溝口善兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
溝口善兵衛
みぞぐち ぜんべえ
Governor Shimane Zenbe Mizoguchi. In the case of a symposium of the Kojiki, I photographed it at Meiji university.jpg
溝口 善兵衛(2012年)
生年月日 (1946-01-20) 1946年1月20日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 島根県益田市
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員大蔵省財務省
主計局次長(次席)
大臣官房総務審議官
大臣官房長
国際局長
財務官
島根県知事
称号 旭日重光章

島根県の旗 公選第16-18代 島根県知事
当選回数 3回
在任期間 2007年4月30日 - 2019年4月29日
テンプレートを表示

溝口 善兵衛(みぞぐち ぜんべえ、1946年1月20日 - )は、日本大蔵財務官僚政治家島根県知事(3期)。血液型はB型[1]

来歴[編集]

財務官時代。

島根県益田市生まれ。島根県立益田高等学校東京大学経済学部卒業。1968年4月、大蔵省に入省し、理財局総務課に配属された。名古屋国税局や鳥取税務署長を務めた後、外務省研修所を経て1977年より在ドイツ連邦共和国(西ドイツ日本大使館に勤務(当初は二等書記官、のち一等書記官)。斎藤次郎は大使館時代の上司。1980年7月に大蔵省へ戻り、主計局主計官補佐(地方財政、補助金係主査)となる。溝口の主計官補佐(主査)への就任は斎藤の口添えがあったものだとされている[2]。その後は大臣官房、国際金融局での勤務のほか、国際復興開発銀行への出向や在アメリカ合衆国日本大使館公使も経験する。1996年には大方の予想に反して主計局次長(次席)に就任[3]主計官を経験せず、予算の査定をしたことのない者が次長となったのは溝口が初であり、異例の人事として注目された[注 1][4]1997年より大臣官房総務審議官1998年より大蔵省大臣官房長を務め、2003年財務官に着任。2004年に財務省を退官し、財団法人国際金融情報センター理事長に就任した。

2007年島根県知事選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。

2011年島根県知事選挙(2011)に立候補、再選した。

2015年、3選を目指し島根県知事選挙に出馬。自民党公明党から推薦を受け選挙戦を戦い[5]、3選を果たした[6]

2019年の県知事選には出馬せず、政界を引退した[7]。同年、旭日重光章受章[8]

人物[編集]

年譜[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出典では初とされているが、溝口以前にも澄田智橋口収竹内道雄田中敬平澤貞昭らが主計官を経ずに次長となっている。

出典[編集]

  1. ^ 『日本の官庁,その人と組織:大藏省』政策時報社、1993年発行、111頁
  2. ^ 『月刊政治と経済,第25巻、第7~11号』政治と経済社、1999年発行、22ページ
  3. ^ 『官界,第5〜8号』行政問題研究所、2001年発行、106頁
  4. ^ 『月刊官界,第23巻、第10〜12』1997年発行、77頁
  5. ^ “島根県知事、溝口氏が3選”. 日本経済新聞. (2015年4月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB10HJN_S5A410C1000000/ 2015年4月25日閲覧。 
  6. ^ “溝口氏、大差で3選 島根県知事選”. 日本海新聞. (2015年4月13日). http://www.nnn.co.jp/news/150413/20150413057.html 2015年4月25日閲覧。 
  7. ^ “溝口知事財源確保、成果を強調 県政振り返る 退任会見 /島根”. 毎日新聞. (2019年4月27日). https://mainichi.jp/articles/20190427/ddl/k32/010/419000c 2015年5月8日閲覧。 
  8. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日
  9. ^ “Commentary: Don't Let Japan's "Mr. Dollar" Get Away With It”. Bloomberg Businessweek. (2004年3月21日). http://www.businessweek.com/stories/2004-03-21/commentary-dont-let-japans-mr-dot-dollar-get-away-with-it 2013年9月24日閲覧。 
  10. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1973年発行、483頁
  11. ^ 人口の「分散」政策で、日本全体の活性化を 月刊ガバメンス 2010年6月号

外部リンク[編集]

公職
先代:
澄田信義
島根県の旗 島根県知事
公選第16・17・18代:2007年 - 2019年
次代:
丸山達也
官職
先代:
黒田東彦
日本の旗 財務官
2003年 - 2004年
次代:
渡辺博史
先代:
黒田東彦
日本の旗 大蔵省国際局長
1999年 - 2003年
次代:
渡辺博史
先代:
武藤敏郎
日本の旗 大蔵省大臣官房長
1998年 - 1999年
次代:
林正和
先代:
武藤敏郎
日本の旗 大蔵省大臣官房総務審議官
1997年 - 1998年
次代:
武藤敏郎
先代:
林正和
日本の旗 大蔵省主計局次長(次席)
1996年 - 1997年
次代:
寺澤辰麿