伊達慎一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊達 慎一郎(だて しんいちろう、1907年12月6日 - 1994年10月11日)は、日本政治家弁護士島根県知事(1期)。島根県松江市出身。東京帝国大学法学部卒業。旧満州で仕事に就いていたが、戦後、故郷に帰って島根県職員となっている。

来歴・人物[編集]

1971年に島根県知事選挙に立候補し、山野幸吉と争う。当初の速報では山野当確が伝えられ、山野陣営が万歳三唱をしたが、後に山野の当確は取り消され、伊達が174票差の僅差で当選した。この結果は裁判で争われ、109票差と認定されたが、伊達の勝利は変わらなかった。1975年に1期で退任。1994年10月11日死去。享年86。

略歴[編集]

  • 1948年 島根県職員となる。以後、漁政課長や総務部長などを歴任。
  • 1960年 島根県副知事に就任。
  • 1971年 島根県知事選挙に立候補して当選(1975年まで)。
  • 1977年 弁護士登録。
  • 1980年 勲二等瑞宝章を受章。

参考文献[編集]

  • 山陰新報社編『島根縣人名鑑』(1953年)165頁
  • サンケイ新聞データシステム編『第二十三版産経人物年鑑(中巻)』(1991年)〈た〉256頁
  • 山陰中央新報社・島根県歴史人物事典刊行委員会編『島根県歴史人物事典』(1997年)350頁~351頁(杉谷正)