横溝光暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横溝 光暉(よこみぞ みつてる、1897年明治30年)4月12日 - 1985年昭和60年)1月16日)は、日本の内務官僚弁護士内閣情報部長、官選県知事

経歴[編集]

神奈川県出身。商業・横溝豊吉の四男として生まれる。横浜一中第一高等学校を経て、1921年6月、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。1920年10月、高等試験行政科試験に合格。1922年2月、内務省に入り、東京府属として内務部庶務課に配属された。

1923年2月、広島県警視警察部警務課長に就任。以後、同警察部保安課長、福岡県警察部特別高等警察課長、復興局長官官房計画課勤務、内務事務官警保局保安課勤務、内閣書記官内閣官房総務課長、兼法制局参事官、兼内閣調査局調査官、情報委員会事務官、内閣情報部長などを歴任。

1940年2月、岡山県知事に就任。1942年6月、熊本県知事に異動。1944年8月1日、知事を依願免本官となり退官した[1]。以後、1945年10月まで京城日報社長を務めた。

戦後1947年10月から1951年8月まで公職追放となった。1952年1月から1975年3月まで弁護士を務めた。1985年1月16日死去。享年87。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『日本社会主義運動史講話』松華堂書店、1928年。
  • 『日本社会主義運動史講話 続』松華堂書店、1931年。
  • 『特高新辞典』松華堂書店、1929年。
  • 『昭和史片鱗』経済往来社、1974年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5265号、昭和19年8月2日。
  2. ^ 『官報』第5299号「叙任及辞令」1944年9月11日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。