アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、46頁。 
  2. ^ 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、47頁。 
  3. ^ 南海電気鉄道 『南海電鉄最近の10年 創業120周年記念』、2005年、39頁。 
  4. ^ スイスホテル南海大阪 会社概要
  5. ^ 南海電気鉄道 『南海電鉄最近の10年 創業120周年記念』、2005年、102頁。 
  6. ^ アコー、ラッフルズなど3ブランド買収、154軒を追加”. トラベルビジョン (2016年7月18日). 2016年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]