關淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
關 淳一
せき じゅんいち
Junnichi Seki-20070219.jpg
關 淳一
生年月日 (1935-08-13) 1935年8月13日(82歳)
出生地 大阪府大阪市
出身校 大阪市立大学
前職 大阪市立桃山市民病院副院長・第一内科長
大阪市環境保健局長
大阪市助役
大阪市長
現職 日本WHO協会理事長
所属政党 無所属
称号 医学博士

Flag of Osaka City.svg 第17代 大阪市長
当選回数 2回
在任期間 2003年12月19日 - 2007年12月18日
テンプレートを表示

關 淳一(せき じゅんいち、關の字は新字体で「関 淳一」とも表記される、1935年8月13日 - )は第17代大阪市長医学博士大阪府大阪市出身。祖父は社会政策学者で第7代大阪市長の關一(ただし、出生前に一が死去したため、直接の面識はない)。

経歴[編集]

概要[編集]

2期8年にわたって市長をつとめた磯村隆文のもとで助役を務め、磯村の後継候補として2003年の市長選挙に日本共産党を除く主要政党の推薦を得て出馬、元大阪城天守閣館長の渡辺武(日本共産党推薦)らを破り当選した。就任当初、助役弁護士大平光代を起用し、異例の市役所外部からの人事として話題となった。

2004年以降、報道された大阪市職員厚遇問題に端を発する、市役所の体質への強い批判を受けて(詳細は大阪市問題を参照)、上山信一ら外部有識者の助言を得て市政改革に取り組んだ。市の同和行政の不祥事に際しては、自身の環境保健局長と助役時代に芦原病院への無担保融資として46億円を決裁していたことが問題視された。2005年10月には、市政改革への信を問うために任期途中で突如辞任し、出直し選挙戦に自民党公明党の推薦を得て出馬。前衆議院議員(民主党)の辻恵や前大阪市会議員の姫野浄日本共産党推薦)らを破り再選された。なお、助役の一人として市政改革を推進していた大平は、この選挙前に辞任している。

任期中に取り組んだ主な施策は以下のとおりである。

2007年11月4日告示、18日に投開票が行われた大阪市長選挙に、3選を目指して出馬表明し、自民党・公明党へ推薦を要請した。しかし、市営地下鉄の民営化方針をはじめとする關の市政改革の方向性に反発した両党の一部市議や市OBが、橋爪紳也[1]の支援へ傾いたため[2]、推薦の決定をめぐる議論が難航し、民主党平松邦夫を擁立した後までずれ込んだ。

選挙戦では、これまでの市政改革の実績とその継続、都市ビジョンとして「創造都市」の実現や市営地下鉄の民営化などを訴えたが、民主党・国民新党が推薦する平松に敗れた。

大阪市長退任後は政治活動から身を引くが、2015年大阪市長選挙では自民党推薦候補者の柳本顕への支持を表明した[3]。柳本は大阪維新の会吉村洋文に敗れ、落選。

その他 [編集]

  • 従来、釜ヶ崎などの日雇い労働者ホームレスなどは、釜ヶ崎解放会館などに便宜上の住所登録を行うことが黙認されていた(市当局は認知していなかったとされる)。しかし、2006年12月にこのことが表面化すると、2007年3月29日、彼らの住民票を抹消、公民権を剥奪した。統一地方選挙による、大阪市議選告示前日のことであった。その後、これまで登録を黙認していた職員を処分した。

関連項目[編集]

  • 大阪市問題
  • 船場太郎 - 大阪市会議員。2005年の出直し市長選挙に出馬を表明するが、自公の推薦を得られず断念。
  • 佐々木雅幸 - 大阪市立大学教授で創造都市論の研究者。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 大阪市立大学教授(2007年9月辞職)。關のアドバイザリーボード「元気で美しい大阪づくり有識者会議」のメンバーを務めるなど、これまでも大阪市政とのかかわりが深かった。のちに政党推薦のないまま市長選に立候補するが、落選。詳しくは当該項目を参照。
  2. ^ 【混沌】(上) 「身の丈」か「大大阪」か 迫る大阪市長選 MSN産経ニュース 2007年10月10日
  3. ^ “関・元市長、自民推薦・柳本氏を応援へ 大阪市長選”. 朝日新聞. (2015年11月8日). http://www.asahi.com/articles/ASHC76SQGHC7PTIL01G.html 2016年8月16日閲覧。