中井光次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中井光次

中井 光次(なかい みつじ、1892年10月5日 - 1968年4月9日)は、日本の政治家内務官僚。第10・12代大阪市長

生涯[編集]

静岡県出身。大阪府立市岡中学校6期、1917年に東京帝国大学卒業。内務省に勤務し、各府県の内務部長・警察部長を歴任。1936年4月1日から9月2日まで島根県知事(官選第32代)、その後大阪市助役を務める。

1945年9月8日から1946年12月13日まで第10代大阪市長を務める。1947年第1回参議院議員通常選挙で当選(大阪府選出)、民主党国民民主党に所属。1951年3月31日まで務めた。

その後第12代(公選2代目)大阪市長に当選(任期:1951年4月25日 - 1963年3月23日)。その間、全国市長会の第5代会長(1952年11月20日 - 1954年6月18日)も務めた。

日本の首長としてはごく少数の、官選・公選の両方で選ばれた首長である。

1968年に75歳で死去。市葬が行われた。

著書[編集]

  • 『大阪港史』中井光次・太田久治郎 編/大阪市港湾局

関連書誌[編集]

  • 『前大阪市長中井光次市葬記録』(大阪市市長室、1969年、135p、全国書誌番号:73003627NDC:289.1、書誌ID:000001212598)

関連項目[編集]