大山綱昌 (官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大山綱昌

大山 綱昌(おおやま つなまさ、1853年12月24日(嘉永6年11月24日) - 1934年昭和9年)10月18日[1])は、日本の官僚政治家警察官陸軍軍人貴族院議員錦鶏間祗候。4知事を務めた。幼名・勘助[1]

経歴[編集]

薩摩国鹿児島郡鹿児島近在西田村[1](現鹿児島県鹿児島市)で、鹿児島藩士、大山探賢の長男として生まれる。1875年(明治8年)、警視庁13等出仕となる。1877年(明治10年)、陸軍中尉に任官し西南戦争に出征。階級は陸軍憲兵大尉まで昇り、一等警視補に転じた。次いで、農商務省に移り、権少書記官、書記官、参事官、工務局次長、商工局次長、権大書記官を歴任。

1896年(明治29年)8月、佐賀県知事に抜擢された。1903年(明治36年)2月、山梨県知事に異動。1905年(明治38年)9月、長野県知事1911年(明治44年)7月、岡山県知事を歴任。1914年(大正3年)4月7日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]1919年(大正8年)1月、貴族院議員に勅撰され、交友倶楽部に属して活動し、死去するまで在任した[3]

栄典[編集]

親族[編集]

前妻の栄は建築家山下啓次郎の姉。後妻の徳は啓次郎の妹である[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『山梨百科事典』増補改訂版、152頁。
  2. ^ 『官報』第505号、大正3年4月8日。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』107頁。
  4. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  6. ^ 山下洋輔『ドバラダ門』p.364

参考文献[編集]

  • 『日本人名大事典』第1巻、平凡社、1979年(『新撰大人名辞典』(昭和12年刊)の改題複製)。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

ギャラリー[編集]