寺田剛実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺田 剛実(てらだ ごうじつ、生没年不詳)は、日本内務官僚、官選初代島根県参事土佐藩藩士の出とされるが、詳しい生地・生年月日は不明である。明治政府の地方官任官に伴い、1871年(明治4年)11月15日、島根県参事に任命されたが、翌1月19日に免官を願い出たため、実際に島根県に着任することはなかった。1872年(明治5年)2月12日に、権参事・山口通貫が着任、同年3月、池田種徳が権令(二代目知事)に着任したことにより、他県に遅れて、県政が開始された。

参考文献[編集]