豊島章太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊島 章太郎(てしま しょうたろう[1]1899年明治32年)11月[2] - 1981年昭和56年)10月30日[1])は、日本の内務警察官僚。官選愛媛県知事、最後の官選岡山県知事。

経歴[編集]

広島県出身[3]第一高等学校を卒業。 1925年東京帝国大学法学部を卒業。同年11月、高等試験行政科試験に合格。1926年内務省に入省し、宮城県属となる[4]

以後、内務事務官、警保局勤務、警保局外事課長、愛媛県書記官警察部長、岡山県書記官・警察部長、警視庁保安部長、同経済警察部長などを歴任[2]

1945年10月、愛媛県知事に就任[5]1946年10月、岡山県知事に転任。地方制度の改正や経済対策に取り組み、知事選挙を執行して1947年4月に退任[2]。その後、公職追放となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1980~1982』214頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』819頁。
  3. ^ て - 生涯学習情報提供システム、<えひめの記憶> 愛媛県生涯学習センター。『新編日本の歴代知事』(819頁)では愛媛県出身。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』254頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』930頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『現代物故者事典 1980~1982』日外アソシエーツ株式会社、1983年。