大坪保雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大坪 保雄(おおつぼ やすお、1899年3月14日[1] - 1974年1月29日[2])は、日本内務官僚政治家自由民主党衆議院議員(5期)。

略歴[編集]

佐賀県生まれ。東京帝国大学法学部卒[2]内務省入省、警保局出身。1935年、満州国総務庁法制処長。1940年、第37代島根県知事大阪府警察局長。1944年、第28代長野県知事。長野県知事として終戦を迎え、玉音放送を受けて、県民に終戦を告諭した[3]1945年10月27日、知事を依願免本官となり退官[4]公職追放となる[5]

追放解除後の1952年の第25回衆議院議員総選挙と1953年の第25回衆議院議員総選挙佐賀選挙区から自由党で出馬するが、落選。1955年の第27回衆議院議員総選挙で初当選。1960年7月、第1次池田内閣文部政務次官。同年11月の第29回衆議院議員総選挙では落選。1963年の第30回衆議院議員総選挙で返り咲く。1964年7月、第3次池田改造内閣法務政務次官。同年11月、第1次佐藤内閣法務政務次官。1969年、衆議院文教委員長在任中に、日本社会党公明党から解任決議案が提出されたが、否決された。1972年の第33回衆議院議員総選挙で落選し、政界引退。

1974年1月9日心筋梗塞のため国立東京第二病院にて死去。74歳[6]

役職[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大衆人事録 第19版 西日本篇』158頁。
  2. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』116頁。
  3. ^ 『長野県平成年表 1989-2019』信濃毎日新聞、2019年。
  4. ^ 『官報』第5644号、昭和20年11月2日。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』234頁。
  6. ^ 訃報欄『朝日新聞』1974年(昭和49年)1月10日夕刊、3版、9面

参考文献[編集]

  • 『大衆人事録 第19版 西日本篇』帝国秘密探偵社、1957年。
  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
議会
先代:
高見三郎
日本の旗 衆議院文教委員長
1968年 - 1970年
次代:
八木徹雄
先代:
大久保武雄
日本の旗 衆議院法務委員長
1967年 - 1968年
次代:
永田亮一
官職
先代:
郡山義夫
長野県の旗 長野県知事
官選第29代:1944年 - 1945年
次代:
物部薫郎
先代:
江辺清夫
島根県の旗 島根県知事
官選第37代:1940年 - 1942年
次代:
小泉梧郎