真崎勝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真崎勝次

眞崎 勝次(まさき かつじ、1884年12月22日 - 1966年10月15日)は、日本海軍軍人政治家。最終階級は海軍少将衆議院議員

経歴[編集]

佐賀県出身。農業・眞崎要七の三男として生まれる。佐賀中学校を経て、1906年11月、海軍兵学校34期)を卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。海軍大学校専修科、海軍砲術学校高等科で学ぶ。「香取」「鹿島」「霧島」の各分隊長などを経て、砲術学校特修科で学ぶ。さらに、「天龍」「敷島」の各砲術長、第5戦隊司令部付、第6戦隊司令部付、第3艦隊司令部付、軍令部第3班第6課出仕、同第3班第5課参謀ソ連大使館付武官、横須賀鎮守府付などを歴任。1927年12月、海軍大佐に進級。

給油艦「隠戸」特務艦長大湊要港部参謀長、「山城」艦長、兼「五十鈴」艦長、横須賀防備隊司令、横須賀鎮守府付などを歴任し、1933年11月、海軍少将に進級。以後、横須賀人事部長、横須賀警備戦隊司令官、大湊要港部司令官などを歴任し、1936年3月、予備役に編入された。その後、1942年2月、第21回衆議院議員総選挙に佐賀県第1区から出馬し当選。大日本政治会総務を勤めた。

戦後、公職追放されたが、1952年6月に解除され、1955年2月、第27回衆議院議員総選挙佐賀県全県区において日本民主党から出馬し当選。所属政党が保守合同により自由民主党となる。1958年5月、第28回総選挙で落選し、衆議院議員を通算2期務めた。

親族[編集]

  • 二男 眞崎隆(海軍主計大尉
  • 三男 眞崎三郎(海軍大尉)
  • 眞崎甚三郎陸軍大将
  • 甥 真崎秀樹(昭和天皇の通訳)兄・甚三郎の息子

著書[編集]

  • 『非常時局読本』慶文社、1939年。
  • 『亡国の回想』国華社、1950年。
  • 『日本はどこへ行く - 罠にかかった日本』実業之世界社、1960年。
  • 『隠された真相 - 暗い日本に光明』思想問題研究会、1962年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]