井原昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「井原昻」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
井原

井原 昂(井原 、いはら のぼる[1] / たかし[2]1840年 11月6日(天保11年10月13日[1] - 1923年大正12年)1月8日[3][注 1])は、幕末勤王志士明治期の内務官僚。官選島根県知事。通称・応助、守一。号・松礀、天遊、鉄扉。別名・岩神主一郎[1]

経歴[編集]

土佐国高岡郡佐川村(現高知県高岡郡佐川町)で、土佐藩家老・深尾家家臣、古沢南洋の長男として生まれる。本家の岩神家を継ぎ岩神主一郎と改名したが、その後、曾祖父の井原家を再興し改姓[1]

武市瑞山から剣法を学び、文久元年(1895年)、土佐勤王党に加盟した。上洛し尊王攘夷運動に加わるが、勤王党の獄で父・南洋、弟・古沢滋と共に投獄された。慶応3年末(1868年始め)に釈放され、慶応4年、伊予松山藩征討の深尾重愛家老のもとで従軍。その後、土佐藩兵の教頭などを務めた[1]

明治3年(1870年東京で一等士官となる。以後、大阪鎮台出仕、司法省検事局勤務、元老院権少書記官高知県参事などを歴任し、1877年初めに退官した[1]

1877年8月、立志社の獄に連座し、1878年8月、禁獄10年の判決を受け秋田監獄に収監された。1883年特赦によって出獄した[1]

その後、再び官途に就き、群馬県吾妻郡[4]、同北甘楽郡[4]千葉県香取郡長、農商務書記官[5]沖縄県参事官[5]、同書記官、山梨県書記官[6]熊本県書記官[7]新潟県書記官[8]三重県書記官[9]広島県書記官[10]などを歴任。

1902年10月、島根県知事に就任。1904年11月、知事を休職となった[2]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『高知県人名事典 新版』73頁では「1月15日」死去。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『高知県人名事典 新版』73頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』783頁。
  3. ^ 東京朝日新聞』1923年1月17日朝刊、5面の訃報より。
  4. ^ a b 『官報』第1708号、明治22年3月13日。
  5. ^ a b 『官報』第2435号、明治24年8月11日。
  6. ^ 『官報』第3038号、明治26年8月14日。
  7. ^ 『官報』第4541号、明治31年8月18日。
  8. ^ 『官報』第4737号、明治32年4月20日。
  9. ^ 『官報』第5141号、明治33年8月21日。
  10. ^ 『官報』第5437号、明治34年8月16日。
  11. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日
  12. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、69頁。『大日本人物名鑑〔巻4の1〕』ルーブル社出版部、1921年、214頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『高知県人名事典 新版』高知新聞社、1999年。